« 国歌「君が代」について | トップページ | 和泉多摩川商店街がテレビで特集されました! »

2007/09/28

青い巨星と赤い彗星

Top
あらさんのサイトの掲示板で、応援方法やレプリカについて話題になっており、私も書き込みさせてもらっちゃった。東京サポーターの応援時の服装については非常に興味のある内容だった。東京サポーターは他チームと比較するとレプリカ着用率が非常に低く、ゴール裏も鮮やかな青でなく、紺色や黒が目立つ。
東京のオフィシャルグッズだけでなく、ボンボネーラ系の東京グッズを着用している人が非常に多い。
特に植田朝日氏率いるボンボネーラ系のグッズについては、かつては私は批判的だった。オフィシャルグッズではないため東京の収入源にはならないことなどが大きな理由だった。しかし最近よく考えてみて、別にボンボネーラ系を買うのも構わないかなと思うようになった。なぜかと言えば、Jリーグ創設時は一企業のアマチュアクラブにすぎなかったような東京を今のようなビッグクラブに育て上げた原動力はまさに植田氏らの力によるものが大きかったこと。かつては親会社の東京ガスはクラブを地元東京をホームタウンとするJリーグチームに育て上げる気はなく、チケットも招待券という形で無料で手に入る状況だった。一方の植田氏らはチームへの貢献というためにチームからの招待券を断り自腹で購入を貫き、応援時は現在のように「東京!!!東京!!!」コールをし続けた。東京がホームタウンのチームではない東京ガスから言われてもこのコールを続けた。
応援も非常にウィットの富んだものが多く、これにひかれてサポーターになった人も多いと聞いた。こういった努力の結果、東京がJリーグチームになり、J1に昇格し、現在のような人気チームになった。そういった意味ではボンボネーラグッズ着用を私としては否定できないと考えるようになった。ただ、オフィシャルグッズのレプリカとタオルマフラーをすでに持っている状態でボンボネーラグッズをさらに購入するのが正しいあり方だとは思う。私はまだボンボネーラグッズは一つも持っていないが。ただ、東京のユニフォームスポンサーのパロディのようなTシャツはちょっと。パロディ元の会社からOKをもらっていれば問題はないが。
それと、東京の選手もボンボネーラグッズを着ているようである。これまでのファンブックを見ると、ボンボネーラのTシャツなどを着て写っている選手が何人かいた。
 私は基本的には応援時も観戦に行く時も帰る時も原則としてはレプリカ着用派である。特に狛江市内ではなるべくレプリカ着用で家を出て、スタジアムから家に帰るようにしている。これは狛江市民に対しての東京の宣伝の意味でやっている。以前等々力に川崎戦を観に行った時、アナウンスで自宅を出てから帰るまで川崎グッズを身につけようというキャンペーンを告知していた。こうすることで川崎がもっと元気な街になるとも言っていた。個人的にはこれを東京でもやりたい。東京全域では無理と思うが、我が狛江だけでもやりたい。東京の試合の日は狛江市内がサポーターの力で青赤に染まる、というのを見てみたい。そのためにはFC東京とわかるようなグッズじゃないとだめかな。このキャンペーンを大々的にしていくかは改めて検討。

|

« 国歌「君が代」について | トップページ | 和泉多摩川商店街がテレビで特集されました! »

「FC東京」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42190/16595124

この記事へのトラックバック一覧です: 青い巨星と赤い彗星:

« 国歌「君が代」について | トップページ | 和泉多摩川商店街がテレビで特集されました! »