« こまえだい一小がっこうのみなさんへ | トップページ | 男には 自分の世界がある たとえるなら 風を払い 荒れ狂う稲光 »

2005/08/25

こまえだい一小がっこうのみなさんへ

top
こまえだい一小がっこうのみなさんへ
そつぎょうせいM1より
「きみはひとりじゃない」

 きのうはFCとうきょうがかてなくてざんねんだったけど、はじめてかんせんに行った人は、スタジアムのふんいきはどうかんじたかな?しあいがはじまるまえのせんしゅしょうかいやせんしゅにゅうじょうなんかすごくもりあがったよね。
中でもしあいがはじまるまえにみんなでFCとうきょうのあおとあかのタオルを広げてみんなで大がっしょうするシーン、どうかんじたかな?
あのうたはえいごで「ユール ネバー ウォーク アローン」といううたで、ヨーロッパやアメリカではとてもゆうめいで、エルビス・プレスリーやフランク・シナトラといった多くのかしゅもうたっているんだ。サッカーではイングランドのプレミアリーグのきょうごう、リバプールというチームのサポーターがしあいまえにうたうのがよく知られているよ。
 あのうたをひとことでいえば、「どんなくるしいときでも、きみは一人じゃない、ぼくらがついている」というないようなんだよ。しあいまえにせんしゅたちをはげますために、たたかっているのはせんしゅたちだけじゃない。FCとうきょうファンのみんなもチームの一いんとして、せんしゅたちといっしょにたたかおうということをしめすためにあのうたをうたうのだとぼくは思う。
 スタジアムにはこまえだけじゃなくて、ちょうふとかふちゅうとかすぎなみとか、いろんなちいきの人たちがあつまる。それぞれすんでいるところはちょっとちがうけど、ほとんどの人が「とうきょう」でつながっている。こまえもとうきょうの中の市だよね。スタジアムはおなじとうきょうにすんでいる人、とうきょうをふるさととする人がみんなでひとつになってだんけつして、じぶんたちの町のチームをおうえんできるばでもあるんだ。
ぼくはたとえFCとうきょうがまけようが、2ぶにおちようが、ぼくのうまれそだった町、こまえのだいひょうチームだとおもっているから、いっしょうけんめいおうえんしていきたいと思っている。
 じかんさえあれば、これからもスタジアムに来てほしい。しあいを見つづけることによって、せんしゅたちからまなべることもきっとあると思う。おとうさん・おかあさんにまたおねがいしてみよう!
さいごにメッセージ 「くるしいこと、つらいことがあっても きみはひとりじゃない」

|

« こまえだい一小がっこうのみなさんへ | トップページ | 男には 自分の世界がある たとえるなら 風を払い 荒れ狂う稲光 »

「狛江」カテゴリの記事

「FC東京」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42190/5637870

この記事へのトラックバック一覧です: こまえだい一小がっこうのみなさんへ:

« こまえだい一小がっこうのみなさんへ | トップページ | 男には 自分の世界がある たとえるなら 風を払い 荒れ狂う稲光 »