« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006/08/31

和泉多摩川で、サプライズ!

Top_78
昨日、コンビニで「ウルトラ☆サッカー」という雑誌を購入。特にJリーグのサポーターの本音を語る雑誌で、東京も植田朝日氏のインタビューもあって、かなり読んでいて面白かった。特に雑誌のロゴに描かれているエンブレムが東京のエンブレムっぽいのが好感が持てる。さらに、東京のコーナーで、狛江在住サポーターのコメントがあるのもさらに嬉しい。ちなみに私じゃないです。
なお、今週末(9月3日)、和泉多摩川で「サプライズ」があるぞ!市内在住の東京サポーターの皆さんは、和泉多摩川に駆けつけよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/29

女よりも、仕事よりも、東京~~~。

Top_77

この新応援歌、東京らしくていいね。東京らしく、ものすごく男性的だ。私の仕事は女性なしには成り立たない業種なのですが、観戦中はこんな気持ちですね。録画したサポーターのお方、勝手にYoutubeリンクしてすみませんが。元歌はこれだそうで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/27

オレの言いたい事はそういう事じゃないぜ!オレ達兵士が、連邦の無能な官僚や参謀の楯となって死ぬのはイヤだって事なんだし。

Top_76
倉又新体制になって初の敗戦。しかし、ガーロの時の敗戦と比べて、内容は東京らしく、面白いサッカーだった。こういうサッカーをし続ければ、必ず巻き返してくれるだろう。
徳永の2枚目のイエロー→PKは非常に疑問。あれがなければ東京が勝ってもおかしくなかった。次節出場停止も痛い。審判が東京の選手達のに盾となって立ちはだかっているようだった。これはイヤだってこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/26

小田急沿線でFC東京を盛り上げよう!!

Top_75
月30日の新潟戦は、協力商店会の日!今日現在、小田急沿線でオフィシャルサイトに掲載されているお店・商店会は全て狛江!これは誇っていい!でも、新宿から喜多見まで、さらに町田や多摩線の、都内の小田急沿線のサポーターのみんなでFC東京を盛り上げられればいいなと思います。小田急沿線の東京サポーターのみなさん、団結して盛り上げましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

倉又新体制での東京を目の前で見た!

Top_74
これが本来の東京の姿といえる攻撃で、オリンピック開催候補地のライバルでもある福岡に5-1で圧勝!オリンピック候補東京は決まった!?
今回は5得点全て違う選手による得点というのもうれしい。まるで最後まで優勝争いをした03年のセカンドステージのようだった。
そして、東京ガス時代から東京一筋の、藤山のJ1初ゴールもうれしい。これで浅利が決めればさらに最高だったが??オシムが来ていたようだけど、石川は次の代表戦に選ばれるでしょう、やっぱり。個人的にはスーパーサブとして阿部も選出して欲しい。半分冗談半分本気。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/24

星の鼓動は愛、25日発売

Top_73

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/21

勝利の栄光を、君に!

Top_72
勝利!倉又新体制になり、縦への突破という東京の本来の持ち味を生かすだけでなく、結果まで出してくれた!!!これから先も見ていて楽しいサッカーが復活するだろう!早く目の前で楽しいサッカーを見たい!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/19

親を大切にしよう!一日一偽善!?

Top_71
object width="425" height="350">
↑とちょっと似たイベントに参加するかも。
私はスタッフとして参加。見かけた人は手を振ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここを突破して見せればよろしいのでしょう?

Top_70
20日の千葉戦、倉又新体制での東京の試合とあって、すごく行きたいけど、行けません。実は渋谷で行われる某イベントにスタッフとして参加することになったもので。東京の帽子でも被って参加します。テレビの取材もあるらしいので、もしかしたら映るかも??
千葉戦ではすぐに結果を出すことは期待しない。とにかくかつての東京の持ち味で、今シーズンはガーロに消された「縦への突破」を見せて欲しい。4バックになって、石川の持ち味が出せるようになるはず。とにかく昨年も東京にいた選手は、昨年の勘を取り戻して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見えるぞ。私にも敵が見える。

Top_69
311112
FC東京の00年~02年のシーズンレビューのDVDをよーーーく見たら、なんと私が映っているのを発見。それも、記念すべき東京初のJ1開幕戦(00年3月11日・対横浜)に。勝利の後、選手たちがゴール裏に挨拶に来た時、最前列でマフラーを広げていたのがまさに私。とはいってもすごく小さいので誰もわからないと思います。永久保存版ともいうべきDVDに私が載っているのは嬉しい??
なお、上記写真が当時の試合翌日のサンケイスポーツの1面。私が大きく写ったものの、「王者」の文字に顔が隠されてしまった。このマフラー(99年シーズンオフ中、渋谷のEASTでのバーゲンセールで買ったもの)は今も使っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/18

人は変わっていくわ。私達と同じように。

Top_68
最近YouTubeにはまり始めたがこれを見てビックリした。私は社会人になって最初の赴任先が福岡だったが、なんと朝鮮半島と九州の間の対馬を担当させてもらっていた。新人ながら毎月1回飛行機に乗って営業活動をするというのは同期にも自慢できた。今、対馬が韓国人の間で人気の観光スポットなのだという。私は対馬を仕事で回っていた当時、特に韓国人観光客はあまり見たことがなかったが、今や対馬全域の人口と同じ、約4万人の韓国人観光客が訪れるという。変わるものだ。私が知っている限り、あの島にはこれといった観光名所ははっきり言ってないと言っていい。特に名物料理もなかったような気がする。強いて言えば「釣り」くらいのもの。
YouTubeは面白いです。FC東京関連で検索してもいろいろ出てくるので、是非見てみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/16

我々は一人の英雄を失った。しかし、これは敗北を意味するのか?否!始まりなのだ!

Top_67
ガーロ監督ついに解任。後任が倉又前ヘッドコーチと聞いてほっとした。倉又新監督は、大熊監督・原監督時代にヘッドコーチだっただけに、東京のことを熟知している。
8月15日は終戦記念日だったが、東京にとって、今シーズンの「開戦記念日」であって欲しい。昨年までの、勝っても負けても観ていて楽しいサッカーを是非復活させて欲しい。そして3バックはやめて、昨年までの4-2-3-1のシステムに戻して欲しい。個人的には↓のシステムが今のところベスト。もちろん今野が戻ってきたらボランチに入れるけど。


ワシントン

戸田(阿部)  ルーカス  石川

宮沢   伊野波

藤山            徳永
茂庭  ジャーン
土肥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/15

ここに至って私は、人類が今後絶対に戦争を繰り返さないべきだと確信したのである。

Top_66
今日は終戦記念日だが、東京の「終戦記念日」を迎えるのだけは絶対に阻止しなければ。監督交代も含め、何らかのてこ入れをしてくれないと。次の試合では絶対に同じことを繰り返すな。繰り返すのなら5点差くらいの大差で負けて、さらなるどん底に落ちて本気で考え直してもらうしかない。奮起を祈って神社にでもお祈りに行くか???
→解任前に書いた記事ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャンスは最大限に活かす。それが私の主義だ。

Top_65
昨日、生まれて初めて「2ちゃんねる」のオフ会というものに参加しましたよ。FC東京サポーター代表として???
「オフ会」というものは、私も当サイト開設時に少しはまりました。ただ、そのオフ会は共通点が「狛江」というだけの、ただの飲み会で、今振り返るとばかばかしいオフ会だった。仕事や家庭などのしがらみのない仲間同士で集まれば、それは楽しいけど、何も目指すものもなければ残るものもない。特に居酒屋に子供を連れて来るのは子供がかわいそう。ということもあってか、私も所属していたオフ会サークル?は、サイトの閉鎖と共に自然消滅。
当サイトが予想以上に続いているのは、「狛江の町を青赤に染める」というしっかりとした目的があり、さらに、「観戦」という名の「オフ会」が定期的にあり、子供もお年寄りも年齢差関係なく、同じ目線で応援を楽しむことができるから。
現在の狛江は、近くにスタジアムがあって、地元のチームがあるという好条件。このチャンスは最大限に活かしましょうよ。是非。
ちなみに2ちゃんねるのオフ会はちゃんとした目的のあるオフ会だったので参加しました。匿名参加で、だれもここ見ていないと思うけど、みなさんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/13

生きている間に生きている人間のする事がある。それを行うことが死んだ者への手向けだ

Top_64
先日、同じ会社の同じ狛江出身の先輩のお母さんの告別式に行った。鈴置洋孝氏の死去といい、悲しい出来事が続く。そしてお盆休み突入。私の2人の祖母や、ペットも含め、これまで亡くなられた身近な方々のことを思い出す機会。今日は新宿あたりで色々と思い出しながら、某オフ会に参加予定・・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/12

もう我慢の限界

Top_63
浦和戦、はっきり言って勝つことは全く期待していなかったけど、4-0で負けるとは思っていなかった。こっちが点を決める気配をまったく感じられないひどい試合。中断期間に何を修正したの????
今シーズンガーロ体制になって、これまでの縦へのスピードや、全員守備・全員攻撃といった、東京の持ち味が全てかき消されてしまったような気がする。
リーグ戦も中間地点に来たけど、荒療治をしないと本当にまずい。このままでは来季、首都東京にJ1のチームがなくなっちゃうよ!!!!!!!
選手は移籍できてもサポーターは移籍できない。そこらへんを考えて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/08/11

オデッサ作戦に参加した全ての戦死者に対して 哀悼の意を表 し、全員 敬礼!

Top_62
「ガンダム」シリーズで出演回数トップを誇る、ブライト・ノア艦長役を務めた声優の鈴置洋孝さんが肺がんのため死去。享年56歳。悲しむ前に驚いた。もうあの声が聞けないのは本当に残念。
実は、鈴置氏は私の遠い親戚である可能性が非常に高いのである。というのも、私の母親の姓は「鈴置」。この姓は非常に少なく、愛知県の一部の地区に集中しているらしい。もちろん私の母方の祖母は愛知県出身である。だからアニメなんか全く見ない私の母親も鈴置洋孝氏のことは知っていて、多分遠い親戚だろうと以前から言っていた。なお、石川県にあるこの料亭はもろに私の親戚の経営しているお店です。
セイラ役の井上遥さんに続いて、ガンダムシリーズの主要キャラをやっていた方が亡くなるのは本当に悔やまれる。映画「機動戦士Zガンダム」シリーズの3作目「星の鼓動は愛」はアニメとしては氏の「遺作」になるわけかな。私はもちろん3部作全部映画館で鑑賞したぞ!一人で!!DVDはもうすぐ発売。買うべし。
ブライト艦長に、哀悼の意を表し、敬礼!!

| | コメント (0) | トラックバック (6)

見ておくがよい!戦いに敗れると言う事は・・こういうことだ!

Top_61
ここ最近、なぜか東大和でいろんなニュースが続くねえ。私は現在仕事では東大和が担当エリアだけに、結構驚く。はっきり言って狛江と並んであまり知名度の低い自治体がクローズアップされるのは、市民にとっては非常に複雑な気持ち。今から9年前、私が福岡に赴任している最中に、「ニュースステーション」を見ていたら、いきなり狛江駅前が出てきてびっくりした事があった。例の石井前市長の辞任事件だけど。福岡で当時の狛江の町並みを見られるとは思わなかった。言っちゃ悪いけど、変な意味で正直少し嬉しかった。当サイトのTOPページの写真掲載の目的は、狛江人にしかわからない情報を共有することの他に、こういった現在狛江を離れている人に、今の狛江を見て欲しいという狙いがあります。以前は毎日更新していたけど、最近は仕事が忙しく、毎日とまでにはいっていませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/08

納涼

Top_60

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/07

話の前に、もう一つ知っておいて欲しいことがあります。

Top_59
人たちに、私がこのサイトを運営しているのがばれてしまった。まあ、昨年11月より本名公開したのでいつかは多くの人にばれるかとは思っていたけど。とりあえず、これを読んでいる社員の方がいたら知って欲しいこと。私はこのサイトの他に、このサイトとこのサイトも運営しています。さらに、なぜこんな活動をしており、なぜFC東京を応援しているかということを、ここで知って欲しいかと思います。会社で相当偉い人に「怒り」を覚えた思い出も載っているので、ちょっとやばいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/05

目立つ色になったから気をつけろ

Top_58
広島戦後、キムラメガネとセブンイレブン狛江マルシェ店に貼っているFC東京応援ボードの書き換えをしていたら、あとからサポーターの人々が結構見てくれていた。携帯カメラで撮影してくれている人もいました。試合は負けたけど、こういうのを見るとうれしいね。あのボードは、「手書きだと逆に目立つ」という狙いから、毎回私自身が書き換えしています。書き換えているところを見かけても話しかけなくてもいいですが、もしこのサイトを見ていれば、掲示板に書き込みしく下さると非常にうれしい。もちろんそれ以上は求めませんのでご安心を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »