« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007/11/28

さっかりんを見ている諸君!おごりますよ、マジで!

さっかりんを見ている諸君!のうち・・・・
Top_3

和田さん、奥原さん、小池さん、小林さん、鈴木さん、佐藤さん、遠藤さん、田中さん、加藤さん、堀池さん、阿部さん、石川さん、徳永さん、藤山さん、吉本さん、久保田さん、岡元さん、山尾さん、内藤さん、浅野さん、前田さん、宮沢さん、大熊さん、原さん、今井さん、戸田さん、鏑木さん、榎本さん、馬場さん、三浦さん、藤田さん、川口さん、関さん、福田さん、梅山さん、松本さん、岡本さん、青井さん、林さん、三田さん、星さん、増田さん、近藤さん、松田さん、三田さん、小沢さん、大谷さん、伊藤さん、池上さん、平山さん、吉本さん、今野さん、浅利さん、高橋さん、小泉さん、佐野さん、清水さん、柴田さん、大内さん、森山さん、松村さん、小原さん、吉岡さん、藤井さん、斉藤さん、石井さん、金坂さん、青木さん、風間さん、時田さん、錦織さん、大塚さん、森本さん、広田さん、関口さん、岩瀬さん、早川さん、山中さん、飯田さん、細川さん、宮下さん、富田さん、小野さん、長谷川さん、松島さん、野田さん、藤田さん、堀内さん、今井さん、菊池さん、柏木さん、進藤さん、内田さん、藤川さん、吉田さん、武田さん、大平さん、渡辺さん、武井さん、高野さん、沼倉さん、土屋さん、佐々木さん、安達さん、竹内さん、柴田さん、武本さん、吉川さん、高山さん、水谷さん、中西さん、鎌田さん、三宅さん、山崎さん、福井さん、高田さん、及川さん、太田さん、坂本さん、北浦さん、橋本さん、三橋さん、石田さん、山田さん、島田さん、辻さん、森本さん、塩崎さん、五十嵐さん、小野さん、小島さん、佐々木さん、森さん、山崎さん、堀内さん、立川さん、村上さん、松岡さん、坂田さん、井上さん、山本さん、守屋さん、田丸さん、中野さん、赤坂さん、戸山さん、今度観戦でお会いしたら100円おごりましょう。ただし、一つの苗字につき先着1名様ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貴様こそ、その力を無駄に消耗していると、なんで気がつかん!

Top3
ニコンD300を買ったけど、風邪をひいたり仕事が忙しかったりと、部屋の中で眺めているだけというのがのがつらい。魚眼レンズも買ったので、市内を歩き回って写真を撮りまくり、TOPページに載せたいところだ。周りの人から見るとカメラ本体(レンズをのぞく)だけで23万もするものを買うというのは信じられないようで、先日は会社のスタッフ向けの勉強会で、講座の時間にある先生が「営業の徳永さんはボーナスで何を買うか知っていますか?」とスタッフに質問するという「題材」にもされてしまった。題材になったのはうれしかったけど。
私もここまでデジタル一眼レフに凝るまではたかが写真でこんなにお金をかけるなんて信じられなかった。写真なんて写ればいいと考えていた。
ところが、いざ買ってはまるとこれほど楽しいものはない。コンパクトデジカメと違って、レンズの交換ができたり、ボケをきかせたりと非常に奥が深い。
ハッキリ言うが、カメラ付き携帯電話を持っている人は、コンパクトデジカメなんかを買うのは非常にもったいない。というか無駄遣いだと思う。コンパクトデジカメは2年くらいで旧式になり、すぐに買い替えの時期が来るし、携帯電話のカメラと大きな性能の違いはない(と思う)。
一方、デジタル一眼レフはたとえ本体が替わろうとも、レンズはそのまま使える。本体もコンパクト機よりははるかに長く使える。「1000万画素」のコンパクトデジカメも出ているが、こんな画素数は必要がない。というより画素数が高ければ高いほど売れるというメーカーの戦略にはまっているだけ。力を無駄に消耗しているに過ぎない。画像のきれいさ、奥の深さは画素だけではなく写真を作り出す「撮像画子」のサイズの大きさも重要な要素である。コンパクト機の撮像画子のサイズ面積はデジタル一眼レフ(APS-Cサイズ)の撮像画子のサイズ面積の16分の1である。コンパクトにした以上、この違いだけはどうあがいても一眼レフには勝てない。
というわけで、コンパクトデジカメを買うくらいなら一眼レフを買いましょう!ニコンD40ならレンズ込で6万円以内で買えます。長い目で見たらこっちの方が断然安い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

君を笑いに来た

Top
来シーズンから使用される新1stユニフォーム発表。チーム創設10周年ということで、通常2年サイクルでの変更のところ、1年で変更になった。10周年記念ユニフォームということで、個人的にはFCバルセロナの100周年記念ユニフォーム(99年)のパロディかと思ってしまった。なんとなく似ているんで。そう考えればカッコイイかも。それより、実は東京には幻の「1周年ユニフォーム」(00年)のようなものがあったのを知っているか?99年にナビスコ準決勝キックオフ前に着用した3rdユニフォームのことではない。正確に言うとボンボネーラのアンオフィシャルグッズで、「ユニフォーム」ではないが。バルセロナのユニフォームには胸の中央に「1899 1999」と書かれているのを「1999 2000」と書かれているグッズがあった。これが今の10周年ユニフォームにとても似ていた。00年夏に原宿でサポーターによるイベントがあった時、植田朝日氏が登場して「こんどうちでは1999 2000と書かれたバージョンを出します」と笑いながら言っていた。しかもこのユニフォームが、昨年夏までスクエァーさんに掲出されていた。↓の写真がまさにそれ!後ろのアングルなんでよくわからないかもしれないが。これはこれでカッコイイ。
私は多分来シーズンのレプリカ買うと思う。ちゃんと「TOKUNAGA」のネームを付けてね。背番号はもちろん25ではなく12!
Top4_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/25

さっかりんを見ている君!狛江では甲府戦でこんなことをやるぞ!

Top
12月1日の最終戦は、和泉多摩川地区センターでTV観戦しよう!

http://homepage2.nifty.com/komaetokyo/の写しです。
これまで2年間、アウェイゲームがTV観戦できるお店として、東京サポーターの集いの場でもあった「カフェテリア・スクエァー」さんが11月20日をもって、現在の場所での22年間の営業を終了しました。FC東京を応援する狛江人の会は、スクエァーさんがアプローチして下さる前までは、私を含む2人のスタッフだけで市内の活動を行っていましたが、ここ2年間で一緒にスタッフとして活動してくれる狛江市内のサポーター仲間が一気に増え、子供も入れれば10人以上までになりました。仲間になれたのは、全てスクエァーさんでのTV観戦がきっかけです。TV観戦しに来るサポーターは最初は5~6人のことが多かったのが、今シーズン中盤以降は30人以上集まることもありました。和泉多摩川商店街に東京のバナーフラッグが掲出されたのもスクエァーさんなしにはありえませんでした。そういうことで、スクエァーさんにはお礼をしてもし足りないくらいです。
しかし、閉店というわけではありません。近いうちに同じ和泉多摩川に移転の予定ですが、移転先は現在のように多くのサポーターが集まれる場所ではないため、多くの狛江のサポーターが観戦できる場所を模索中です。
まずは今シーズンのリーグ最終戦である12月1日(土)の甲府戦、和泉多摩川にある「和泉多摩川地区センター」(狛江市猪方4-1-1)でTV観戦会を行います。これはFC東京を応援する狛江人の会としてだけでなく、FC東京サポーターとしても初の試みではないかと思います。
FC東京を応援する狛江人の会は、地元チームであるFC東京をうまく「利用」することによって、市内の経済の活性化をはかりたいと以前から訴えてきましたが、今回の観戦会は、特にその趣旨に則ったものです。
どういった参加形式かというと、会場での「観戦費用」は無料。飲食は持ち込みになります。ただし、条件として食べ物・飲み物は和泉多摩川商店街で買うこと!東京サポーターが自ら商店街で買い物をして、商店街内のお店の売り上げに貢献するという形式になります!もちろん、食べ物ではなく衣料品・日用品など、商店街にあるお店を当日は利用しましょう!東京グッズを身につけてお買い物をすれば、お店も喜ぶし、FC東京に対してもっと力を入れてくれるようになるかもしれません。今回は最終戦ということもあり、実際に今後続けるにしても来シーズンから本格的にスタートということになります。うまくいけばこれがFC東京サポーターの間で話題になり、東京全域に広がるかも??
よくありがちなスポーツバーでの観戦となると、どうしても若者向きになり、子供やお年寄りが一緒に観戦を楽しめるような雰囲気ではありません。スクエァーさんでの観戦も子供からお年寄りまでみんなで楽しめる雰囲気があるのが魅力でもありました。地区センターだとさらにハードルが低くなります。1人でも、家族でも、みんなで観戦を楽しんで、さらには商店街を盛り上げましょう!
狛江の近くではないですが、最近も大きなショッピングモールが多摩地区にオープンしたりと、地元商店街の「シャッター通り」化が進んでいます。先日「地方を殺すな!」という本を読み、このままではいけないと私も実感しました。是非おらが町の商店街を我々東京サポーターの手で守りましょう!
地区センターの地図は↓です。和泉多摩川駅から徒歩5分、多摩川沿いにあります。12月1日はみんなで盛り上がろう!
Izumicenter

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/22

モビルスーツ同士の格闘戦を初めてやったんだぞ

Top_2
待望のニコンデジタル一眼レフDXフォーマットのフラッグシップ機であるニコンD300がついに発売!私はもちろん事前予約しており、入荷の電話が入った!本日(11月22日)買ってきます。すごい楽しみだー。狛江で一番最初に狛江市内の写真をD300で撮影した人間になりたい。FC東京の試合の写真は同時撮影者が何人かいると思う。24日の大宮戦、D300を購入したサポーター同士で初撮影カウントダウンをしたいところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地球に住む者は自分たちのことしか考えていない!だから抹殺すると宣言した!

Top
土肥と福西に戦力外通告。今これを書いている段階では結構心の中は落ち着いているが、昨日知った時は「まさか」と思った。廣永も来期加わるということで、キーパー層が厚くなるため、土肥の戦力外はわからなくもないが、福西にはびっくり。高額年俸から考えても仕方がなかったのだろうが。逆にいえば、来季の補強はとても楽しみではある。監督以外にもコーチ退任など、過去にない大胆な刷新をはかるということで、サポーターからの批判もあって当然だが、フロントもそれなりの覚悟はあっての決断だったのだろう。
スタッフでは、個人的には長澤コーチが退任(公式発表ではないが)が特に残念。01年に就任以来、選手からとても信頼されていたコーチだと聞いていて、昨年のガーロ退任後にトップに復帰した時は嬉しかっただけにとても残念。他の選手が監督やスタッフに後追いしないことを祈りたい。
それとサポーターによるフロント批判もかなりある。ケリー放出以降の補強の部分では私も同感だが、地域活動など、それ以外は大きく評価している。自分達のことしか考えていないどこかのチームや団体と比べてもはるかに素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/20

FC東京を応援する狛江人の会特別企画

Top
狛江市民まつりで実施したFC東京イベント参加者のみなさんへのアンケート結果
11月11日実施。35人の方々が答えて下さいました。ありがとうございました。

1.あなたの性別をお答えください。
□男 20 □ 女 14
2.あなたの年齢をお答えください。
10歳未満 4 □10代 5   □20代 3   □30代 16   □40代 7

3.あなたのお住まいの地域はどちらですか。
□狛江市内 22 □その他 11 世田谷区 5 立川市 1 武蔵野市 1 川崎市 1 調布市 2

4.FC東京というJリーグチームを知っていましたか。
□知っていた 34   □知らなかった 1

5.FC東京の選手で特に応援している選手はいますか。いればその選手名をお答えください。

□応援している選手はいない 9 □特にだれというわけではなく全員 14

□選手名~複数回答可 石川 5 平山 5 福西 3 ルーカス 3 土肥 2 今野 2 馬場 1

6.味の素スタジアムに行ったことがありますか。あれば、どの位。

□行ったことがない  7 □もちろん行ったことがある 28
□1~2回 12 □5回以上 11 □10回以上 5

7.和泉多摩川商店街にはFC東京のバナー・フラッグが掲出されていますが知っていましたか。

□知らなかった 19   □知っていた 16

8.今後、FC東京を応援していこうと思いますか。

□もちろん応援していく 28 □応援しない 0 □どちらとも言えない 6

9.あなたのFC東京に対する思いをご記入ください。→スクエァーに置いている雑記帳「輪っしょい」に掲載。


ご協力いただいた皆さん、どうもありがとうございました!今後も機会があれば実施してゆきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/15

ここを見ている主に「さっかりん」にいる諸君!

ここのリンクを見てくれたまえ。いいことがあるかもよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/14

ああ、アムロ、時が見える

Top

ニュース」コーナーを約半年ぶりに更新。とはいっても巻頭言を写しただけですが。あのコーナーはサイト開設当初は頻繁に更新していましたが、だんだんネタが尽きたのか、気合いがなくなったのか、更新が減りました。しかし、あのコーナーを下から読んでいくと、2000年7月10日に当サイトを立ち上げてからの「歴史」がわかります。まさに「時」が見える!?特にここ2~3年で当サイトを知った方、是非見てください。それと、私のブログのこのページの2005年6月23日の日記から、FC東京を応援する狛江人の会開設・サイト開設の経緯などを書いています。よろしければ是非読んでみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/13

私の父、ジオン・ダイクンが、宇宙移民者、すなわちスペースノイドの自治権を地球に要求した時、父ジオンはザビ家に暗殺された。

Top
予告通り、久々に「日本サブカルチャー」コーナーを更新。
ここをテーマにした巻頭言が、10月にニフティの「旬のブログ」に採り上げられてからというもの、取材が引っ張りだこ・・・というわけではないが、思わぬところからアプローチが来るコーナーとして、今後も盛り上げなければ。
基本的にはSAPIOに掲載された「LOOK JAPAN」の記事の抜粋。
ここの更新をしながら思い出したことがあった。
高校時代、落合信彦の「20世紀最後の真実」とかを読んで、一時的に第二次大戦にはまり、アメリカで制作されたVTRである「THE WORLD AT WAR」という、第二次大戦のドキュメント映像シリーズをレンタルで借りまくっていた。
アメリカ制作ということもあり、アメリカ側の視点のVTRのため、当時戦争に参加した日本軍士官のインタビューでも、英語をしゃべれる人は英語をしゃべり、日本語でしゃべる人は英語吹き替えになっていた。
この中で、真珠湾攻撃時のコーナーで、ハワイに住む日系人が強制収容所に入れられるエピソードがあった。
アナウンスのコメントで、「日本人はよく働くため、すぐに収入で自分たちに追いつかれるから、当時のアメリカ人からは元々よく思われていなかった」というものがあった。
当時の私は、教育のせいもあり、戦時中の日本なんか悪魔の国のような印象を持っていて、そういう認識の中でこのVTRを見て、なんだかうれしくなってしまったことを思い出した。
我々のおじいちゃん・おばあちゃん達、すごい!!

です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/11/12

11日の市民まつり終了。

Top_2
Top3

11日の市民まつり終了。雨が心配されましたがイベント中はほとんど雨が降らず、盛況に終えることができました。かつてはほとんどフロントの方だけで運営、一昨年は狛江サポーターが2人で協力といった感じでしたが、今年はフロントの方々の他に多くのサポーター仲間の手伝いもあって、大いに盛り上げることができました。キッズクラブ新会員になってくれた子供たちも多く、フロントの方も喜んでいましたね。今年の市民まつりは、そういった意味でこれまでで最も成功したイベントかもしれません。狛江以外の地区のイベントで、これだけサポーターの協力ができるところは今のところあまりないようで、そういった意味でもアピールできたと思います。手伝いサポーターが、子供から年配の方々まで男女バラバラで、とても雰囲気が良かったことが多くの親子を引き寄せたような気がします。来年はさらに仲間を増やし、サポーターだけでも運営できるようにしたいですね!
そして、こういったイベントの主役は、やっぱり子供達なんだと感じました。運営団体は補助役ですね。運営団体の都合や考えではなく、子供達がどう楽しんでくれるか、そういう目線を常に東京サポーターとして持ち続けていきたいと思います。
イベント協力参加して下さったFC東京フロントの方々、手伝ってくださった東京サポーターの皆さん、そしてイベント参加して下さった子供達、お父さんお母さん、どうもありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/07

レプリカ着用で狛江に行こう!

Top
FC東京にはレプリカを着用せず、他の東京系シャツを着るサポーターが多いのですが、その大半が「レプリカを来て街中を歩くのは恥ずかしいから」という理由に思われます。確かに青と赤という鮮やかな色なのでそれはわかります。しかしながら、レプリカを着て街中を歩くということは、FC東京について全く知らない人にFC東京をアピールするという「宣伝効果」が少なからずあります。レプリカを着る人が多ければ多いほどその宣伝効果はアップします。特に試合後や大勢のサポーターが集まるイベントなどでは、その行き帰りに一般の人が東京のレプリカを着ている集団を見たら、多分関心を持つと思います。正直なところ、FC東京はJリーグバブルが崩壊後に誕生したチームのため、一般には我々が思っている以上に知名度は低く、東京に住んでいる人でさえFC東京の存在をほとんど知らない場合も多くあります。だからこそレプリカ着用の効果が大きいのです。普段着のような東京グッズもいいですが、サポーターでない人から見るとFC東京グッズには見えません。レプリカのこういったメリットに是非着目して下さい。
11月11日の狛江市民まつりは、狛江市では1年間で最も大きなイベント。狛江市民のほとんどがおまつり会場に足を運びます。だからこの時がチャンス!東京サポーターの皆さん、是非当日はレプリカかプロコンシャツ着用でおまつり会場(市民グランド・狛江一小・狛江市役所がメイン会場)を回りましょう。どうかご協力ください!タオルマフラーよりもレプリカの方がアピールになります。同じユニフォームを着ている人が多ければ多いほど多くの狛江市民の関心を誘います!是非おまつり会場を青赤で埋め尽くしましょう。そしてサポーター同士がすれ違ったら笑顔で挨拶!よろしくお願いします!
また、レプリカを着用するということは、FC東京のチームの名を背負うこと。ポイ捨てや歩きたばこのようなマナー違反は自分だけでなくチームの名にも傷が付きます。絶対にしないように。逆に言えば、レプリカを着ることで東京のサポーターはルール・マナーを守る人たちだということをアピールするチャンスでもあります。さあ、11月11日は市民会場を青赤に染めよう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/06

戦いは非情さ

Top
天皇杯初戦は辛勝。カップ戦は特に結果がよければ。勝てばいい。J1昇格以来、天皇杯では初戦にいつも苦しめられたし。平山がスタメン出場してゴールを決めたのがよかった。これからもスタメンでやって欲しい。特に来シーズンはリーグ戦でスタメンレギュラーになれば得点ランキング入りは必ずすると思う。というか平山本人のためにも、東京の日本人FWを育てるためにもそうしなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/03

ジオンはあと10年は戦える

Top
11月4日は天皇杯。今シーズン残されたタイトルといえばもうこれしかない。今から10年前の1997年、日本全国がワールドカップフランス大会出場で盛り上がっていた。FC東京の前身である東京ガスFCは、天皇杯でワールドカップ予選を盛り上げた川口・井原・城のいた横浜Mを撃破、そして準々決勝では中田英寿のいた平塚を撃破し、準決勝に進んだ。特に準決勝で中田を抑えた功労者は浅利だったらしい。中田は引退したが浅利は10年後も現役でJ1で戦っている。
是非今年の天皇杯は10年前を越えて決勝まで進んでほしい。そしてあの頃を知っている浅利・藤山の活躍を是非見たい。11月4日はみんなで味の素スタジアムへ行こう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/02

地球上に残った人類などは、地上のノミだということがなぜわからんのだ!

Top
自分が撮影した場所なのになぜかわからんのだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/01

私は、ネオジオンの再建と、打倒アムロ以外興味はない

Top
私はボクシングに関しては「ロッキー」以外ほとんど興味がないが(笑)、この前の亀田騒動のニュースは興味深く見た。亀田親子もさることながら、その親子を調子に乗らせたTBSには特にあきれた。ここの放送局は不祥事だらけで本当にいいかげんにしろと言いたい。その中で発見したのがこの記事!我らがFC東京サポーターにとって、MXテレビが最も信頼できるテレビ局だが、こういった記事を見るとうれしくなる!来シーズンの開幕あたりに内藤選手を味スタに呼ぶイベントなんてやってほしいね!特に00年からの東京サポーターは「ナイトウ」コールなら慣れているから!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »