« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008/04/30

私はかつて、M1と呼ばれたこともある男だ!

Top_2
本日は昭和の日で休みだが、私はまたまた運悪く夜に仕事が。というわけで大分戦はまたまた行けません。応援歌のごとく、「女よりも 仕事よりも 東京~」と言いたいところだが、私はうかつにも05年11月より本名公開しているもので正体バレバレなものでやれません。こういう時は本名公開したことを後悔するかもね!?
2試合連続となると非常に残念。6日の名古屋戦は行きますんでよろしくおねがいします。

→昨日の記事ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/28

日本のマスコミが伝えない真実

Top

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/27

FC東京バナーフラッグ掲出商店街が増える!

Top
狛江市内では和泉多摩川商店街でFC東京バナーフラッグが掲出されているが、もう一つの商店街でバナーフラッグが掲出予定!近々発表できると思います。狛江がますます青赤に染まります!フロントおよび商店街関係者の皆さん、ありがとうございます。特に市内在住の東京サポーターの皆さん、是非応援協力店・応援協力商店街で買い物・飲食をしましょう!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

長野での聖火リレー

長野の聖火リレーをTVで見た。
厳戒態勢などの雰囲気は予想できたが、予想外というか、非常に違和感を感じたのは沿道で五星紅旗を振る「中国人留学生」の異常なまでの多さである。
はたから見ると「ここは中国か?」と思ってしまう。
大きな力が働いたのだろうが、日本国内で行われる聖火リレーで日本国旗やオリンピック旗がたくさん振られるのならまだしも、開催国とはいえ外国の国旗がここまで沢山振られるというのは、日本が中国からなめられているのかと感じてしまう。しかも五星紅旗を振るのはほぼ100%中国人だ。
仮に2016年、東京オリンピックが行われた場合、聖火リレーが北京を通過したとして、沿道で多くの日本人が陣取って、日の丸を振る日本人が占拠したら中国人はどう反応するか?
それと、マスコミがさんざん「留学生」というが、この留学生は本当の意味での留学生なのか?
私の認識だと中国人留学生の大多数が就労目的で日本に来ているはず。現在コンビニやラーメンチェーンなどで中国人のバイトを本当に多く見るが、彼らがいわゆる「留学生」で、情報によると、彼らの多くが月20万くらいの奨学金が日本から出るらしい。バイトなどしなくても本来の学業に専念できるくらいの金額が我々の税金から出ている。日本との物価の違いなどを考えてもこんなにおいしい話はない。彼らはいずれは帰国し、日本でためた金を中国に持って帰る。学業目的の本来の留学の趣旨をはずれる、こういった現実を放任するのは明らかにおかしい。
それと、彼らがマスコミのインタビューなどで「オリンピックを政治と結びつけるな」と言っているが笑止千万。
過去のオリンピックを見ても、中国は自らオリンピックを政治問題にしていた。

1956年 メルボルン五輪 選手団が現地に到着後にボイコット(理由は台湾問題)
1960年 ローマ五輪 ボイコット(理由は台湾問題)
1964年 東京五輪 ボイコット(理由は台湾問題)■■開催期間中に核実験強行■■
1968年 メキシコ五輪 ボイコット(理由は台湾問題)
1972年 ミュンヘン五輪 ボイコット(理由は台湾問題)
1976年 モントリオール五輪 ボイコット(理由は台湾問題)
1980年 モスクワ五輪 ボイコット(理由はアフガン問題)

そして04年、中国で行われたサッカーアジアカップでも、日本に対する中国人のブーイングも明らかに政治問題と絡めていた。
こんな国に言われる筋合いはない。

聖火リレーでこんな異常事態で、本大会はどうなるか、ある意味楽しみではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/24

シャア率いるネオ・ジオン軍はチベットのラサに、5thルナを落とした

Top
26日のアウェイ清水戦、すごく行きたいが長野の聖火リレーも観に行きたい。とか言って、多分結局どちらも行かない私であった。しかし聖火リレーの段階でここまで大騒ぎになると、本当に北京でオリンピック自体を開催できるのか疑問。ソ連のアフガニスタン侵攻に抗議して日本も不参加表明したモスクワオリンピックの時と比べても、今回の「盛り上がり」方はすごい。現在はインターネットの影響で、一般の人々が一声で集まりやすくなったおかげで、世界中でこれだけの「盛り上がり」を見せているように思う。だからこそ、聖火リレーもオリンピックそのものも観に行きたいが、今回は無理。それに、2018年のFIFAワールドカップは中国開催になるしね(ホントかよ)!?その時には行こう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/21

シャアだ・・・赤い彗星だ

Top
東京の赤い彗星こと赤嶺(ホントかよ)が代表候補トレーニングキャンプに追加招集!東京所属時にFWとして代表候補になったのは、呂比須・福田に次いで3人目(だと思う)。しかしながら移籍組ではなく生え抜きで選ばれたのは初めて(祐介は昨年選ばれたが当時は神戸在籍)。是非正式に代表メンバーになってゴールを決めて、東京だけでなく日本のの勝利後に「シャー」をして欲しいものだ。
そのほかにも一昨日は川崎に勝利、昨日は浦和が引き分けたおかげで東京の3位が決まったりと、この土日はいいニュースだらけだったが、私は風邪で熱が上がる一方で、ずっと家で寝ていた。やっと熱が下がったので今更新をしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/20

認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを

Top


【中国の五輪参加状況】
1956年 メルボルン五輪 選手団が現地に到着後にボイコット(理由は台湾問題)
1960年 ローマ五輪 ボイコット(理由は台湾問題)
1964年 東京五輪 ボイコット(理由は台湾問題)■■開催期間中に核実験強行■■
1968年 メキシコ五輪 ボイコット(理由は台湾問題)
1972年 ミュンヘン五輪 ボイコット(理由は台湾問題)
1976年 モントリオール五輪 ボイコット(理由は台湾問題)
1980年 モスクワ五輪 ボイコット(理由はアフガン問題)

2008年 北京五輪 「オリンピックと政治を結び付けるな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/16

や、やったのか?

Top

今日の磐田戦、行きたいが多分行けない。私がこれまで観戦した勝利の試合で2番目に印象に残っているのが00年4月5日のこの試合(一番印象に残ったのはもちろん04年のナビスコ決勝ね)。前年にJリーグチャンピオンで、スター選手ばかりで女声応援だった(東京ゴール裏では「女声」コールもした)磐田に、昇格したばかりの無名軍団で、サポーターもほとんどが男の我らが東京が逆転勝利。当時一人で観戦していた私の感想は、「おいおい、勝っちまったよ。」だった。多分当時のほとんどの東京サポーターが同じ気持ちだっただろう。しかしその勝利の後、磐田とは相性が悪く、05年に勝利するまでは、ほとんどやられぱなしだった。
今日はあれからほぼちょうど8年後くらいの試合。曜日は同じく水曜日。あの頃も出場していた藤山と浅利も多分今回も出場するだろう。是非あの頃の再現をして欲しいものだ。当時のツゥットの役割を平山が担うということにしたいが、この2人はタイプが違うか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/13

スタジアムに行けない人のためにも

Top
東京ダービーにアウェイで逆転勝利!ついでに言えば野球も東京ダービーで、野球で真の東京たるスワローズも勝った。昨日は仕事関係で千葉でイベントをやっていて、私は午前中そっちに顔を出してからスタジアムに行った。そのイベントでメインの役を務める取引先であり、東京サポーターでもある人に勝利報告をすると言ってスタジアムに向かった。逆転直後にメールを送り、その後ゴール裏で「眠らない街」を歌っている時に、その音を留守電に入れて送った。こっちはアウェイで逆転勝利、そして仕事ではアウェイ千葉でも「逆転勝利」との報告!これは嬉しい!
その方は、今の仕事をする前はソシオだったが、今は土日ほとんど出勤の仕事のため、試合観戦はずっと行っていないとか。他にもそういう東京サポーターはたくさんいると思う。その方は久々にゴール裏の声を電話だが聞くことができて震えたと言っていた。そういうスタジアムに行けない人達のためにも我々も強い気持ちで応援したいと思った。お盆休みくらいには一緒に観戦に行こうと約束した。その時は一緒に観戦している皆さん、是非あたたかく迎えてあげてください!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「受験のシンデレラ」を観た!

 現在公開中の映画「受験のシンデレラ」(和田秀樹監督)を観に行った。どういう映画かと言えば、末期がんに冒されたある受験指導のカリスマ塾講師が、偶然知り合った高校中退で家庭崩壊状態の女の子を東大受験へ挑戦させるといったストーリー。こういう物語はスポーツを題材にしたものならよく見かけるが、受験を題材にしたものは珍しい。

この映画は私が毎月買っている言論誌で取り上げられ、和田秀樹監督のインタビューが載っていたのを見て、「これは観に行かなければ」と思って映画館に走った。実は私自身にとって、この映画の監督である和田秀樹先生は「恩人」であった。とは言っても全く面識はないが、和田先生の著書のおかげで私はなんとか受験を突破することができたのである。私が高校2年の秋頃、部活の先輩から和田先生の著書『受験勉強入門』を勧められて購入、さらに後著『偏差値50から早慶を突破する法』も購入し、これに書かれていることをほぼ全て実行し、参考書もここに書かれているものを主に買った。受験勉強を理由に高校2年の終わりに部活を辞める友達が多く、私もそのつもりでいたが、『受験勉強入門』で「部活は続けろ」と書かれていて、その通りにしたし、これに書かれていることを参考に、予備校による夏や冬の講習も必要最低限しか受講しなかった。

 私自身、高校2年の2学期の時点では受験科目でさえ平均偏差値は50以下だったが、この和田式勉強法で15近くは上げることができた。かといって東大・早慶とまではいかなかったが、自分として納得できるところになんとか現役で合格することができた。

 この映画とプログラムを見ていると本当に過去の自分を思い出す。「京大カード」は私も使ったし、消しゴムを使わなくなったのも和田先生の著書の通りだった。

ただ、現実論から考えるとあれだけ短期間に東大合格へ導くのは難しいと思う。私の頃とは変わっているのかもしれないが、学力が中学生レベルの子が受験科目が3科目で済む私立ならいざ知らず、センター試験を含め、受験科目が多く、国内最難関の東大に1年半で合格するというのは無理だと思う。東大は受験戦争の頂点であり、象徴だからはずせないといったところだろう。

 ストーリーを通して感じるメッセージは、現状だと東大生は金持ちの子供が多く、「格差社会」と言われようとも人生を変えるチャンスは誰にでもある、自らの手で切り開けるといったところか。本当にスポ根ドラマが受験になったという感じである。

受験勉強を映画の題材にすることに拒否反応を起こす人もいるかもしれないが、こういった映画こそ今の我々が観る必要があると思う。競争は悪で、ナンバーワンではなくオンリーワンでいいという風潮、ゆとり教育による子供の学力の低下が問題になっているが、社会に出たら否応なしに競争の中で生き抜いて行かなければならない。それに、受験勉強をしている時はとても大変だが、振り返ってみればとてもいい思い出になる。私もこれまで生きてきて、最も充実していたのが高校3年の18歳の時だった。男子校だったので恋愛とは全く縁がなかったが、部活と受験勉強に燃えていたあの頃の熱い気持は今回の映画の女の子を上回ると個人的には思っている!?

 また、この映画はこれから大学受験をする高校生・浪人生にも非常に参考になるので是非観るべき。勉強法についてもかなり具体的だ。

 そしてもう一つの注目点!映画の冒頭で東大を目指す女の子がスーパーのレジで会計をするシーン。女の子の後ろに商品の棚が写っていて、ほとんどのスペースに私の会社の商品が陳列してあった!しかもかなり長い時間写っていて、あるシーンではブランド名もはっきり見えた!もしかしたらうちの会社がスポンサーになっているのかと思い、エンドロールを見たが載っていなかった。これは思いがけない喜びだったぞ!ということで、私と同じ会社の人は必見かな!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/11

東京ダービー圧勝記念式典のお知らせ!!

Top
12日の東京ダービー後にペーニャ狛江主催東京ダービー圧勝記念式典を実施いたします。サポーター同士、観戦後も盛り上がりましょう!

《日時》
4/12日 19時頃から開始(味スタでの試合終了後)
《場所》
飛田給choito(イタリアンカフェ&バー)
http://www.choito.jp/index.html
《会費》
全額自己負担(自分の食べた分だけ支払い可能)のみ

『ペーニャ狛江』と銘打っておりますが、特に狛江在住でなくとも大丈夫です。
東京が好きであれば問題なし。
(ペーニャ狛江には埼玉県の方や三鷹の方もいらっしゃいます。)
試合は行けなかったけど、式典(笑)だけでも行けるかもって人も問題ありません。
お暇でしたら、是非是非おいでください。

また、入室・退室の時間はご自身のご都合に合わせて、
ご自由にご参加・ご帰宅いただきまして構いません。
少しの時間での参加ももちろん大歓迎です。
参加希望および質問はこちらまで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/09

サポーターの力で狛江を青赤に染めよう

Top
いよいよ12日(土)は東京ダービー。アウェイゲームなだけに、スタジアムを青赤に染めて、ヴェルディのサポーターを圧倒したい!個人的にはスタンドを色で圧倒したいが。こういう時はレプリカ着用に限る。シャトルバスに乗る時から帰りまで青赤ユニフォーム着用で行きましょう!狛江はただでさえ東京ダービーエリアになりつつある!こういう時こそサポーターの力で狛江を青赤の街にしよう。狛江駅北口シャトルバスのバス停でも青赤で圧倒!試合でももちろん圧倒!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/07

勝利の栄光を、君に!

Top
ホーム初勝利!しかし私は現場にはいられませんでした。3月過ぎても結構忙しかったりします。週末の東京ダービー(アウェイ)は多分行けると思います。当日はまたもや仕事現場である千葉の某所で、で元ソシオの取引先の人が頑張ってくれるので、彼の分も応援し、必ずや勝利の栄光を捧げてみせます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/01

「ペーニャ狛江」発足イベント

Top
「ペーニャ狛江」発足イベントである大花見大会(3月29日実施)が盛況に終えることができました!とはいっても私は仕事で行けませんでしたが、盛り上がれたのは嬉しい限り。東京グッズを身に付けて参加された方多数だそうで、楽しめたと同時に狛江市民にFC東京のアピールもできたかも。
今シーズンスタートして間もないですが、チームだけでなく、狛江でもペーニャ発足をはじめ、新たな試みがスタートしつつあります。狛江をFC東京ホームタウンの中でも最も熱いエリアにしたい、いや、します!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »