« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008/07/29

東秀狛江店が閉店

Top
特に1980~90年代に学生や独身サラリーマンだった狛江市民にとっては非常に馴染みの深いお店が東秀狛江店(開店当初は「ラーメンギョーザ」という名称の看板だった)。狛江サブカルチャーでもここはサイト開設当初から取り上げていた。今でこそ「東秀」と言えば「オリジン弁当」で有名だが、かつては中華料理チェーンがメインだった。そのかなり初期のお店が東秀狛江店。確か1980年くらいにオープンして、小学生だった私はよく家族でここへ行った。1988年あたりには狛江市役所前店もオープンし、それなりに繁盛していた。
しかし、ここ十数年のラーメンブームによる人々のグルメ志向への変化や競合店の出店などのせいか、ついに6月末、28年の歴史に幕を下ろした。狛江市役所前店はまだ残っているものの、あの駅近くながらかなりへんぴな場所にある東秀が結構好きだっただけに残念。かつて向ヶ丘のダイエーにあったラーメンチェーン「寿がきや」の閉店も残念だったが、狛江市内ということもあり、東秀の方が身近な存在だった。味は寿がきやの方が好きだったが。
というわけで、狛江サブカルチャーコーナーの年表を更新!サブカルチャー的には狛江にとって大きな出来事だと思う。狛江の一つの時代が終わったという意味で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/27

28日の狛江夏まつりでFC東京うちわ配布

Top_2
28日の狛江夏まつりでのFC東京うちわ配布終了。昨年同様、「完売」!うちわはもらってくれる人が多くてうれしい!こうなったら来年はFC東京を応援する狛江人の会オリジナルうちわも作ってバス停で配布するか!?
夜は盆踊りで恒例の「こまえ音頭」。私が踊れる唯一の盆踊りが「こまえ音頭」だが、今回は踊るのが恥ずかしかったので写真撮影のみだったが、「こまえ音頭」は本当に胸にジーンと来る。小学校では毎年運動会でやっていたし、中学でも体育祭で踊った。当時は何も考えず踊っていたが、社会人になって初めて狛江を離れ、福岡に赴任。しばらくたって東京へのホームシックに悩まされていた時期、お盆に狛江に帰省した時、たまたま狛江市役所で盆踊り大会をやっていて、「こまえ音頭」が流れた時、なつかしさと郷土があることの喜びで思わず目に涙してしまったことがあった。郷土愛とはこういうところから生まれるものだと思う。狛江市内の小中学校では今運動会や体育祭で「こまえ音頭」をやっているのだろうか。もしやっていないのならやるようにすべきだと思う。子供達のためにも。
この「郷土愛」、FC東京に関しても同じだということは、当サイトでこれまで何度も主張してきたのでみなさんわかるでしょう。東京を応援することで我等の街、東京への郷土愛がさらに深まるのはサポーターなら身にしみてわかるはず。
 来年は青赤グッズ着用でサポーターのみんなで「こまえ音頭」を踊りませんか??ちなみに歌詞と音楽のMP3ファイルは市役所サイトのここに掲載されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々に駅前にて狛江人会チラシ配布実施!

Top


26日の横浜FM戦前に、FC東京うちわ&狛江人会チラシ配布実施。チラシではフラッグ掲出商店街・協力店紹介、8月9日の名古屋戦スクエァー観戦告知、ペーニャ狛江案内などを掲載。一人で配布は恥ずかしかったけど、うちわと一緒に配ったためか、用意したチラシ100枚がすぐになくなりました!もう少し印刷していればよかった!受け取った方、是非よく読んでくださいね!特に8月9日の名古屋戦は定員10名のため、事前予約は必ず!市内のサポーターの輪を広げましょう!名古屋戦前でも食事などに是非足を運んでください!青赤雑記帳への記入も是非!
そして本日27日、みんなの狛江夏祭りにて夕方よりFC東京うちわ配布いたします。配布場所は狛江駅から会場である泉龍寺に行く途中の遊歩道にある狛江商工会テント前にて!レプリカ着用しています!通りかかった方、是非声をかけてください。「サイト見ている」と言ってくれたらさらにうれしいので、狛江とFC東京とのサイト非公開情報教えます!?
横浜FM戦は最悪だったけど、FC東京を応援する狛江人の会は盛り上がったと思います。狛江からはこれからはさらに熱く支援するので、チームも熱く盛り上がってください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/25

夏祭りの日こそレプリカ着用で観戦に行こう!

Top
今日は横浜FM戦の日ですが、泉龍寺で「みんなの狛江夏祭り」も行われます。何度もこちらでアピールしている通り、レプリカやプロコンシャツの着用はFC東京に全く興味のない市民に対して、狛江市内にこんなにたくさんのFC東京サポーターがいて、地元のチームなんだということをわかってもらえる大きなツールです。ユニフォームに近いデザインで、サッカーチームだとわかる服装でなければこういった方々からはFC東京だと認識してもらえません。今回はシャトルバス停にて私は狛江人の会発行チラシ配布と夏祭り会場の泉龍寺にてFC東京うちわ配布をしますが、狛江市内の東京サポーターの皆さん、是非こういう多くの市民が訪れる場で青赤をアピールしましょう!街灯バナーフラッグだけでなく、我々の力で一時的にでも青赤に染めることは大きなインパクトです。
チラシ配布とうちわ配布を手伝ってくださる方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。当日飛び入りでもいいですよ!そして是非受け取ってください!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/24

7月26日、味スタを狛江市民で埋め尽くそう!

Top
京都にアウェイで引き分け。これで2試合連続引き分け、再開後白星なしが続くが、アウェイであることと、先日鹿島を破った京都にロスタイムで追いついたということでよしとしよう。浦和が負けたし、まだまだ上位狙えるわけだし。一方、ヴェルディが勝って、うちとの勝ち点差も3になっている。やはりヴェルディだけには順位で負けたくないだけに、今後は勝ち点を積み重ねなければ。次節は横浜FM戦。6連敗中だが、それだけに向こうは選手もサポーターもに相当モチベーションを上げて来るだろう。でも絶対勝たせるわけにはいかない。こっちも意地を見せて必ず勝つ!そのためにも多くの人々の応援が必要。味スタを狛江市民で埋めよう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/20

東京グッズを身につけて「狛江音頭」を踊ろう!?

Top
本日7月20日は多摩川いかだレース。FC東京もスポーツボランティアの方々が参加されています。行ける方は青赤グッズを身につけて応援に行きましょう!
そして7月26・27日に泉龍寺で行われる「みんなの狛江夏祭り」では、狛江商工会テント付近でFC東京うちわを配布します。昨年もFC東京を応援する狛江人の会スタッフが2名でうちわを800枚も用意してもらって「こんなに配れるのかな?」と不安な中配布したのですが、あっという間になくなりました。しかも祭に来ている多くの方々がFC東京うちわを持っているというとても素晴らしい光景で、すごく感動しました。今年も同じ光景を見られることは間違いありません。市内在住の東京サポーターの皆さん、是非当日は泉龍寺に足を運びましょう。26日は横浜FM戦があるので観戦前に立ち寄りましょう。そして27日は夜、東京グッズを身につけて「狛江音頭」を踊りましょう!少なくとも狛江の小中学校を卒業している方は踊れない人はいないでしょう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/07/19

お詫び

Top
14日の更新の巻頭言で、1-4で敗れた鹿島戦についてのコメントをした際、「『行かないで良かった』の結果になってしまった」と書きました。括弧を付けて、「行かないで良かった」と書いたことからも、本心ではそう思ってはいませんでしたが、もし自分が観戦に行った側で、他の行かなかった人にこんなことを書かれたらどう思うかを考え直しました。その結果、観戦に行かなかった人間がこういった文を書くこと自体、非常に軽率であり、遠く鹿島まで観戦に行って選手たちを最後まで応援し続けたファンの方々、選手およびチームの方々に大変失礼っだったと気づきました。
 私自身、FC東京を応援する狛江人の会の創設スタッフとして、狛江にFC東京の魅力を広め、盛り上げる役割を果たしたいと考え当サイトを運営し、運営責任者として、自ら運営しているサイトは自ら前面に出て責任を取るべく、05年11月に本名も公開したのですが、その前面に出ている私自身が、サイト上で仲間であるFC東京サポーターを傷つける発言をしてしまいました。
当サイトは管理人である私徳永健の個人サイトではありますが、「FC東京を応援する狛江人の会」を前面に出している以上、その組織を紹介するサイトという側面が少なからずあります。そういったことを考えても軽率すぎました。今回の発言はあくまで私自身の失言であって、FC東京を応援する狛江人の会の、組織としての考えでは全くありませんが、狛江人の会関連のメインのサイトとして市内掲示板やチラシなどでも告知している以上、私以外のスタッフ・当サイトを頻繁に見ている方々にかけた迷惑ははかり知れません。
この場をお借りして、心よりお詫び申し上げます。今後は初心に帰り、自らの発言に責任を持って、二度目はないという気持ちでサイト運営をしてまいります。
大変申し訳ございませんでした。
                                                                 平成20年7月19日   当サイト管理人  徳永 健

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/15

ルーカスがいるチームに負けるわけにはいかない。

Top
鹿島に完敗。千葉から鹿島はそんなに遠くないので行こうかと思ったが結局行かなかったが、残念ながら「行かないでよかった」の結果になってしまった。「行っていればよかった」と後悔させてほしかったのに。やはり鹿島は強かったということか。次節は水曜日のG大阪戦。こちらも強敵だが、ルーカスがいるチームに負けるわけにはいかない。意地でも勝たねば!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/12

市内の商店街活性化には今がチャンス!!

Top_2
ガソリン代が高くなり、車に乗るのをなるべく控えるようになった人も多いと思う。地球環境にはいいらしいし(私は個人的にはCO2排出が地球温暖化の原因とは全く考えていませんが。ここ参照。でも渋滞や交通事故が減るという点はあるかな)、そういった意味ではいっこうに構わないのだが、私が仕事で担当しているエリアはまさにクルマ社会のエリア。業績が悪いのを勝手にこのせいにしたいところだが(笑)、逆にいえば電車や徒歩・自転車で通える都内の商店街にとっては大きなチャンスである。狛江市内の経済活性化を何度も当サイト上で訴えてきたが、車で市内に買い物に行く必要のない狭い狛江はなおさらである。これまでは商店街が大型店に勝つ手段はないと思っていたが、こういった事態は想定していなかった。
狛江でも市としてそういったことをアピールしたほうがいいと思う。少なくとも私が市長の立場なら「市内のお店で買い物・飲食キャンペーン」を大々的に広めるが。今、狛江は公開中の映画「純喫茶磯辺」や来春公開予定の狛江が舞台の映画「ドロップ」があったりと、今もこれからも大きく注目を浴びる地区である。FC東京サポーターにとっても今非常に注目を集めつつある、かな!?
市内のお店の皆さん、是非立ち上がりましょう!そして市民、とくにFC東京サポーターの皆さん、何度も言いますが、ボーナスシーズンは市内のお店で買い物・飲食を!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/07/10

サイト開設8周年!

Top
当サイトも今日で8周年。9年目に入ります。00年6月20日頃にネットで知り合った東京サポーターと2人で「FC東京を応援する狛江人の会」を創設(当時のエピソードはブログのこの辺、05年6月23日の記事以降に載っています)、まだパソコンの知識もそんなになかったのに、短期間限定のつもりで、とりあえず勢いで開設したこのサイト、気づいてみればもう8年目。個人サイトのほとんどがブログ化する中、開設当時とさほどレイアウトが変わることなく(単に知識がないだけですが)なんとか更新を続けております。
ここで当サイトがナンバー1だと思える点をいくつか挙げます。1つ目は、FC東京系個人サイトおよび狛江系個人サイトとしては、ブログではないサイトとしては更新回数ナンバー1と思われる点。当サイト開設当時はいろんなサイトがありましたが時代の経過とともにかなり減ってきました。開設当時は狛江関連のコンテンツ中心で、TOPページ写真もなかったのですが、一人でも多くの狛江市民に毎日のように見てもらい、間接的にでもFC東京の存在を知ってほしいと考え、毎日何かしら更新をしていました。そのため、当時はサイト読者の実に8割以上が「FC東京について全く知らない狛江市民」という、FC東京系としては異色サイトでした。今は多分そこまでは行きませんが、狛江系読者は多い方だと思います。今は毎日更新する気力はありませんが、TOPページ写真の切り替えという我ながら素晴らしいアイデアを考えついたので、少なくとも今でも週1回以上は更新しているんで、多分開設以来のサイトそのものの更新頻度はナンバー1でしょう。
もう1つナンバー1と言えるのは、Jリーグ系個人サイトとしては「地域密着度」ナンバー1という点です。私自身が勝手にそう思っているだけですが、少なくともFC東京系個人サイトではナンバー1という自負はあります。地元ネタをここまで掲載しているFC東京系サイトは知っている限りでは多分他にはないと思います。これは先述したように、「FC東京について全く知らない多くの我が故郷狛江の人々に、地元代表チームがあるんだよということを、間接的にでもいいからどうしても知ってもらいたい」というサイト開設時の狙いです。これは自分としてはかなり当たったと思います。是非他の地区で同じことをしてくれるサポーターが現れることを望みます(笑)。
 FC東京を応援する狛江人の会に関しては、大それた名前をしていながら、実は長い間2人だけで細々と活動していましたが、ここ2年ほどでスタッフが増え、3つの商店街でバナーフラッグが掲出され、ペーニャも誕生し、狛江市内でもそこそこ名前の知れた団体にまでなりました!?
 これもFC東京フロントの方々、市内のお店の方々、FC東京サポーターの方々、そして何より当サイトを見ていただいている読者の皆さんのおかげです。私はサイト開設時は20代後半でしたが、知らぬ間に!?30代後半になってしまいましたが、10周年は必ず目指します!その時の年齢は、考えたくない・・・・・・・・・・・・・・。
とにかく、どうもありがとうございました。そしてこれからも狛江とFC東京の架け橋の役割を果たし、さらに狛江の街を青赤に染めるべく努めて参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/08

「純喫茶磯辺」に次いで狛江が舞台になる映画、現在撮影好調!

Top3
現在公開中の「純喫茶磯辺」と並んで、狛江が舞台となる映画「ドロップ」が現在撮影好調!オフィシャルサイトもできていた!そこを見ると、品川の出身中学の狛江三中ならぬ小説で登場する「狛江北中」の写真が!さすがに三中では撮影できなかったようだ。サイトに掲載されてい写真を見る限りでは、実際の三中の方が味があっていいと思うぞ!単に私の母校だからそう思うのかもしれないが。なお、三中の正門は↑の写真。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/07

映画でFC東京フラッグが何度も登場!

Top
FC東京応援協力商店街である和泉多摩川商店街で撮影された映画「純喫茶磯辺」を観に行った!予告編でもFC東京バナーフラッグがチラリと見えたので、本編では何度も見られると期待しながら観に行ったが、予想を大幅に上回る露出度で、FC東京フラッグが何度も登場!かなりアップになるシーンや、ラストシーンなんかはまさに和泉多摩川商店街が「青赤商店街」になっており、あのフラッグを取り付けたのがFC東京を応援する狛江人の会スタッフということで、とても誇らしく感じた!はっきり言ってFC東京がこの映画のスポンサーなのではないかと見間違うくらいだぞ!
和泉多摩川商店街のそれぞれのお店が、店名がわかるくらいのアップで登場。セイシンさん、エノモト文具さん、ドモトさん、八百修さんなどもはっきり写っていた。八百修さんに貼ってあったFC東京ポスターも見えた。エンドロールとプログラムでもでも和泉多摩川商店街がしっかり載っている。
映画の内容はネタバレになるのでコメントは控えるが、狛江市民およびFC東京サポーターなら必見の映画である!見るべし!そして和泉多摩川商店街でお買い物・飲食をすべし!
なお、私が作ったこの動画でも、撮影で使われる前の風景が写っています。
そして来年は狛江が舞台の映画「ドロップ」が多分公開予定!今、狛江から目が離せない!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/07/06

またもや浦和に敗戦

Top_3
またもや浦和に勝てなかった。私は木更津で仕事があった(また元ソシオの人と一緒に仕事をしました)ので観戦できなかったので具体的なコメントは避けるが、浦和はかつては超お得意相手だったのにもかかわらず、04年のナビスコカップ決勝以来、一度も勝てない。ホームでの試合は8月16日。必ず勝ってお盆休み明けを笑顔で迎えたい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/02

ニコンがD700を発表。

Top_2
ニコンがいきなりD700を発表。カンベンしてー。次はD400かと思ったらD700、しかもフルサイズフォーマットで・・・・。とても誘惑に駆られるが、今回はさすがに発売時には手は出せません。フルサイズと言えど、D300より10万も高いし。私の今後の予想。秋から冬にかけてD60の後継機D60sが発売。ライブビュー機能搭載。そしてD3の後継機D4が登場。EOS1Dに対抗してフルサイズ2000万画素CMOSが出ると見た。D700のスペックを見る限りでは、D3後継機発売は間違いないと見た。D3が最上位機種でFXフォーマットなのに画素数D700以下という現状から考えて絶対に間違いない。この予言がはずれたら罰としてD700買います!?
専門用語ばかりですみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうすぐサイト開設8周年!

Top
7月に突入!7月は私が年間で最も好きな月。7月生まれなもので。でももうこれ以上年を取りたくないないけどね~。サイトの開設日も7月10日で、今年で8周年。開設当時はまだ20代後半で、同年代の選手も多かったが、いつの間にか・・・・・。なお、私は東京の初代10番、現ヘッドコーチの奥原氏と同じ年です。さらに言えば私が初めてJリーグの試合を見た時に、最初にゴールを決めた選手が奥原選手でした。ここ参照ね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »