« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006/10/29

チャンスは最大限に生かす。それが私の主義だ!

Top_120
アウェイで勝利して、2連勝!広島と名古屋も勝っちゃったのが難点だけど、残留へ少しでも前進したのがよかった。なんと完封勝利は237日ぶりだってね!今シーズンの東京の一番の課題は守備だったね。これまでは守備が常に安定していたチームだったので、ここさえ立て直せればと。次節川崎戦で勝てば今シーズン初の3連勝。昨シーズンのごとく、上位いじめをして、J1残留も決めて欲しい。一方、ヴェルディはついにJ2残留決定。ラモスは続投だとか。東京がJ1残留した場合、来シーズンも違うディビジョンで戦うことに。こうなったら狛江で一緒に両チームを盛り上げられないかな?このチャンスを最大限に生かそう!市内在住のヴェルディサポーターのみなさん、どうですか?狛江にサポーターグループとかあればお話してみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝利の栄光を、君に!

Top_119
U-21の中国戦、東京所属の平山と梶山がゴールを決めて、2-0で勝利!東京所属の2選手の得点はうれしい!今回は平山に対する世間の期待が多かったが、私は平山より梶山のゴールがうれしい!東京所属で、ユース出身の生え抜きである梶山が代表で活躍ということがうれしい!A代表に呼ばれるのではという情報も以前あったが俄然現実味をおびてきた。そのためにも東京で残り試合頑張ってくれないとね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/26

それでこそ私のライバルだ!!

Top_118
そういえば、昨日24日は、私が東京サポーターになってちょうど7年目の記念すべき日だった!7年前、等々力でなんとなく観に行った川崎フロンターレとの試合。あの初観戦がなければ、間違いなく私は今のような活動はしていない。当時、東京と川崎はJ2の優勝争いをしていて、よきライバルだった。翌年両チームがJ1に昇格し、東京は大躍進をしたものの、川崎はわずか1年で降格。そして今シーズンは、その川崎がJ1で優勝争いをし、東京は残留争いに加わるかどうかといった状況。さらに東京・川崎両チームにとって因縁のライバル、ヴェルディはJ2にいる。こういった状況はかつては予想できなかった。そして11月11日はその川崎との試合。私は川崎のおかげでJ2に興味を持ち、たまたま観戦しに行った結果、東京サポーターになった。だから川崎にはとても感謝している。その「恩返し」を11月11日にして欲しい。もちろん東京が勝ってからの恩返しね。そして来年はお互いJ1で優勝争いできるようになりたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/24

シャアか?・・・・・シャア!!

Top_117
22日の勝利後の、石川の「シャー」がよかったねえ。アマラオから石川に引き継がれて、うれしいもんです。石川のサポーターに対するコメントなんて読むと、本当に東京というチームが好きなんだなと思う。02年、横浜FMで出場機会のない石川が原監督(当時)に誘われて東京へレンタル移籍。02年シーズン時点では、まだ私は由紀彦びいきだった。由紀彦は東京のJ2時代から日本人選手の顔とも言える存在だったからね。由紀彦が横浜FMへ完全移籍し、石川の東京への完全移籍が決まった段階で、私も石川びいきになっていた。この時点で東京の日本人選手の「顔」は間違いなく石川になっていた。
石川にポジションを奪われ東京から離れることになった由紀彦も東京というチームが大好きだったと思う。なんといっても由紀彦が横浜FMに移籍してからの「サッカーダイジェスト」でインタビューが載った時、由紀彦のベストパートナーは「ケリー」、人間的に最も影響を受けた選手は「アマラオ」と答え、サポーターのことも結構肯定的にコメントしていた。
福田健二もそう。「トーキョーワッショイ」の本によれば、福田は東京を離れてからも愛車のキーに、東京のキーホルダーを付けていたという。そして、植田朝日氏の話によると、三浦文丈は東京に移籍してきて、選手とサポーターの距離の近さにびっくりしたとか。試合に出場できなくてもこのチームにずっといたいと言っていたという。
こういうことを聞くと本当に嬉しい。私はサポーターとフロントの方々の距離の近さにもすごい魅力を感じる。特にここ2年ほどで実感したけど、サポーターが「東京を自分の住む町で盛り上げたい」と動き出せば、フロントの方々は応えてくれます。狛江みたいな小さい街でも応えてくれます。ここ数年、監督問題や、外国人選手の補強の仕方など、選手面では疑問の部分は確かにあり、フロントに対して厳しい意見を言う人も確かにいるけど、それを補って余るくらいの魅力が今の東京のフロントにあると実感しています。
今後、狛江では、我々市内在住サポーターがフロントに応えてあげられるようにしたいかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Gがこんなにすごくないなんて!

Top_116
G大阪戦、私は用事があったので後半から観戦。前半で0-2で負けていたので、「こりゃだめだ」と嘆きながら観戦開始。後半始まってしばらくはチャンスよりもミスによるピンチが多く、これは負け試合になるなと思いながら試合を観ていた。ところが東京が馬場・ノリオを投入してG大阪が播戸を下げて守りに入ると試合は一気に東京ペースになり、わずか7分間で3得点で大逆転!復活したノリオのあのシュートはすごかった!いかにもノリオというゴールだったね!観戦開始時は「まさか」と思っていた、G大阪からの勝点3をゲット!すごいと思われた「G」も、守りに入ったらすごくなかったね。15位広島が負けてくれたため、残留へ大きく前進!
みんなが興奮したこの試合、私は後半だけしか観られなかったので、「いいとこ取り」と言われればそうかもしれないが、興奮の度合いは最初から観ていた人と比べると半分以下だったと思う。前半でダメダメのプレーに目の前で失望し、後半に大どんでん返しというのはものすごく気持ちがいいはず。しかも強敵相手だし。だから最初から観たかったー。勝利後に発生したウェーブにノリノリの気持ちで参加できなかったし。
あと1勝すれば安全圏かな?とにかく残り試合は、東京はJ1の優勝争いを面白くする存在であって欲しい。11月26日の浦和戦で優勝阻止をやりたいねえ。その前に浦和以外の上位チームが勝ち進んでくれないと。川崎も東京以外には全部勝っていいから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/22

Gがこんなにすごいなんて?

Top_115
すごくなかったね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/21

これで当たらなければ、おめでとうってところだな

Top_114
岡田武史元日本代表監督が東京の監督に!?昨日日刊スポーツ一面に載っていて、衝動買いしてしまった!岡田氏の東京監督就任の噂は01年シーズン終盤にもあった。結局原監督が就任したが、今度はかなりの確率で就任の可能性が。個人的には原監督カムバックでいいけど。でも、元日本代表監督ということで、味スタに足を運んでみたくなる狛江市民も現れる可能性があるかな。そうなれば、狛江で東京が盛り上がるチャンスが増えて、「おめでとう」ってとこかな。
しかし、それよりも、今が心配。東京のJ1残留がかかっている。今はそれに専念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/20

18日の写真

Top_113

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/18

狛江三中

Top_112

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/15

「2度もぶった。親父にもぶたれたことないのに」「それが甘ったれなんだ。殴られもせず に一人前になった奴がどこにいるものか」

Top_111
2点先制して「今日は勝った」と思ったら、その後5失点で逆転負け。見ていて怒りを超えて笑いが出てきてしまった・・・・・。プレイしている選手たちもきっとつらかっただろう。109-0の川浜高校と相模一高の試合の心境だ。しかしなぜ実力が東京より下のチームに大差で負けるのか?この前までの6連敗は監督よりも選手に問題があると思っていたが、今回は監督の采配にも大きな問題があった。後半早々で平山を下げてルーカスを投入。その後4失点。試合の流れを変える切り札役の阿部も出さなかった。ルーカスをトップ下に、平山を1トップにという布陣は、倉又監督の頭の中には全くないらしい。その結果がこの大量失点というのは「苦笑」せざるをえない。これで15位広島と勝点で並んでしまった。次節以降は上位チームとの戦いが多く、苦戦は必至。このままだと本当にJ2降格が現実味を帯びてくる。滝沢賢治のように、「これからお前達を殴る!」とまでいかないと選手も本気にならないのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人は同じ過ちを繰り返す・・全く!

Top_110
今日の広島戦はJ2降格争いから離脱するためには絶対に勝たなければならない。広島は東京と一つ下の15位で、勝点27で東京と3差。勝てば6差になり、自動降格の可能性はほぼゼロで、順位も12位まで上がる。私はさすがに広島まで行けないが、TVで正座でもしながら応援しなくては。東京は特に今シーズン、下の順位のチームによく負けるので、非常に心配だが。
それにしてもC大阪はある意味すごい。00年シーズン1stステージであと1歩で優勝を逃したが、その翌年にJ2降格。そして昨シーズンも最後の1試合で東京と引き分けて優勝を逃し、今シーズンは現在最下位。15位以下のチームを見ると、全チーム(広島・京都・福岡・C大阪)がJ2に「降格」経験がある。チームの底力のなさに加えて、観客動員など地元での盛り上がり度合いの低いチームばかりのような気がする。西日本はサッカーより野球か?とにかく、地元のサポーターの多さが強さにも影響が出てくるという部分は多少なりともありそうだ。ヴェルディしかり。そして、野球で今シーズン日本ハムが優勝したのも、地元の盛り上がりがあってこそだろう。
東京は00年J1昇格以来一度も降格経験がない。「昇格組」では最も長い間J1に残り続けているが、これも地元での盛り上がりが少なからず影響している。今度は勝って盛り上がらせてください。リーグ戦残留後は天皇杯でね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/12

私は、ネオ・ジオンの再建と、打倒アムロ以外興味はない

Top_109
私は野球にはあまり興味がないが、今回のプロ野球パ・リーグのプレーオフにはちょっと興味があった。なんといっても西武の動向次第で仕事の実績が取れるかどうかが決まるから・・・。負けちゃったんで、今月の数字厳しいですと言えないのがつらいところ。
それにしても、プレーオフはおかしいと思う。確かに盛り上がるけど、リーグ戦で2位以下と大差をつけて、ダントツ1位になっても、数試合のプレーオフで負けたら優勝できないなんて。Jリーグのかつての2リーグ制も同じような理由でなくなった。個人的にはいずれは野球も元に戻ると見ているが。
もうサッカーに集中集中!FC東京が天皇杯で優勝したら、狛江も優勝セールで盛り上がる。多分。和泉多摩川は間違いなく盛り上がるでしょう!頼みます。もちろんその前にJ1残留ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/11

今、「徳永」が熱い!!

Top_108
「徳永ブーム」到来か??10月から始まったNHK連続テレビ小説「芋たこなんきん」の舞台が「徳永医院」ですよ。さらに、主人公の名前が「徳永健次郎」だって。私「徳永 健」とそっくりじゃありませんか。私は仕事があるのでこのドラマ見ていませんが、これは嬉しいですねえ。私のことを知っている人があのドラマを見たら、きっと私のことを思い出してくれるのではないかと・・・・。
徳永姓はそんなにマイナーではないけどメジャーでもない。
九州には結構徳永姓は多い。福岡や佐賀には「徳永」という地名があるくらい。過去に徳永姓だった友人・先輩がいたけどみんな地元をたどると九州でした。私も父は佐賀生まれの福岡育ち。歌手の徳永英明も福岡出身。そして、FC東京の徳永悠平選手も九州出身。
これだけ私の周りで「徳永」を耳にする機会が増えたのは生まれて初めて。狛江市内では徳永・・・ではなくFC東京を広めたい。そのためにも是非徳永悠平選手、狛江に来てください!?という願望はだめですか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/10/10

Yippie-Kai-Yay, Motherfucker

Top_107
ついに「ロッキー」の6作目「ロッキー・バルボア」が全米で12月に公開だそうで。5を観た時、誰もが「もうこれで終わりだな」と思ったはずが、6もやると聞いた時はビックリしたが、今回は5と違ってリングに上がるそうで。その映像を見たけど、さすがにスタローンは60歳になって肉体の衰えを感じる。まああそこまで筋肉があるのはすごいけど。
さらに「ランボー4」「ダイ・ハード4」「インディー・ジョーンズ4」もこれから2年間ほどで本当に公開するらしい。「インディ4」はスピルバーグが監督するので期待を持てるが、「ランボー4」は非常に心配だ。主人公に次ぐキーマンであるトラウトマン大佐役のリチャード・クレンナが亡くなったので、どんなストーリーになるのか。前作が今振り返ると「苦笑映画」になるだけに、変な意味で期待が持てるかも!!一応予告編はここにあったけど・・・・。「ダイ・ハード4」はマクレーンがサイバーテロに挑むストーリーで、監督はもしかしたら日本人監督かも!?ということです。面白いかもしれないけど、全米を震撼させるような規模のテロ(強盗)に同じ警官が4回も巻き込まれるのは非常にありえないことですな。
以上のシリーズは私が中高生時代にとてもヒットしたシリーズなので、続編上映は非常に嬉しいが、逆に言えば、ああいったスーパースターを主人公とするビッグタイトルが今はないということなのかも。今の若い俳優を見てもスタローンやハリソン・フォードに匹敵するような人物は見当たらない。
個人的に一番続編をやって欲しいのは「ターミネーター4」。私は多くの人と違って、2よりも3の方がはるかに面白かった人間。でも3のあの終わり方はどうしても「次がある」と必ず思ってしまう。シュワルツェネッガーが知事を引退しない限り難しいか?いや、もうシュワルツェネッガーが出ると非常にウソっぽくなる。同じタイプのターミネーターがまたやってくるなんて・・・。できればジョン・コナーの父親であるカイル・リースがジョンと知り合い、カイルを84年に送るまでの続編なんてできてくれればいいんだけど。
ちなみに、先日「ワールド・トレード・センター」を観に行ったけど、結構良かった。「感動した」「面白い」というわけにはいかない映画。思っていたのと全然違う内容でびっくりした。オススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/08

νガンダムは伊達じゃない!

Top_106
7日は名古屋戦に行きたかったけど、私の母校である市川学園の学園祭に行ってきました。目的は私も創設メンバーの1人である「市川学園クイズ研究会」に挨拶に行くため。
今から17年前、私が高校2年の時、全国高校生クイズで千葉県の決勝まで私を含む2チームが進出。その勢いで出場メンバーと共に、「クイズ研究会」を創設。私は水泳部と掛け持ちで、ほとんど活動できませんでしたが。
 そして先日市川学園の文化祭の案内を見たら参加団体に「クイズ研究会」が。いきなり挨拶に訪問したら結構現役会員は驚いていました。高校2年生の会長と挨拶したけど、彼が生まれた年に創設したことを考えるとなんだか感慨深い。
そして今回文化祭でやっていたクイズ大会にも参加。6人(チーム)対抗でやって、私は最初の3問は、苦手の芸能問題で、連続で間違いましたが、その後は全部正解して、見事優勝!「創設メンバーは伊達じゃない」と思ったりして。とにかくうれしかった。会員数減に悩まされているということだけど、来年選手権で優勝でもすれば入会希望者殺到するでしょ!ガンバレ!!
 それと、私の高校時代は市川は男子校でしたが、数年前に共学化。校舎も移転して新校舎に。あまりにキレイで、男子校特有の「泥臭さ」がなくなっていたのが少し寂しかった。まあ、時代の流れですな。市川は周りに女子高が多く、文化祭では女の子がたくさん来るのが常だったけど、今回市川の女子生徒が文化祭に参加しているのを見て、どうしても違和感を感じた。やっぱり私は男臭い市川学園が好きだったな。同じく男性サポーターが多く、とっても男臭いFC東京に通ずるものがあったし。
ちなみに、17年前の市川学園文化祭実行委員長の名は「徳永 健」。そう、私でした・・・・・・。
Ichikawagakuen

この写真はちょうどその頃の写真です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「和製アマラオ」誕生か!?

Top_105
連敗脱出!平山J初ゴール!名古屋にアウェイで初勝利!
もううれしいことだらけ!観にいきたかったー。
平山はポストプレイヤーとしてものすごく機能しているようで嬉しい。これは「和製アマラオ」になれるぞ!
こういうネタは東京サポーターにしか通じないが、まさにそんなイメージ。
サイドから崩して、平山にボールを渡すという攻撃パターンが定着すれば、これから先は明るい。
天皇杯に期待!その前に残留、できれば9位以内まで行って欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/05

情けないモビルスーツと戦って、勝つ意味があるのか?

Top_104
今野がガーナ戦フル出場。試合は負けたけど、こうして東京の選手がスタメンフル出場してくれたのはうれしい。
私は仕事でテレビ観戦できなかったが、どうしても観たいというわけでもなかった。所詮は親善試合。勝てばまあうれしい、負けてもそんなに悔しいとは思わない、そんな試合に、地上波で生中継して、それなりの視聴率が取れるのが代表戦。
一方、Jリーグでの東京の戦いは、「絶対に負けられない試合」。代表戦の親善試合と比較しても「重み」が全く違う。サッカーでは代表だけしか興味のない人は、こういった「絶対に負けられない試合」を見る機会はせいぜい2年に1度くらいか。
 一方、我々サポーターは毎年の春から冬まで、ずっとそういう気持ちを味わうことができる。これってすごくない?今、東京は6連敗中で苦戦していて、負けた試合は悔しい。でも、ある意味、「楽しい」んだね。
というわけで、狛江市民の皆さん、是非一度スタジアムに足を運んで下さい。きっとW杯で日本代表を応援した時の「楽しさ」を味わうことができるはずです。「うまくいかない こともあるけど ここに来れば大丈夫」なんですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月4日の写真

Top_103

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/04

させるかぁ!

Top_102
私は以前からTBSが好きになれない。というか嫌いだ。3年前、FC東京とレアルマドリードの親善試合が決まった時、元々放映権を持っていたTBSは、「相手がFC東京では華がない」という理由で放映権を放棄した。私を含め多くの東京サポーターはこれに怒りを覚えた。結局東京のスポンサーでもあるテレビ東京で中継が決定。そしてしばらくしてベッカムのレアルマドリードへの移籍が決まった結局、視聴率は17%で、同一時間帯のプロ野球よりも高かった。この時は「TBSざまーみろ」と思ったね。
 そして今日、NEWS23で、「山本キャスターは、体調がすぐれないため、しばらくしばらくお休みいただきます」だって!!!それだけで済ませるのか???このまま何のコメントもせず、自然消滅にだけは絶対にさせない。
こういうことは当サイトであまり主張すべきではないかもしれないが、どうしても許せないので言わせていただきます。これがTBS以外だとしてももちろん許せない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/10/03

地球に残っている連中は地球を汚染しているだけの、重力に魂を縛られている人々だ!

Top_101
統一地方選挙が来春ということで、組織票がものを言うところは今懸命に動いております。うちにも来るんだなこれが。「政策」を語る以前に、「付き合いだから入れて」という輩が。選挙期間中によく現れる「自称幼なじみ」はまだ来ていないが、こういう組織が多くの議席を獲得できてしまうところが狛江の特に「古き悪しき体質」だねえ。組織ではなく真の意味での市民の民意を反映させるには、多くの市内の有権者が投票に行くしかないんだね。組織の「重力」に、市民の魂を奪われるわけにはいかんのだ!?
選挙があるたびにこういう主張していて読み飽きた人も多いと思うが・・・。まずい、以前と違って私の本名を公開していた・・・。ということで私、「徳永 健」も立候補します。もちろん冗談!!??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/01

祝!チーム創設8周年!!

Top_100
FC東京は、今日(10月1日・都民の日)がチーム創設記念日!98年10月1日創設ということで、8周年。本当ならこの記念すべき日を勝利で迎えたかった。
チーム3度目、2年連続の6連敗はきつい。次に負けたらチームワースト連敗記録を更新してしまう。ここ数試合、本当に失点が多い。ディフェンスの負傷者が多いので仕方がないかもしれないが、あきらかに守備のミスによる失点が目立つ。今回の新潟戦でも、守備の乱れから、失点以上にピンチが何度もあった。まずは攻撃というより守備の部分を見直さないと。J1昇格初年の00年シーズンは、大熊監督(現日本代表コーチ)の下、「無名軍団」東京が、「全員守備・全員攻撃」の、中村俊輔をして「部活サッカー」と言わしめるプレーで、当時のJ1に東京旋風を巻き起こした。セットプレーからの失点が多いことを察知した大熊監督は、練習でその弱点を克服、以後セットプレーでの失点がほとんどなくなった。倉又監督はこの頃から東京のヘッドコーチだったから、是非もう一度原点に返って欲しいというのが私の気持ち。あの頃はカウンター狙いのつまらないサッカーと言われることもあったが、選手一人一人が情熱のこもったサッカーをしていた。是非あの頃の東京を!あの頃から東京にいた藤山、浅利、土肥、遠藤も頼みます。
それと、平山だけど、私は結構よかったと思う。加入したばかりのルーカスの時のように、サイドに流れるようなことなく、ポストプレイヤーとして前線に張っていたし、自らの役割を心得ていた。緑野小の「ヒラヤマ杉」もとい「ヒマラヤ杉」のごとくそびえたっていた。問題は肝心の平山までボールがつながらないこと。石川の復帰後の活躍に期待するしかないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

細野代議士と山本モナ氏の不倫について

民主党の細野豪志代議士(妻子持ち)とTBSのニュース23のキャスターになったばっかりの山本モナ氏が不倫のニュースに、怒りを隠しきれない。
不倫は夫婦にとって最大の裏切り。両氏とも反省はするものの、辞職などは一切考えていないようだ。
まず細野氏に対して言いたいこと。
たとえ不倫をしていても、ちゃんと議員として能力があり、仕事ができていればいいと言う人もいるが、私はこの考えには断固反対。
不倫は、日本では犯罪ではないが、民法に触れる立派な「不法行為」である。
そんな法律を決める、立法府の議員が不法行為を犯した。これだけで国会議員としては失格である。
(弘兼憲史氏の政治家漫画「加治隆介の議」は私が大好きな漫画で、主人公の政治姿勢に共感を持てたが、不倫を正当化しているようなシーンがある点が断じて許せない)
私としては即刻議員辞職すべきだと思うが、あえて細野氏が今後も議員を続けるというのならば、前回の選挙で細野氏を選んだ有権者にそれを問うべきだろう。議員辞職した上で再度立候補し、有権者が再び細野氏を選ぶのならば、議員を続ければいい。

山本氏に対して言いたいこと
公正中立な立場であるはずのニュースキャスターが特定の政党に所属する政治家と関係を持つこと自体大きな問題だが、それ以前に相手が妻子持ちであることを知って、あえて不倫をしたということが許せない。そういう意味では細野氏より罪は重いかもしれない。そして何のコメントもせず、のうのうとニュース23には出ていることが信じられない。
しかも山本氏のプロフィールを見たが、法学部卒業・・・。細野氏もだが。同じ法学出身の人間としては本当に情けない限りだ。
TBSはプライベートな問題だからコメントしないし、降板もないと言うが、これを視聴者がどう受け止めるかをしっかり見ておくべきである。あえて続けるのならば、最低限、番組上で自ら視聴者に謝罪し、さらに細野氏の妻に直接謝罪をすべきである。慰謝料請求も受けるべき。私としてはこれをしたとしても許さないけどね。

不倫をするということは、どれだけ周りの人達をも不幸にするか。以前身近でそういう出来事があり、私にはすごくよくわかる。
ある誘惑が目の前に来た時、「自分は結婚しているのだから、絶対にここで一線は越えられない」という「倫理観」を持てない人間がなぜここまで多いのか。今回のケースはこれが政治家・キャスターという「公人」だからなおくせが悪い。個人的には、不倫は不法行為ではなく、韓国のように犯罪にして欲しい。
インターネットが普及して、特に女性に対しては誘惑がかなり多くなっている。結婚してからも、ネット上では周りの男にちやほやされて、「自分もまだ女としていけてるんだ」と思って不倫に走るケースも多い。こういう女性に私がはっきり言ってやろう。
「まだ女としていけてるなんて、大きな・大きな・大きな・大きな勘違いだよ!」
逆のケースももちろんあるね。今回は細野議員がその例だろう。「イケメン」だって?フライデーの写真を見たが、不倫をしている笑顔はものすごい醜い顔だったよ!!

個人的な感情が爆発してしまい、スミマセン。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »