« 10月4日の写真 | トップページ | 「和製アマラオ」誕生か!? »

2006/10/05

情けないモビルスーツと戦って、勝つ意味があるのか?

Top_104
今野がガーナ戦フル出場。試合は負けたけど、こうして東京の選手がスタメンフル出場してくれたのはうれしい。
私は仕事でテレビ観戦できなかったが、どうしても観たいというわけでもなかった。所詮は親善試合。勝てばまあうれしい、負けてもそんなに悔しいとは思わない、そんな試合に、地上波で生中継して、それなりの視聴率が取れるのが代表戦。
一方、Jリーグでの東京の戦いは、「絶対に負けられない試合」。代表戦の親善試合と比較しても「重み」が全く違う。サッカーでは代表だけしか興味のない人は、こういった「絶対に負けられない試合」を見る機会はせいぜい2年に1度くらいか。
 一方、我々サポーターは毎年の春から冬まで、ずっとそういう気持ちを味わうことができる。これってすごくない?今、東京は6連敗中で苦戦していて、負けた試合は悔しい。でも、ある意味、「楽しい」んだね。
というわけで、狛江市民の皆さん、是非一度スタジアムに足を運んで下さい。きっとW杯で日本代表を応援した時の「楽しさ」を味わうことができるはずです。「うまくいかない こともあるけど ここに来れば大丈夫」なんですよ!

|

« 10月4日の写真 | トップページ | 「和製アマラオ」誕生か!? »

「FC東京」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42190/12166072

この記事へのトラックバック一覧です: 情けないモビルスーツと戦って、勝つ意味があるのか?:

« 10月4日の写真 | トップページ | 「和製アマラオ」誕生か!? »