« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005/07/31

FC東京をうまく利用しましょう

top
今日は最新バージョンのポスター配りにお店回りしました。大手量販店の出店などで市内の商店街に元気がないという声を狛江に限らず聞きますが、それぞれの商店街が大手量販店でできないような工夫をすれば必ず蘇ります!地元のプロスポーツチームを盛り上げて、市内商業の活性化につなげることは必ずできます!狛江では、FC東京をうまく利用すれば、間違いなく活性化できます。商店街にFC東京のフラッグがはためいているだけでも活気を感じます。そうなるよう、狛江市内のFC東京サポーターをもっと増やす努力を我々はこれからもやってまいります!
ボーナスをもらった狛江市民のみなさん、買い物・飲食とも市内のお店に行きましょう!特にFC東京のポスターの貼っているお店ね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狛江躍動!夏まつり

top
8月6・7日の「狛江躍動!夏まつり」のキックターゲット大会には、FC東京だけでなく、FC東京を応援する狛江人の会としても協力参加予定です!狛江市内のFC東京サポーターの皆さん、是非知り合いになりましょう!FC東京ルックで来て下さい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/30

写真ね

top

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/29

バイエルンミュンヘンに完敗。

top
負傷者続出の上にレギュラーの4人が代表に選ばれていたので、Jリーグで戦っても厳しいメンバーだっただけに仕方がないだろう。でも、大志が大観衆の前でプレーできてよかったね。私がトップチームで大志を見たのは99年天皇杯・対初芝橋本高校戦(西が丘・「ギョウザ」の屋台でゴール裏が爆笑した試合)の途中出場のみだった。今回は観にいけなかったけど、良かったね。どういう形で失点したかはわからないけど。
それと、カーン出てなかったんだね。失礼しました。カーンが出ていたらきっと勝っていたよ!東京にとってカーンは川口のような存在だ、きっと。観に行っていないから何でも言えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/28

写真だけね。

top

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/26

「やるな!」(シャア・アズナブル調で)

top
リーグ戦絶不調のヴェルディが銀河系軍団、レアルマドリードに3-0で圧勝とは!やるな!これでサポーターが増えて、東京ダービーがもっと盛り上がるといいね!狛江市内ではヴェルディサポーターあまり見かけないけど、いつか市民祭りか何かで狛江市民サポーター同士の綱引き大会か何かでもやれるくらいになるといいね。
私にとってFC東京の「好敵手」は川崎フロンターレというイメージが今もある。初のFC東京観戦試合がJ2の時の川崎戦で、すごいいいゲームだっただけにそのイメージが今も残っている。いろいろ問題もあったけど、いつかその「好敵手」がヴェルディになる日が来ることを祈ります。
でも、これでFC東京はバイエルンミュンヘン戦に負けられなくなったね。私は残念ながら行けませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/25

大分が新潟に

top
大分が新潟に逆転負けなんてしちゃうから、東京の順位が1つ落ちたじゃないかーーー。夜9時過ぎに貼ったばかりの新バージョン告知ボードの順位を書き換えに行く羽目に。そして撮った写真はフラッシュの反射が・・・・
tokyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/24

23日、神戸戦のゴール裏

top
「スタジアムへ行こう」の歌、多くのFC東京サポーターにとってはあまり評判良くないようだけど、私は好きです。
特にこの写真の「上手くいかない こともあるけど ここに来れば大丈夫」の歌詞。
これは実感です。この部分聞いているだけでもジーンと来ます。
誰も歌わなくてもいいけど、今後流し続けて欲しい。それと是非応援かのオフィシャルCD第二弾出して、これも入れてください!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最下位神戸に引き分け・・・・。

top
昨年王者横浜FMに圧勝の次は最下位神戸に引き分け・・・・。相変わらず東京はいい人すぎる。今シーズンはいい人をやっている余裕なんかないのに。7月の再開後一度も負けていないのは評価していいけど、下位チーム相手に引き分けはやめてくれ。
また中断期間に突入するけど、8月24日の次節名古屋戦は頼みます。この試合は年に一度の夏休みこどもの日!狛江からも多くのサポーターが味スタに足を運んでくれるでしょうから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/23

「超○○」言葉はキン消しが火をつけた?説

当サイトは狛江とFC東京がメインテーマですが、一応「何でもサイト」の側面もあります。巻頭言がブログに転載されることで、非常にくだらない話題も取り上げるようにしています。
以前若者言葉で「超かっこいい」「超むかつく」などのいわゆる「超○○」言葉が気になると書きましたが、もしかしたらこれはキン肉マン消しゴム、いわゆる「キン消し」が火をつけたのではと思うようになりました。
そう、昭和59~60年くらいで小学生の間でキン消しブーム起こりましたね。当時キン消しで高さ10センチぐらいの非常に大きいものがあって、それをみんな「超デカ」と呼んでいました。これが「超~」の走りかとふと思ってしまった。「超○○」言葉を聞くようになったのが管理人が中1の昭和60年くらいでしたから、もしかしたらかと。だとしたら、その世代の自分としては、なんかうれしいですね。「超○○」言葉は嫌いですが。
「超」は名詞だから、名詞に形容詞を合体させて使うのは日本語として非常におかしい。
 今思うとキン肉マンのいろんな功績はすごい。私が吉野家に行くようになったのは間違いなくキン肉マンの影響(「牛丼一筋80年~、パパ、明日もホームランだ」のTVCFの頃はまだ管理人は幼稚園児でしたので)。吉野家の躍進は少なからずキン肉マンの影響もあると思う。それとストーリー初期の中でなぜかたびたび出てきた「森永ココア」と「森永ポテロング」もキン肉マンを読んで初めて知って、お店で探したことがあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月23日の神戸戦、場所は国立!

top
日本サッカーの聖地に行ったことのない人、是非行きましょう!調布の花火大会と重なるけど、国立での東京の選手達の爆発の方が花火より華やかですよ!
それにしても調布市はFC東京の株主なのに、花火大会と試合がバッティングしてしまうとは、非常に残念。狛江はそういうことはないです。中止なだけですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/21

7月21日は管理人M1の誕生日

top
7月21日は管理人M1の誕生日です!これまでの人生の5分の1くらいをFC東京と共に歩んできたわけですね。いずれは半生をFC東京と共に、といきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東アジア選手権日本代表にFC東京から4人が選出!

top
土肥・加地・茂庭に加えて今野が初のA代表選出!先日の横浜FM戦にジーコが来たけど、今野を見に来たのかな?今野のA代表での活躍をぜひ見たい!MFは激戦区だけど今野なら絶対代表に定着できる!W杯ではスターティングイレブンをFC東京の選手が独占して欲しいね!そのためにもリーグでがんばらなくちゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/19

カズが横浜FCに移籍

top
また城と一緒にプレーか。FC東京サポーターの間ではカズは非常に人気がある。選手紹介時は敵にもかかわらず拍手が起こり、カズコールもしばしば。
私も、日本サッカー界最大の功労者としてカズを評価している。特に今の日本代表に、カズのような魂のある選手がいてくれなくてはと思っている。
しかし、私が評価しているのは「日本代表としてのカズ」。「Jリーガーとしてのカズ」はあまり評価したくない!その理由はズバリ!3年位前のサッカーマガジンかサッカーダイジェストのインタビューで、「今、Jリーグに足りないのはヴェルディの部分だけだと思う。首都のチームが常に優勝争いしてくれるようにならないと盛り上がらない」といった趣旨の発言をしていたから。同じく首都のチームであるFC東京の存在を完全に無視してヴェルディのことだけを取り上げたのが今でも許せん。というわけです。
次節の神戸戦、東京側のゴール裏で「カズコール」が出そうな予感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/18

「手作りっぽさ」は必ず共感を生む!

top
17日の横浜FM戦、お店からもらったチラシ交換で先着3000名様にもらえる携帯用のプライバシー保護フィルムゲットしました。市内のラーメン店、「きたかった」さんでもらったチラシを持って並びました!チラシの右下に配布しているお店さんの店名を記入する空白欄があるんだけど、他に並んでいる人のチラシを見たら、全てお店さんのハンコが押してあるものでした。一方私の持っている「きたかった」さんは手書きで店名を書いています!すごい!店頭に置いてあるチラシ全部に手書きで店名を記入していたんですよ!狛江の人間として誇りに思い、わざと周りに見えるように広げてチラシを持って並んでいましたよ!
「手作りっぽさ」は共感を生んで、周りの人の心を動かします!かくいう私も、FC東京サポーターになった大きな理由が武蔵小杉にあった川崎フロンターレの手作り掲示板でした(俺の東京コーナー参照)。今後もこんな手作りっぽさの感じる活動を心がけたいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨年王者横浜に圧勝!

top2
記念すべき?管理人の120試合目の観戦試合で昨年王者横浜FMに圧勝!!2連勝!4試合連続無失点と、ついに連勝軌道に乗ってきたぞ!
昨日のおすすめコース、ほぼ実現できました!久々に鮮乃庄で祝勝会!勝った時の喜びがこんなにいいものかを久々に実感しました!鮮乃庄さんには久々に行ってすみません!今後は多分ホームゲーム観戦後毎試合祝勝会になるでしょう!きっと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/17

狛江の花火大会が今年は中止

top
狛江の花火大会が今年は中止。でも17日、味スタで花火が見られるぞ!狛江市民みんなで味スタに行こう!FC東京について知らない人は花火を見ることが目的でもいいから。でも、いざ試合となれば花火以上に華麗な選手達のプレーを見ることができるでしょう!
久々にホームでの勝利に期待!最近本当に勝利の美酒を味わっていない。鮮乃庄で祝勝会の予約して、日本酒のボトルも「FC東京を応援する狛江人の会」名義でキープしてもらうから頼むよ、本当に!??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/16

May the force be with you!

top
スター・ウォーズ最新作公開に合わせてルーカスが大ブレイクするだろうという予言は当たったね!次節でさらに大ブレイクするであろう。
May the force be with you!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/15

日本語がおかしくなってきているらしい

top
新聞で見たけど、最近、日本語がおかしくなってきているらしい。「やばい」が肯定的な意味でとらえられていたりとか。ところで「チョーカッコイイ」とかの「チョー」というのは最近女子高生なんかが周りで話していると必ず出てくる言葉で、最近問題にしている人多いけど、この「チョー」という言葉、知っている限りでは私が中学校1年次、20年前くらいから使われるようになった言葉。私もその頃使っていました。それだけ古い言葉で、中学校を出る頃にはあまり使われなくなっていたはず。いつ復活したのだろう。
 今聞くといやですねえ。で、高校に入学した頃、一時期はやったのが、「鬼のように・・・」という言葉。「チョー」と本質的には同じ意味。水泳部で大会の時、「あいつ、鬼のように早いね、略して「オニバヤ」だよ」とか友達と言い合っていました。
 ある時は「あのコ、鬼のようにかわいいな」。略して「オニガワ」とか言ったりしてました。すごくかわいいということですが、かわいいのかよくわからないかも。
 個人的には「鬼のように」が復活して欲しい。「チョー」よりはずっとまし。
そして、次の試合、「鬼のように」得点を決めて欲しい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/14

久々に勝利!

top
清水にアウェイで久々に勝利!帰りが遅くて寝なくちゃいけないのでコメントは「嬉しい」。それだけですがカンベン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/12

エメルソン、日本人になるんじゃ・・・

エメルソン(浦和)がカタールのリーグに移籍だって。日本人になるんじゃなかったの?そういえば元アルゼンチン代表のバティストゥータもカタールのリーグにいたし、なかなかすごいリーグだ。でも、エメルソンは何気に数ヵ月後、横浜FMとか神戸にいるかもよ!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクセス数増加・・・・

top
ここ2日間、私のサイトのアクセス数が通常の倍以上!とは言っても喜べない。その原因はヴェルディ戦の逮捕騒動だから。証拠に「FC東京 掲示板」で絞り込み検索してここにたどり着く人が多い。つまり今回の騒動のサポーターの掲示板での意見を見たいという人(多くが他チームのサポーター)がたくさんいるということ。
以前は勝った翌日にアクセス数が増えたことがあっただけに今回は残念。
 ところで、以前もあったけど、「狛江 M1」で絞り込み検索してここに来る人たまにいるけど、もしかして、私って「有名人」なんですか??????

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/11

今回の逮捕騒動

本当に怒りが収まらない。無観客試合にされても文句は言えない。いっそのこと、チームが自発的に「制裁措置」として、ホームゲーム時は灰皿を置かずに全面禁煙にしたら?灰皿が問題の本質じゃないけど、イメージの回復につながる、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

サイト開設5周年振り返り企画:「サイト開設時の思い出」 その13(最終回)

top
5年間を振り返って

 サイト開設後、5周年という区切りの年を迎えました。
開設時と比べると、私自身はいろいろな意味で環境が変わりました。
開設時、私はまだ20代でしたが、いつの間にか30代に。
そして開設時と一緒に観戦や活動をする仲間も変わりました。
ホームページを通じて知り合いになった人も数え切れないくらいいます。
 活動もしばらく休止状態でしたが、5年目の今年は市内の活動を復活、最近はこの活動がとても面白く感じています。
 一方、狛江市内でのFC東京の認知度はかなり高くなりました。
スタジアムがこっちに出来たのとマクドナルドさんが応援したり、市内でのイベントにFC東京フロントの方々が積極的に参加されていることが大きな原因ですが、本当にいろんな人に感謝したいですね。
 FC東京を応援する狛江人の会は非営利団体ですが、私自身は、いわゆる「ボランティア活動」としてやっているつもりはありません。
「夢のある娯楽」のような感じですか。
お店さんにポスター配布にうかがうと、お店の方にに「大変ですね」といわれることがたまにありますが、決して大変とは感じないんですよね。
楽しいんです。
自分の故郷、狛江の多くのお店にFC東京のポスターが貼られているのを見るとうれしくてたまりません。
 FC東京を応援する狛江人の会は、仲間を増やして一緒に盛り上がろうというのが目的ではありません。
「狛江の街を青赤に染める」ということが一番の目的です。
別に観戦仲間や飲み仲間が増えなくても、狛江からスタジアムに観戦に行く人が増えて、市内にはFC東京フラッグがはためくようになればそれで十分です。
そういう意味ではいわゆる「ペーニャ」とも異なるかもしれません。
そのためにも、これから自分が出来る限りのことをやっていきたいと思います。

FC東京サポーター・狛江人のみなさん、どうも5年間ありがとうございました。
そしてこれからもよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/10

開設5周年!ありがとうございました!

本日7月10日、サイト開設からちょうど5周年を迎えました!読者のみなさんのおかげです。ありがとうございました。当初は管理人が転勤族であることから、一時的なサイトのつもりで開設したのですが、まさかこんなに長続きするとは思っていませんでした。
 開設時の2000年からFC東京はJ2に落ちることもなく、以前は夢のまた夢のようだった、日本代表の選出、そして昨年のナビスコカップ優勝と、東京の成長と共に当サイトが歩んで来られたことは嬉しい限りです。
 当サイトに関しては、私の故郷である狛江にFC東京の魅力を広め、狛江の魅力を他のFC東京サポーター、世界に広めることを夢見て開設しました。5周年企画でも述べたように、まずは狛江市民に地元にFC東京というチームがあるんだということを知ってもらおうという狙いから、狛江関連のコンテンツを充実させ、当サイトを頻繁に見ることによって、FC東京のことを間接的に知ってもらおうということからスタートしました。だから、開設からおよそ2年ほどは、当サイト読者のおそらく8割以上がFC東京についてほとんど興味のない狛江市民という、他のFC東京関連サイトとは異なる異色のサイトでしたが、これが狙いだったので、とても嬉しく思っています。おかげさまで当サイトは狛江関連サイトの中では、一応有名サイトの部類に入るのではと考えています。少なくとも狛江関連サイトを見る狛江市民の間では、地元にFC東京というチームがあるということを認識してもらえたのではないかと思います。
 問題はこれからです。当サイトを読む狛江市民が多いといっても、結局はインターネットの中だけの話です。サイト運営だけでは次のステップへ進むのは難しいと実感しています。
 今シーズンから管理人が狛江市民に復帰したこと、FC東京フロントの方の協力もいただいたことをきっかけに、ここ3年ほど休止状態だった「FC東京を応援する狛江人の会」の活動を再開し、チラシ配りやお店回りをして、ポスターを貼ってもらう活動などを行いましたが、こういった、市内を歩いて、実際に目に見える活動・人と人とのふれあいの方がずっと効果的だと実感しているところです。
 サイト運営はこれからも10年目に向けてやっていくつもりではありますが、会の活動の補助的な役割として今後も続けていきたいと考えております。
 5年間どうもありがとうございました。これからもよろしくお願い申し上げます。

                              管理人 M1(旧ハンドルネーム「元和泉1丁目」)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

管理人、味スタ電光掲示板・アナウンスでデビュー!?

top
昨日の試合のハーフタイムに電光掲示板で管理人のフルネームが表示され、アナウンスでも呼ばれました!!!つまり、「SOCIO・ファンクラブお宝グッズ抽選会」に当選しました!!!非売品のFC東京キャップが当たりましたよ!!!感動!!!
ちなみにスポーツ新聞一面デビューは00年の開幕戦。写真が10日のTOPページにありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年のロンドン五輪の競技種目から野球とソフトボールが消えた。

top
野球が世界的にはほとんど普及していないスポーツであることがこれで明るみに出た。サッカーとクリケットの国、イギリスでの開催になったことも大きな原因でしょう。それに、野球は球場の形が特殊で、汎用性が悪い。五輪期間のためだけにフィールドを設けるのはどうかということもあるんだろうねえ。
 一方、サッカーは世界で最も人気のあるスポーツだが、五輪種目からはずすべきという主張はよくあるらしい。FIFAも五輪はやめたがっているといううわさも確か聞いた。W杯との兼ね合いもあるし、日本以外の国ではあまり五輪サッカーに関心がないという話も聞いたことがある。でもIOCが放映権料収入などの問題で、サッカーをはずすと金銭面で困るそうで、なんとか今も続いているらしい。
 日本では最も人気のあるスポーツは野球だけど、ロンドン五輪の野球消滅が人気低下につながることは否定できない。アメリカ主導で計画されている世界大会が盛り上がればいいけど。
 管理人の野球、特にプロ野球へのお願いとしては、テレビ地上波のゴールデンタイム中継・民放ラジオの同一カード同時中継はやめて欲しいということ!
 テレビ地上波中継は、小学校時代、夜7時からのアニメがプロ野球中継のせいで一週おきにしかみられなくてとても残念だった思い出がある。特に日本テレビ。昭和55年当時、水曜夜7時から放映していた「鉄腕アトム」が大好きだったのに、シーズンが始まると放送が一週おきになって、子供心に野球を憎んだ。
 それと民放ラジオ。TBS・文化放送・ニッポン放送・ラジオ日本と、全て同一カード(読売戦)を流すのやめてくれー!仕事で車運転しているとラジオ聞くのが唯一の楽しみなのに、野球に関心のない私にとってはこれほどきついことはない。夕方はNHKしか聴くラジオないのだよ!野球中継やめろとは言わないが、せめて別々のカードを放送したら?
 最後に、五輪競技種目で一番死守して欲しい種目は「アーチェリー」!管理人が大学時代やっていたスポーツなので!!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/07/09

D50購入!

top
最近買ったズームデジカメの調子が悪く、新品に交換してもらったのにまた同じ症状。もう嫌気が差して、再交換はせずにプラスでお金を払ってデジタル一眼レフ購入!買ったのは新発売のニコンのD50。今非常にはまっています。川崎戦ではもちろん使用。そしてTOPページの写真撮影の「一眼レフバージョン」を掲載させるため、市内を歩き回っている最中。もう100枚は撮りましたね。最初から一眼レフにしておけばよかったと思いましたね。
 さらに観戦用にズームレンズも購入。こちらはシグマ製。シグマといえば狛江に本社があるので有名ですね。ここで告白(といっても該当者が見ていなかったら何にもならないけど)。某掲示板サイトで私のハンドルネームM1を「∑ー」と記述して、当サイトを話題にしていただいた方がいらっしゃいました。それに対するレスで「∑ーサイトって何ですか?」と書き込んでいる方がいました。さらにそれに対するレスに「狛江に本社のあるレンズ会社のこと」と書いてシグマのサイトのリンクを張った書き込みをした人がいました。実は私です。本気にした方すみません。でも、もしかして、「∑ーサイト」って本当にレンズ会社のつもりで記述していたのかもしれませんが。知っている人にしか面白くない話ですが、シグマの宣伝しましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/08

決定力不足でまたまた勝利できず。

 なんとか観戦に行けました。私にとっての「聖地」である等々力に来たのは実に5年ぶり。もちろん勝利を期待して。東京寄りのメインスタンドの最前列で観戦。横に座ったいわゆる「おっかけ」系の女子高生サポーター2名が、開始時に、選手達をよーく見たいようで、手すりのところに寄りかかり立って観戦していたためピッチが良く見えずイライラ(注意してくれた等々力の係員さんありがとう!)。そしてこの2人が東京のことを「FC」「FC」と連発して呼んでイライラ。レプリカもタオルマフラーも身につけてそりゃないだろ!と思って、開始早々から非常にイライラしてしまった・・・。
 試合は東京の方が攻めていた。東京の方が攻めていた。東京の方が攻めていた・・・・・。今シーズンこういったふうに「攻めいていた」「内容が良かった」、けど勝てなかった試合だらけ。確かに攻めていたけど相手は途中で退場者を出して一人少なくなった状況。それでも決められなかったのは弁解のしようがない。決定力不足は深刻。ササが参戦するまでの残り試合が心配。次節はヴェルディとの東京ダービー。お互い不調なだけに、ダービーは必死で来る。もちろん負けられない。次のダービーから東京の連勝物語がスタートすると信じたい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイト開設5周年振り返り企画:「サイト開設時の思い出」 その12

top
統廃合された四小・八小の写真企画実行後
同窓会掲示板設立および写真企画の反応・狛江のあのうわさコーナー設立

 当サイトの同窓会掲示板はサイト開設から4ヵ月後の11月に設置しました。
設置の経緯としては、まず校歌集が二小の校歌が掲載されたことで見事完成したこと、そして四小・八小の写真企画を実施する予定になったことを記念してという感じです。
 ところが開設してから約2ヶ月間、管理人以外の書き込みは全くありませんでした。
まさに管理人がひとりごとを言う掲示板と化していました。
その後、1~2人くらいは書き込んでくれましたがやはり盛り上がりに欠けました。
 その状況に変化が現れたのが四小・八小の写真企画の掲載からでした。
この企画実施後、四小・八小の卒業生に呼びかけようと思い、同窓会サイトの「ゆびとま」の三中(管理人の出身校であり、四小・八小の卒業生のほとんどが中学は三中に進む)の掲示板で写真企画を掲載したことをアピールしました。
 そしてついに同窓会掲示板がブレイク!?
特に管理人の2つ上の三中卒業生の方々が多く書き込んでくださいました。
実はこの代の方は、同じく三中卒業だった私の姉と同年代だったため、私の正体も見事にばれましたね。
 同窓会掲示板は一時期三中卒業生に占拠されたような状況になりましたが、盛り上がってくれて非常にうれしかったですね。
しかもこの代の方の情報提供で、私の同期で2人も有名人になっている人がいることを初めて知りました。
品川庄司の品川君と宝塚花組の春野寿美礼さんですね。

 これを皮切りに狛江出身の有名人ネタがここで大いに盛り上がりました。
この段階で「狛江サブカルチャー」に狛江出身の有名人情報などを掲載したコーナーを新たに設けることを決意。「狛江のあのうわさ」と題して開設しました。
 現在は「狛江サブカルチャー」の目玉コーナーとも言えるくらい、情報提供の数も多いですが、このコーナーは「同窓会掲示板」発なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/07

サイト開設5周年振り返り企画:「サイト開設時の思い出」 その11

top


統廃合された四小・八小の写真企画実行まで

 学校の写真企画は、統廃合され「和泉小学校」になった四小・八小、そして「緑野小学校」になった二小・七小を現在掲載中です。
 この企画を思いついた経緯と言えば、これもまたホームページ更新作業をしている最中に「ふと思った」ことから始まっています。
ちょうど当サイト開設直後のいかだレースのアナウンスで初めて01年度に四小と八小が統合されることを知ったのですが、その段階ではホームページ上で騒いだだけで、特に写真企画については思い浮かびませんでした。

 ふと思ったことの根底には、私が狛江一小を旧校舎時代に卒業していたことがあると思います。
現在の狛江駅北口ロータリー付近を通るたびに「ここに一小があったんだな」と懐かしく思うことがしばしばありました。
さすがに6年間も在籍しただけあって、今でも校庭も校舎も隅々まで覚えているつもりです。
しかし心の中の映像であり、実際の映像はというと、卒業アルバムなどのわずかな写真でしか見ることができません。
だからこそ、「もっと写真として記録しておければ・・」と残念に思ったものです。
 それで、サイト上でこの企画を提案したところ、一部の八小の卒業生から「是非やって欲しい」という要望があり、この段階で決行を決意しました。
ただ、10月くらいの段階で宣言して、行動に移るのは、翌年まで伸ばしてしまいました。
 最初の構想では、なるべく学校の全てをホームページ上で見せることを考えました。
校舎内の全教室・校庭の隅々までをなるべく多く掲載すること。それが卒業生が一番喜ぶのではないかと考えました。
 確か01年1月くらいにやっと八小を訪問し、いろいろ説明をしました。
その日は校長先生・教頭先生ともいらっしゃらなかったので、事前に用意しておいた、こちらとしての写真掲載の説明とお願いを書いた紙を先生に渡しました。そして後日教頭先生に電話。
すると、教頭先生自身としては、児童と教職員の姿を写さないのならOKだったのですが、「学校は狛江市の施設なので、狛江市の教育委員会の○○課長に申請して欲しい」と言われました。
 そして後日狛江市教育委員会の○○課長に電話をし、八小訪問時に渡した書類と同じものをFAXで送信。
数日後、ついに条件付きで認可が下りました!
その条件は、「1.児童・教職員の姿を写さないこと。2.現在使用中の教室は、児童の作品などが掲示されたりしているので掲載しないこと3.撮影した写真は先生に見せて、OKいただいたものを掲載すること4.営利目的・政治目的に使用しないこと」などでした。

 大体の条件は常識的なものだったのですが、使用中の教室の写真を掲載できないのは想定外でした。
冷静に考えれば児童の作品が教室に掲示されているので、プライバシー問題にもひっかかるのですが。
 でも、認可が下りた時はうれしかった。
後日四小・八小と連絡を取り、卒業式直前の3月の土曜日に撮影決行。
午前中に四小、午後に八小というスケジュールでした。
 私はこの2校の卒業生ではないので、撮影の際に特に思い入れはなく、新鮮な気持ちで校内を回りました。
四小は授業中だったので、とにかく児童の姿を写さないことを心がけて撮影しました。
使用中の教室は無理でしたが空き教室は撮影しました。
 午後に八小を訪問。
八小に関しては教頭先生がこの企画に非常に共感してくださって、教頭先生本人としては、教室の写真を撮って欲しいような感じでした。放課後だったので、教室写真は実際に撮影させていただきましたが、掲載はしていません。
 そして八小といえば、卒業制作の陶板が非常に有名でした。
学校の周りに開校時から10数年くらいの卒業生全員の制作による陶板が校舎を取り巻くように飾ってありました。実は狛江市報でも、この陶板に関しては、統合時に撤去する予定で、希望する卒業生には返却するとアピールしていました。
 それもあって、私がこの陶板を撮影していいかたずねたところ、撮影をOKするどころか、「むしろ撮ってください」と言われました。
とてもうれしくて、わかる限りは全部撮影したつもりです。特に、私と同年代の八小の卒業生は、ほとんどが私の中学校時代の同期なので、知っている人の作品がたくさんあって感激し、知っている人の分は一人分写真1枚で撮影しています。
 ところが、教育委員会との約束もあり、この陶板はホームページ上には掲載していません。
是非見たいという卒業生の方がいらっしゃいましたら、メールにて連絡下さい。
 ちなみにこの撮影直前に私のデジカメが故障してしまい、ホームページ上で「貸してください」と呼びかけたところ、エネスタ祖師谷さんがデジカメを貸してくださいました。
今もとても感謝しております。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/07/05

川崎戦は勝つ!!!

top
TEPCOひかりを申し込みました!まだつながってないけど。FC東京のサポーターたるもの、スポンサーがやっているサービスを利用するのは当然かな。プロバイダーはニフティだけど、川崎フロンターレは私がFC東京サポーターになるきっかけを作ってくれたチームだったから好きなのでOK。でも6日の試合は勝つよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びっくり!

いやー、びっくり。先日開設したばかりのこのブログで、初のコメントをしてくれた方がなんと中学校3年次の同級生の女の子(当時。激しく失礼!)でした。そんなこと知らずに書き込みをしてくれたようでお互いびっくりしています。ブログはメインのサイトの補助的役割で開設したのですが、こんな「再会」があるとは、ブログ効果に驚いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ササのFC東京入団が決定!

ササのFC東京入団が決定!でもJ選手登録の問題で初出場は8月12日以降。「笹の葉さらさら」の時期にササが見たいのが正直な気持ち。でも「スター・ウォーズ」の時期にルーカスが見られるからいいか!?背番号はどうなるんだろう?まあ、ストライカーなので11でしょうね。阿部ちゃんには悪いけど。2000年シーズンのアマラオ・ツゥットの強力2トップの再現を期待しております!ホームでは8月24日の名古屋戦が初お目見えだと思うけど、その試合には狛江からたくさんの児童たちが観戦に行く計画があります。是非児童たちの目の前で大活躍して、夢を与えて欲しい!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

サイト開設5周年振り返り企画:「サイト開設時の思い出」 その10

top

毎日更新を心がけた開設時
TOPページ写真企画の誕生に至る経緯

 何度も言うようですが、なるべく多くの人に、ホームページを日常的に頻繁に開いて欲しいという狙いが常にありました。
そのためにはコンテンツの充実化と、更新も頻繁に行わねばならないと感じ、ほぼ毎日ホームページのどこかを更新していました。
開設時は現在のような巻頭言を新たに書いたからといって更新扱いはしておらず、どこかのコーナーを本当に自分で考えて毎日更新していました。
更新ネタが尽きても、無理やりでも更新していましたね。
 現在当サイトの「目玉」的存在になっているTOPページの写真は、開設時はやっていませんでした。
その前に「合成写真」企画はやっていました。
どういう合成写真かというと、狛江駅前や商店街の写真にFC東京の街頭フラッグ(調布とかで見かけるあのフラッグです)画像をくっつけた写真です。
これに関しては当時一緒に活動していたOさんのアイデアでした。
この写真企画で狛江駅前・和泉多摩川商店街・狛江四小前商店街・猪方駒井商店街などの写真にFC東京フラッグをつけた写真をTOPページに載せました。
「いつかこうなればいいな」という願いから出た企画なわけですが、5年たった現在も実現はしていません。しかし、近い将来実現できると確信しています。
 現在も続くTOPページの「マイナースポット写真集」に関しては、ホームページ開設の約3ヵ月後、この商店街写真を撮影に市内をカメラを持って歩いている最中にふとひらめいたアイデアです。
ひらめいた瞬間は日替わり更新まで考えていませんでしたが、とりあえず市内を歩いて曲がり角を通るたびに写真撮影をしまくりました。
 そして帰宅後、初のマイナースポット写真を掲載しました。
最初の写真は狛江八小(当時)の体育館の横の道でした。
この時点ではあくまで「しばらくの間」の企画のつもりでした。
また、この時点では総合掲示板に答えを書き込んでもらうような意図はありませんでした。
マイナースポット写真集は、同じ狛江市民でしかわからないような情報を共有することと、現在狛江を離れている人たちに、今の狛江を見て欲しいという意図でした。
 この企画も、我ながら名案でしたね(笑)。
これでホームページの毎日更新が非常に楽になりました!
市内の写真なら、1日で100枚くらい平気で撮影できる。そして100枚あれば3ヶ月以上は毎日更新が可能ということに気づきました。
 そして、この企画は一定期間の予定でしたが、現在も続いており、当サイトの目玉企画といわれるまでになりました。
ただ、2年くらいたって、総合掲示板が写真の場所の答えの書き込みだらけになり、本来のホームページ開設時の狙い、つまり「FC東京と狛江との融合」ができておらず、サイトの「狛江」と「FC東京」が平行線を行くように感じるようになりましたが、しばらくは静観しました。

 2003年、マクドナルドがFC東京を応援するようになり、サイン会が開催されるなど、FC東京が狛江でも地元チームとして定着しつつあった時期、もうホームページは「FC東京というチームを知ってもらう」という開設時の一番目の狙いから次のステップに行ってもいいかなと思い、写真の答えを書き込む際に「FC東京に関して何か一言」を入れてもらうような「規制」をかけるという「荒療治」を実施しました。
 これに関しては、狛江関連のコンテンツをメインで見ていた人から他の掲示板サイトなどで猛批判を受けたことがあります。このサイトに「アンチ」ができるきっかけを自ら作ったという感じですね。
逆に私のような人間が応援しているからFC東京応援したくなくなったという意見もありました。
でも、当サイトの目的は「FC東京を地元チームとして認識してもらうこと」であり、応援してもらうことまでは求めているつもりはありません。
もちろん応援しくれるとうれしいですが。
嫌いになる以上、認識はしているということで、それもサイト開設の成果かなとは思います。
 総合掲示板に関しては、老若男女問わず、多くの狛江人のFC東京サポーター同士が「今日の試合良かったね」と語り合えるような場になるのが開設当時からの夢です。
今はその夢に近づきつつあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/03

7月2日の試合結果 東京2-2C大阪

再開後も勝てない!後半早々で2点リードした時、正直心配だったがまたもや的中するとは!?内容が悪くないとか次につながるとかいう言い訳は本当にやめてくれ。内容が悪くても次につながりそうにない試合をしても、勝って勝ち点3を取ってくれればいい。それだけ。
それと、来週の7月9日の東京ダービーは「スターウォーズ」最新作の全国公開の日!ルーカスがブレイクするのは間違いない!!!!昨年のナビスコ準決勝と同じくハットトリックを予言しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイト開設5周年振り返り企画:「サイト開設までの思い出」 その9

会のホームページから個人ホームページに移行
新管理人ハンドルネーム「M1」の誕生


 開設後2週間ほどたち、ホームページ運営は順調に進んでいましたが、内容がかなり個性的なので、「FC東京を応援する狛江人の会」のホームページとして運営すると、会のメンバー全員(といっても当時は2人だけでしたが)がそういう個性的な考えを持っていると捉えられかねないという意見をOさんからいただき、「個人サイト」という形にした方がいいとアドバイスを受けました。

 私は少し迷いましたが、おっしゃることは確かにごもっともだと思い、個人サイトという形に切り替えることにしました。
本来、公式サイト的なものはあまり管理者の個性が出ていないものであるべきでしょう。でも、現在のサイトを、そういった没個性的なものに切り替えたとしたら、面白くもなんともなく、誰も読んでくれないことは目に見えていたので、公式サイトへの移行ではなく、個人サイトへの移行という形にしました。
 そこでまず困ったのがハンドルネームです。
当時、私は「元和泉1丁目」というハンドルネームを使っていました。
この由来は単に実家の所在地から付けたものですが、FC東京関連サイトの掲示板に書き込みをする目的で作ったハンドルネームでした。
要するに、「元和泉1丁目」というハンドルネームを見た他の狛江在住FC東京サポーターが反応してくれるのではという思いからです。
 個人サイトにする以上、タイトルにもハンドルネームが入ることになる。
以前説明したように、ホームページのターゲットとしている読者は、FC東京サポーターよりも「狛江市民」でした。だとすれば「元和泉1丁目」というハンドルネームは、狛江市民にとってはあまりに一般名詞的で、そのまま使用したら「FC東京を応援する狛江人の会メンバー元和泉1丁目のホームページ」という、会の名前に住所がついているような、なんだかわけのわからないタイトルになるので、新たにハンドルネームを作ることにしました。
それで「M1」が誕生したわけです。皆さんの想像通りだと思いますが、単に「元和泉1丁目」を略しただけです。
 しかも、最初は「エムワン」よんでいましたが、なんだか他人から「エムワンさん」と呼ばれるのが恥ずかしく思うようになって、途中で「エムいち」に変えました。こ
れに関しては、トップページで事前に「管理人は明日からハンドルネームを変更します。M1の名前でリンク掲載されていたサイト管理人のみなさんすみません!」と書いて、翌日の更新で、「なんと、管理人のハンドルネームをM1からM1に変更!」と掲載しました。
つまり半分ジョークだったわけですが、一応呼び名は変わっているもので・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うまくいかないこともあるけど ここに来れば大丈夫!

ここ数日仕事の悩みでノイローゼ気味・・。こういうときサポーターをやっていてよかったと思う!スタジアムに行けばそんな悩み吹っ飛びます!勝てばなおさら吹っ飛びます!!みんなで行きましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイト開設5周年振り返り企画:「サイト開設までの思い出」 その8

top
ホームページ以外で、市内で行った会としての活動

 ホームページ開設後、とにかくFC東京について知らない狛江の人に見てもらうことに重点を置いていたので、「FC東京系」よりも「狛江系」の人々にアピール活動をしました。
「ご近所さんを探せ」のサイトに登録して、メールを送ってサイトを紹介することもかなり頻繁にやりましたね。
今はある程度狛江関連サイトとして定着したので、そこまではやっていませんが。

 また、私は市内在住ではなかったため、インターネット以外での市内でのFC東京アピール活動は一緒に活動していたOさんに任せっきりでした。
市内の掲示板にFC東京と会のポスターを貼ったり、お店にポスターを貼ってもらう活動を主にやってくださいました。
また、開設後間もない時期に多摩川いかだレースがあり、FC東京もフロントが協賛の上、FMCの方がレースに参加されるということで、この日に合わせて会のアピールとメンバー募集のチラシを作成し、当日レースに来た人に配布しました。その時にFC東京のフロントの方と初めて挨拶しました。
村林常務(当時)もいらっしゃっていました。
さらに後日、Oさんに狛江や喜多見駅前でチラシ配布と一部地区の家庭ポストにチラシ投函などを行いました。
 そろそろ仲間が増えることを期待しての活動でした。
当時は東京スタジアム完成前で、現在のようにFC東京が身近な存在になっていなかったこともあり、なかなか自分も加わりたいという声は出ませんでした。
しかし10月くらいからやっと「一緒に観戦してみたい」という連絡が自分の所にあり、だんだんと盛り上がってくる気配は感じました。翌年の東京スタジアムこけらおとしの段階までに、メンバーに入りたいと名乗り出た人は、10数人程度まで増えました。
会の本来の目的は、狛江をFC東京のホームタウンとして定着させることなので、現在は特にメンバーを増やすといった活動は積極的には行っていませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/02

7月1日の写真

top
亀塚の近くですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/01

松村達雄さん死去

狛江在住の名脇役の俳優・松村達雄さん死去。ご冥福をお祈りいたします。
私の実家には松村さんのサイン色紙があります。非常に貴重なものになりましたね。松村達雄さんというと、私にとって印象的なのは大映ドラマの「少女に何が起こったか」の東家の長老?役と映画「お日柄もよくご愁傷様」のおじいちゃんの役。特に「お日柄もよく~」はすごく面白くて感動する映画なのでおすすめです。多分つつじヶ丘近辺で撮影していました。故人をしのんでVTR鑑賞してみませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

サイト開設5周年振り返り企画:「サイト開設までの思い出」 その7

top
ホームページ開設後の反応

 開設初日の2000年7月10日、掲示板(当時は総合掲示板のみ)にはOさんと他のFC東京関連サイトの掲示板で、私の開設告知の書き込みを読んでくれたサポーターの方から「開設おめでとうございます」という書き込みをしてくださいました。
FC東京フロントの方からもメールいただきました。
FC東京サポーターの間で、初めて狛江が注目を浴びた!かもしれない瞬間ですね!
 掲示板に書き込みしてくださったのはほとんどがFC東京関連の方でしたが、メールを送った小学校時代のクラスメート女性の書き込みがあり、狛江サブカルチャーの部分がとてもなつかしくて、読んでいて自分もなんとなくFC東京を応援しなくちゃと思ったといった、とてもうれしい内容のものでした。
この時点で「狛江サブカルチャー」コーナーの手ごたえを感じました。
 結局、開設初日はアクセス数合計が150突破という、非常にいいスタートになりました。
開設時に狛江タイムズさんの同窓会掲示板でも市内の学校の校歌を教えて下さいといった内容の書き込みをしましたが、それを見て早速八小卒業生の女子大生の方がメールで校歌を教えてくれて、サイトを読んで、「俺の狛江」コーナーの「私はここで生まれ育ったので、『市』というと、ものすごく狭い行政単位なんだというイメージを抱いていました」という部分が、読んでいて「そうそう」と思ってしまったと答えておりました。
この時はまさに狙いが当たったと思いましたね。そこらへんを考えて作成していたので。
そして開設3日間で300アクセス突破。立ち上がりとしては上々といったところでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »