« こんなに嬉しいことはない | トップページ | 諸君らの活躍に、期待する! »

2007/04/29

なんて攻撃の仕方だ。誰がコックピットにいる?

Top_176

神戸戦、スクエアー観戦。非常に歯がゆい攻撃だった。特に前半がひどかった。石川・徳永の右サイドからの攻撃が機能していない。特に石川は今のままだと代表復帰は無理。ワンチョペと中盤との連携もよくない。そして采配も疑問。最後の切り札に馬場を入れたが、私なら浅利を下げて茂庭を投入して今野をボランチに上げた。センターバックのポジションから今野が上がってシュートを打ったシーンが一度あったが、中盤にいればもっとそういったシーンが見られたし、中盤の攻撃が活性化できたはず。とにかく「攻撃サッカー」にはほど遠かったぞ。
そして家本主審に感謝しないと(笑)。前半終了間際の塩田のキャッチは、あきらかにゴール内だった。運がこちらの味方をして、アウェイで勝点1を取れたということでよしとするか・・・いや、絶対にそれはできない。決めるべき選手が決めてちゃんと勝つこと。5月3日のホーム鹿島戦は頼みます。
最後にスクエアー観戦に来て下さった皆さん、ありがとうございました。

|

« こんなに嬉しいことはない | トップページ | 諸君らの活躍に、期待する! »

「FC東京」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42190/14880791

この記事へのトラックバック一覧です: なんて攻撃の仕方だ。誰がコックピットにいる?:

« こんなに嬉しいことはない | トップページ | 諸君らの活躍に、期待する! »