« 男には 自分の世界がある たとえるなら 風を払い 荒れ狂う稲光 | トップページ | 罰が当たるぞ »

2005/08/27

東京のJ1昇格当時、想像していなかったこと

top
1.一度も降格争いをせず、J1にとどまっていること
2.入団当時、堀池の代役としか思っていなかった土肥が成長し、日本代表に選ばれたこと
3.J1屈指の観客動員数を誇るくらいにサポーターが増えたこと
4.東京から日本代表に4人も選出されたこと。そしてその4人は東京での活躍が認められて選出されたこと
5.市民まつりなど、狛江市内のイベントに積極的にFC東京フロントが参加してくれるようになったこと
6.狛江のマクドナルドがFC東京一色になり、選手のサイン会まで開かれるようになったこと
7.一時的な運営のつもりで立ち上げた当サイトがまだ続いており、狛江系・FC東京系サイトでも古参の部類に入るようになったこと

こんなところか。他に何かあるかな。
想像していたのにいまだ出来ていないことといえば、FC東京のフラッグが市内に掲げられるなど、狛江が見た目でもFC東京一色になること。これはいつかきっと実現したい!
地元のプロスポーツチームを盛り上げることは、地域経済の活性化に必ずつながります!狛江は町の規模が小さい分、狛江駅と和泉多摩川付近で盛り上がっていたら市内全域下盛り上がっているように感じるものです。
特に和泉多摩川商店街を、かつてのようににぎわっていた時代に戻したい!そのためにFC東京をうまく「利用」したい。

|

« 男には 自分の世界がある たとえるなら 風を払い 荒れ狂う稲光 | トップページ | 罰が当たるぞ »

「狛江」カテゴリの記事

「FC東京」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42190/5654139

この記事へのトラックバック一覧です: 東京のJ1昇格当時、想像していなかったこと:

« 男には 自分の世界がある たとえるなら 風を払い 荒れ狂う稲光 | トップページ | 罰が当たるぞ »