« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006/03/30

こんなにうれしいことはない

Top
終了間際、徳永のJリーグ初ゴールで勝利!同じ徳永姓の人間として、こんなにうれしいことはない!試合内容はまだまだ改善点があるにせよ、勝って良かった。仕事が大詰めで時間的にも精神的にも観戦どころではないけど、もうすぐ4月。4月からは少なくとも精神的余裕はこれまでよりありそうなので、楽しく観戦に行きたい!特に4月22日のアウェイのG大阪戦は、スカパーのみの中継ということで、市内在住の皆さん、SQUAREさんでみんなでTV観戦しましょう!市内在住の東京サポーターが「団結」する光景が見たい!予約しないと入れないくらいになるのが理想!そのためにバス停でのチラシ配布も実施するつもり。試合前は"You'll never walk alone"も流してもらう予定です。みなさんよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/26

認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを

top
川崎戦、観に行けなかったが、これまでよりいいゲームができたということでほっとした。できれば勝ちたかった。ガーロ監督が後半に増嶋を投入したという采配ミスが大きかったそうで。まさに、若き指揮官の、若さゆえの過ちか!?
ちなみに、結構忙しいのでここのトップページの告知ボード写真まだ更新できていません。誰か書き換えてくれる人いませんか???まあ、京都戦前日までにはなんとかします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/22

これで終わりにするか、続けるか

top
2連敗。正直、開幕戦を見て、勝ちはしたものの、あの内容のサッカーでは、これから勝ち進めるかはとても疑問に感じていた。「縦に速い」という、大熊監督時代から続く東京の最大の特徴が全くといっていいほどなくなって、無理矢理パスを回しているという、見ていても、これまでと比べて全然楽しくないサッカーになっていたのは開幕戦で感じた。次の川崎戦でも同じような内容のサッカーをして負けたら、「見切り」をつけないと手遅れになる気がする。私が東京応援をし始めたのはJ2時代からだったから、J2に落ちてもそんなに落胆はしないと思う。しかし!!来年、東京で唯一のJ1チームがうちではなくなっているという事態には絶対にできない!絶対!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/19

気のせいだ・・・・・疲れているんだ

top
最近帰りが遅いのですが、疲れてサイト更新作業中に眠くなってそのままPCの前で寝てしまうことがしばしば。いろいろメールもいただいておりすみません。3月いっぱいは更新ままならない情報が続くかもしれませんが、シーズンに突入したので、更新ネタはどんどん出てきます。4月にはなんとかなるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/14

星の鼓動は愛(ネタバレ)

top
昨日は久々に協力店へのポスター配布活動実施。フロントの方が結構配って下さっていたため、私は数店舗訪問でOKでした。感謝。でも、もっと協力店が増えてくれるのが理想。そして協力してくれるスタッフも。
そして、ポスター配布後、やっと映画「機動戦士Zガンダム/星の鼓動は愛」を観に行けた!1人でリュックを背負って、ポケットに手を入れて下を向きながら映画館に入るという、ガンダマー特有の、自分としては「カッコイイ」鑑賞の仕方をして・・・・・。
ここから下はネタバレ
サブタイトルの意味がラストでわかった。やっぱ、愛だね!主人公カミーユが精神崩壊するTV版のエンディングとは違ってハッピーエンド。しかもなんだかいやらしさを連想させる表現のラストにまいった!うらやましいね。おまけのラストも、特に1stガンダムファンなら思わずニヤリとする演出が良かった。
今回の新訳Zガンダムで一番印象に残ったシーンは1作目「星を継ぐ者」のラストシーン。これ以上にカッコイイシーンはなかなかない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/12

修正してやる!

top
仕事で徹夜明けでなんとか午後家に帰ってきてなんとかTV観戦間に合った。寝不足で気分が悪かったが、中継を見てさらに悪くなった・・・・。まさに完敗。ガーロ監督になってから、パスをつなぐサッカーに変わったが、うまくいくのか不安もあったが今回はそれが的中。新潟のアグレッシブなプレス・攻撃が見事だったという他ない。新潟の方がかつての東京らしさがあったような感じで、正直悔しかった。このままだとまずい。
土肥の好セーブと茂庭の活躍がなかったらもっと点を取られていたのは間違いない。それと、サイドからの切り崩しというこれまでの東京の攻撃パターンがやはり必要と感じた。サイドにスペースがありながら、真ん中ばっかりに攻め込んで押さえられるシーンがたびたびあった。
石川の復帰が待たれるが、とにかく今回の試合の反省点を生かし、修正をして、同じようなゲームはしないで欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

百式!出る!

top

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/07

私が手を下さなくとも、ニュータイプの覚醒で人類は変わる。その時を待つ~PART2~

top
開幕戦7年連続勝利(J2時代も含めると8年連続勝利)のJ1新記録達成!!!つまりFC東京はチーム誕生以来、開幕戦は全部勝っているわけね。今回の試合はリチェーリのスタメン起用がビックリだったが、試合を見て納得というか驚かされた。1ゴール1アシストの大活躍。これまで出られなかったのがおかしいくらい。それにしてもケリーに似ている。容貌から走り方、ゴール後の人差し指で手を挙げるパフォーマンスまでケリーそっくり。これはケリーの再来というよりケリー以上の存在になる、かも。ニュータイプの覚醒で東京は変わるね(笑)。是非東京で活躍してブラジル代表まで上り詰めて欲しい。とはいうものの、外国人枠が・・・。
ガーロ新監督に代わって、これまでのサイドアタック主体ではなくパスをつなぐサッカーになったので、サイド突破をする迫力のあるシーンは少なくなったと思うが、勝つサッカーをすること、長いリーグ戦を戦い抜くという意味ではこういう方がいいかも。試合を重ねていくにつれて、さらに磨きをかけて欲しい。
開幕イベントに関しては、今回はここ数年と比べて地味。やっぱりガンダムイベントの方が・・・と今もこだわる私であった。でも、cobaのアコーディオンで「We are the champions」が流れたのが感動。私の職場の今年度のスローガンが「We are the champions」なもので。3月目標達成に向けて、励みになったぞ!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/06

そういう冗談はやめにしてくれないか

top
サイトのアクセス数がすごい!と喜んでいたら、ほとんどが以前巻頭言で取り上げた「星の鼓動は愛」で検索してきた人ばかり・・・・・・・・・・冗談のような解析結果に・・・・orz
やっぱり公開初日の反響はすごいようだ。開幕イベントにはぴったりだったと思った。他のチームではやっていないのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/04

生きている間に生きている人間のする事がある。それを行うことが死んだ者への手向けだ。

top
今日は母方の祖母の二回忌の法事です。決算月の自分と自分のスタッフの目標達成と、明日の開幕戦の勝利も祈ってまいります。はい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタッフ募集!

top
「わっこ」にFC東京を応援する狛江人の会が載っている記事見ました。いざ見てみると嬉しいけど、反応があるかどうかが問題。今のところは・・・・。とりあえず、市内のお店へのポスター配布などの協力をしてくれるスタッフ希望者が1人でも増えれば・・・・・・・。市内のFC東京サポーターの皆さん、よろしくお願いします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/02

ダカール演説の狛江版?

狛江市民の方と、これを御覧になっている「わっこ」を読まれた方々には、突然の無礼を許して頂きたい。
私は「FC東京を応援する狛江人の会」のスタッフ、徳永 健であります。
 この話をする前にもう一つ知っておいてもらいたいことがあります。
私はかつてM1と言う名前で呼ばれたこともある男だ!
 私はこの場を借りて、FC東京サポーターの意志を継ぐものとして語りたい。
もちろん、単なるサッカー好きのM1としてではなく、生まれ故郷である狛江を愛する者としてである。
 FC東京サポーターの意志は、どこかのメディアやIT企業がスポンサーについた、企業利益に根差したものではない。ナ○ツ○がJリーグを造ったのではない!
 現在、メール問題がマスメディアを我が物としている事実は、かつてのJリーグブームより異質(笑)だと気づく。
Jリーグがチーム名に企業名を入れることを禁じたのは、サッカーというスポーツが、企業利益の重みで沈むのを避けるためだ。
そして初期のブームに便乗したメディアは、その勢力圏を拡大したことによって人類そのものの力を身につけたと誤解して○○○○のような勢力をのさばらせてしまった歴史を持つ。
それは不幸だ。もうその歴史を繰り返してはならない。

ホームタウンに出ることによって、地域住民はその能力を広げることができると何故信じられないのか!

 我々は地域を企業利益の手で汚すなと言っている。

○○○○は利益に魂を引かれた人間の集まりで、地域を食いつぶそうとしているのだ!

 人は長い間、企業利益と言うゆりかごの中で戯れてきた。
時は、既に人類を企業から巣立たせるときが来たのだ。
その後に至って何故企業名をチーム名に入れ、地域住民のためのチームという理想を踏みにじらなければならないのだ!
 地域を自然のゆりかごの中に戻し、住民は地域で自立しなければ、狛江は水と緑の町ではなくなるのだ。
このサイトさえ、批判に飲み込まれようとしている。
それ程に私は疲れ切っている(笑)
 今、誰しもがこの美しい狛江を東京全体にアピールしたいと考えている。
ならば、自分の欲求を満たすためだけに寄生虫のようにへばりついていてよいはずがない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しかしなあ・・・・これで私は自由を失った~PART2~

top
狛江市内在住で新聞を取っている方、本日の折込、狛江市報と一緒についている「わっこ」に注目・・・・・・・して欲しいと言いたいが恥ずかしい。写真が載っているし。狛江駅にも多分置かれるね。昨年11月、結構な覚悟で本名公開したが、今回は写真も公開ということで。これでダカール演説をした後のシャアことクワトロ・バジーナの気持ちがわかるような・・・・気がする。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »