« 戦いは非情さ | トップページ | 11日の市民まつり終了。 »

2007/11/07

レプリカ着用で狛江に行こう!

Top
FC東京にはレプリカを着用せず、他の東京系シャツを着るサポーターが多いのですが、その大半が「レプリカを来て街中を歩くのは恥ずかしいから」という理由に思われます。確かに青と赤という鮮やかな色なのでそれはわかります。しかしながら、レプリカを着て街中を歩くということは、FC東京について全く知らない人にFC東京をアピールするという「宣伝効果」が少なからずあります。レプリカを着る人が多ければ多いほどその宣伝効果はアップします。特に試合後や大勢のサポーターが集まるイベントなどでは、その行き帰りに一般の人が東京のレプリカを着ている集団を見たら、多分関心を持つと思います。正直なところ、FC東京はJリーグバブルが崩壊後に誕生したチームのため、一般には我々が思っている以上に知名度は低く、東京に住んでいる人でさえFC東京の存在をほとんど知らない場合も多くあります。だからこそレプリカ着用の効果が大きいのです。普段着のような東京グッズもいいですが、サポーターでない人から見るとFC東京グッズには見えません。レプリカのこういったメリットに是非着目して下さい。
11月11日の狛江市民まつりは、狛江市では1年間で最も大きなイベント。狛江市民のほとんどがおまつり会場に足を運びます。だからこの時がチャンス!東京サポーターの皆さん、是非当日はレプリカかプロコンシャツ着用でおまつり会場(市民グランド・狛江一小・狛江市役所がメイン会場)を回りましょう。どうかご協力ください!タオルマフラーよりもレプリカの方がアピールになります。同じユニフォームを着ている人が多ければ多いほど多くの狛江市民の関心を誘います!是非おまつり会場を青赤で埋め尽くしましょう。そしてサポーター同士がすれ違ったら笑顔で挨拶!よろしくお願いします!
また、レプリカを着用するということは、FC東京のチームの名を背負うこと。ポイ捨てや歩きたばこのようなマナー違反は自分だけでなくチームの名にも傷が付きます。絶対にしないように。逆に言えば、レプリカを着ることで東京のサポーターはルール・マナーを守る人たちだということをアピールするチャンスでもあります。さあ、11月11日は市民会場を青赤に染めよう!!

|

« 戦いは非情さ | トップページ | 11日の市民まつり終了。 »

「FC東京」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42190/17000473

この記事へのトラックバック一覧です: レプリカ着用で狛江に行こう!:

« 戦いは非情さ | トップページ | 11日の市民まつり終了。 »