« うまくいかないこともあるけど ここに来れば大丈夫! | トップページ | 7月2日の試合結果 東京2-2C大阪 »

2005/07/03

サイト開設5周年振り返り企画:「サイト開設までの思い出」 その9

会のホームページから個人ホームページに移行
新管理人ハンドルネーム「M1」の誕生


 開設後2週間ほどたち、ホームページ運営は順調に進んでいましたが、内容がかなり個性的なので、「FC東京を応援する狛江人の会」のホームページとして運営すると、会のメンバー全員(といっても当時は2人だけでしたが)がそういう個性的な考えを持っていると捉えられかねないという意見をOさんからいただき、「個人サイト」という形にした方がいいとアドバイスを受けました。

 私は少し迷いましたが、おっしゃることは確かにごもっともだと思い、個人サイトという形に切り替えることにしました。
本来、公式サイト的なものはあまり管理者の個性が出ていないものであるべきでしょう。でも、現在のサイトを、そういった没個性的なものに切り替えたとしたら、面白くもなんともなく、誰も読んでくれないことは目に見えていたので、公式サイトへの移行ではなく、個人サイトへの移行という形にしました。
 そこでまず困ったのがハンドルネームです。
当時、私は「元和泉1丁目」というハンドルネームを使っていました。
この由来は単に実家の所在地から付けたものですが、FC東京関連サイトの掲示板に書き込みをする目的で作ったハンドルネームでした。
要するに、「元和泉1丁目」というハンドルネームを見た他の狛江在住FC東京サポーターが反応してくれるのではという思いからです。
 個人サイトにする以上、タイトルにもハンドルネームが入ることになる。
以前説明したように、ホームページのターゲットとしている読者は、FC東京サポーターよりも「狛江市民」でした。だとすれば「元和泉1丁目」というハンドルネームは、狛江市民にとってはあまりに一般名詞的で、そのまま使用したら「FC東京を応援する狛江人の会メンバー元和泉1丁目のホームページ」という、会の名前に住所がついているような、なんだかわけのわからないタイトルになるので、新たにハンドルネームを作ることにしました。
それで「M1」が誕生したわけです。皆さんの想像通りだと思いますが、単に「元和泉1丁目」を略しただけです。
 しかも、最初は「エムワン」よんでいましたが、なんだか他人から「エムワンさん」と呼ばれるのが恥ずかしく思うようになって、途中で「エムいち」に変えました。こ
れに関しては、トップページで事前に「管理人は明日からハンドルネームを変更します。M1の名前でリンク掲載されていたサイト管理人のみなさんすみません!」と書いて、翌日の更新で、「なんと、管理人のハンドルネームをM1からM1に変更!」と掲載しました。
つまり半分ジョークだったわけですが、一応呼び名は変わっているもので・・・。

|

« うまくいかないこともあるけど ここに来れば大丈夫! | トップページ | 7月2日の試合結果 東京2-2C大阪 »

狛江人の会・サイト開設までの思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42190/4817351

この記事へのトラックバック一覧です: サイト開設5周年振り返り企画:「サイト開設までの思い出」 その9:

« うまくいかないこともあるけど ここに来れば大丈夫! | トップページ | 7月2日の試合結果 東京2-2C大阪 »