« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008/12/31

狛江では、FC東京サポーターが不況を救う!?

Top
http://homepage2.nifty.com/komaetokyo/
の巻頭言より転載

天皇杯決勝進出ならず。
何度も取り上げている取引先の東京サポーターの人(普段仕事の都合でほとんど観戦に行けない方)と一緒に観戦に行く約束をして、チケットを買っただけに残念。
準決勝の29日は仕事で、たまたま営業車に載っている最中にラジオが流れていたので後半だけ聴けた。
こっちは元柏の鈴木が決めたが、元東京の李に逆転ゴールを決められるというのは非常に悔しい。
これで東京の今シーズンは終わった。元旦まで観たかったが、ここまで楽しませてくれた選手・監督・フロントの皆さん、ありがとうございました。
私はというと、12月は東京の活躍以前に仕事がきつかった。
肉体的というより精神的に。
言いわけだが、だからサイト更新もままならなかった。
基本的にお店回りの営業なので、今のマスコミが不況による危機感をあおるような報道の影響で、買い控えかランク下げの消費者が圧倒的に多かった。
実際に不況なのはわかるが、それをさらにあおるような報道は止めて欲しい。
売上が厳しく、現場に「あといくら」という指示がどうしても出せず、間接的にだが上から怒られた・・・・。
この影響は狛江市内のお店にも出ているのではと心配になるが、こういう時こそ市内のFC東京サポーターの力が必要。
市内で年末年始を過ごすFC東京サポーターたるもの、是非年末年始は狛江市内のお店で飲食とお買い物!これ常識!


にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/12/26

「サポ」よりも「ファン」

Top

http://homepage2.nifty.com/komaetokyo/
の巻頭言より転載

FC東京のチームとしてのこだわりの一つ。

FC東京は、チームとしては公式に「サポーター」と呼ばず、「ファン」と呼ぶようにしている。

サイト上でも「ファンのみなさまへ」という呼びかけをしているし、ヴェルディが「サポーターズクラブ」、川崎が「後援会」と呼ぶ中、FC東京は「ファンクラブ」である。

Jリーグでは、「サポーター」という呼称が一般的だが、「サポーター」という呼び名は、特にサッカー観戦をほとんどしない人にとっては、ゴール裏で飛び跳ねて応援する、熱烈な人達をイメージするのだろう。
そういった意味で、FC東京を応援する人達を全て「サポーター」と呼ぶのは、新たに応援する人を増やす間口を狭めてしまう可能性がある。
スタジアムに行く人も行けない人も、FC東京を応援する全ての人達を一つの言葉として表わすならば、「ファン」がふさわしい。
だからFC東京は「ファン」と呼ぶことにこだわっているというようなことを何かの記事で読んだことがある。
J1に昇格した時、インタビューを受けた大熊監督(当時)が「ファンの皆様のおかげです」と語っていた。
当時の東京は「無名軍団」で、それを応援するのは、サッカーについてよく知っている、コアな「サポーター」ばかりだったが、それでも「ファン」にこだわっていた。
それに、スタジアムを満員にするという夢を実現させるなら、「新規開拓」が欠かせない。
その新規開拓には「ファンを増やすこと」と言った方が間口が広く感じる。
私はFC東京を応援するようになって、わずか9か月ほどで当サイトを立ち上げたが、当時は新参者だったためか、開設時からあったここのコーナーでも「私がFC東京ファンになった訳」と書いた。FC東京のことを全く知らなかった人間がいきなり「サポーター」とは書きにくかったのだと思う。
「ファン」という呼び方に違和感を感じる人もいるが、私はこのこだわりには賛成。

私の考える「ファン」はチームにとってはお客様に近く、「サポーター」はお客様というより、チームが強く愛されるために共に歩む協力者という位置付けである。
当サイトでは「サポーター」と「ファン」が混同しているが、このような位置づけで、使い分けているつもりである。

そして、FC東京を応援する狛江人の会の目的は、狛江を青赤に染める、つまり、「狛江市内にFC東京ファンを増やすこと」である。
このことはとてもやりがいがあるが、実際はかなり難しい。
「ファン」から「サポーター」になるのはかなりの確率でやれると思うし、これはチームに任せていいことだと思う。
しかし、全くFC東京に興味のない人を「ファン」にまで持っていくのは非常に困難だが、我々もチームもこれをやっていかなければスタジアムを満員にはできない。
現在はペーニャの存在や、ミクシィなどのSNSが普及していることにより、サポーター同士が容易に集まりやすくなっている。
しかしこれだけでは既にFC東京を応援している「サポーター」の輪が広まっているだけで、FC東京を応援する「ファン」の総数が増えているとは言い難い。
そこから一歩外に踏み出さねば。
ファンを増やすのはチームのやるべき仕事と多くの人が考えると思うが、サポーターの輪が広まった現在、我々も何かできることはないだろうか。
周りの知人を観戦に誘うことも必要だが、それ以上に、地元の人達が「観戦に行ってみようかな」という気持ちにさせること、これの方が多くのファンを増やせると私は思う。
フロント批判する人もまずはチームの成績だけでなく、Jリーグバブルが崩壊してから誕生したチームで、決して強くはないのにJリーグで観客動員数3位をキープしてきた実績は評価すべき。
常にスタジアムが満員になれば、観客動員数で2位、少なくとも4位を1万人以上引き離せる。
スタジアムが常に満員になれば、必ずチームは強くなる。
チームが強ければスタジアムが満員になるかといえば、私はそう思わないし、大物選手が入れば観客が増えても一時的な現象に過ぎない。
1試合平均3万人を突破するというのが一つのハードルだが、このハードルを乗り越えるには我々「サポーター」も何らかの協力をする必要があると思う。
少なくとも狛江では今後、サポーターに協力の呼びかけは行っていきたい。

ちなみに
「サポーター」を略して「サポ」と呼ぶのは個人的には嫌い。
植田朝日氏もかつてブログで語っていたが、なんか響きが嫌だ。
少なくとも「サポ」と呼ぶなら「ファン」と呼んだ方がずっとマシだと思う。個人的な意見だけどね。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/23

1月11日!狛江市内のFC東京ファン代表としてロードレース出場予定!?

1月11日に、狛江多摩川ロードレース大会開催との情報!

サイト上で何度も告知した通り、私は狛江市内のFC東京ファン代表!?として出場予定!

初出場ということで、レプリカ着用で参加してFC東京をアピールできればと考えています。

宣伝の意味合いで、レプリカに自分の所属する会社のロゴもつけるかも。

5kmの部に出場予定です。
成績よりも見た目で目立つ!?

それまでに体重を60kgまで落として身軽になれる・・・かな!?

FC東京ファンの皆さん、是非当日は「トクナガ」コールをお願いします!?

一緒にレプリカ着用で参加してくれる人、さすがにいないかな~?

どちらにせよ一人であの目立つ格好は恥ずかしいので、是非東京グッズ着用で見に来てください。


過去の大会の模様は下記参照

http://kpress.weblogs.jp/news/2006/01/post_cca9.html
http://www.k-press.net/news/news200401/040113/04011302.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11年ぶりに天皇杯準決勝進出!

Top

http://homepage2.nifty.com/komaetokyo/
の巻頭言より転載

天皇杯準決勝進出!
実に天皇杯は11年ぶりの準決勝。
私がFC東京の前身である東京ガスFCの存在を知ったのはまさにこの11年前。
当時は福岡赴任中で、テレビをかけていたら、東京ガスFCがJリーグ勢に勝って準決勝まで進んだというニュースをやっていた。
この時は「ふーーーん、すごいな」という程度の感想。
翌年福岡から横浜に転勤、そして99年ふとしたきっかけでFC東京の試合を見て、ここまではまるとは思っていなかった。
是非準決勝では11年前を知っている、藤山と浅利の活躍が見たい。
29日は私は仕事なので行けないが、もう決勝のチケットは購入済み!
仕事の山場を乗り越えて、元旦に是非祝勝会をさせて欲しい!


にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/16

映画公開を機に狛江を木更津のように人気のある町に

Top

http://homepage2.nifty.com/komaetokyo/
の巻頭言より転載
年3月公開の狛江が舞台の映画「ドロップ」の前売り券購入!!
とりあえず1枚だが、仕事でエリア売上コンクール前年クリアした場合、担当のスタッフ18人全員に自腹で前売り券プレゼント予定。
何といっても私がいた学校の私がいた時期の物語であり、私自身が少し出演するので一人でも多くの人に見てもらいたい。

この「ドロップ」公開で、やり方次第では、狛江の町おこしが可能だと私は考える!
映画「木更津キャッツアイ」公開で、木更津が全国の注目を受け、今も若者に人気のある町になっている。
実際地価も上がっているそうだ。
私自身、仕事で木更津を担当していいるが、それを肌で感じる。
木更津キャッツアイのポスターなどが町中に見られ、商工会議所にも大きな寄せ書きボードがある。

そして「ドロップ」は狛江が舞台の映画。
これを利用しない手はない。
ただ、映画そのものが狛江市が協力しているわけではないのと、狛江市内で撮影したという情報が今のところないのがネックだが。
少なくとも狛江の名前が全国で知れ渡るのは間違いない。

映画公開を機に、狛江を盛り上げる何かいいアイデア、ないかな!?

個人的な希望だが、以前取り上げた通り、試写会をエコルマホールでやってもらうことと、プログラムに1ページでも狛江の紹介を載せてくれれば嬉しい。
私自身はサイト上で狛江の紹介をしていくつもり。

映画会社の了承もあるわけではないので、できる範囲になるが、なんとか盛り上げたい。

なんせ、映画の主人公のモデルが自らのブログ上で、

「狛江の名前売るんだよ!」と言っているんだし。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/15

地元商店街の方々とFC東京サポーターが一緒に

Top


http://homepage2.nifty.com/komaetokyo/
の巻頭言より転載

Top1


和泉多摩川商店街の「歳末福引大売り出し」の手伝いに参加した。
アピール好きの私はもちろん、青赤グッズ着用で。
背中に大きなFC東京の「T」のロゴがあるポンチョを着用。多分目立ったと思う。
福引は開始から終了まで途切れることなく、大盛況だった。(参加された皆さん、福引券の枚数を数えていたのが私です)
和泉多摩川商店街では、ここ2年ほど、何かイベントがあると必ず手伝いの依頼を受ける。
我々狛江市内のFC東京サポーターにとって、これほどうれしいことはない。
商店街の方々が我々を頼りにしているということでもあり、市内のFC東京サポーターというだけでなく、FC東京というチームそのものにも関心を持ってくれているに違いないわけだから。
今回、あるお店の方の「俺もFC東京応援しなくちゃな」という一言がとてもうれしかった。
こういったことを市内の他の商店街だけでなく、都内全域に広められれば、ソシオ3万人・味スタを満員にするという目標は達成できると思う。
狛江から是非この動きを広めたい。
これを読まれた東京サポーターの皆さん、是非ご意見ください。


にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/13

2か月で8kg減量。

Top

http://homepage2.nifty.com/komaetokyo/
の巻頭言より転載

10月10日に71kgあった体重が、ついに63kgまで減った。
実に8kg減量。
2ヶ月間でここまで減るとは!
さすがに周りからも驚かれた。
老けこんだと言われることも・・・・。
ということで現在スキンケア実施中!
これまでは洗顔だけだったのに。
洗顔・化粧水・美容液・乳液・クリームとやっておりますよ!
乳液はマッサージしながら使っています。
たまに角質ケアやエッセンスマスクまで。
女々しいかもしれんが、なんせ私は10年以上「業界人」なもので。
でも男らしく、スキンケアはやってもメーキャップはやりません。当り前か!
とりあえずダイエットは継続。
こうなったら高校1年で水泳をやっていた時期までの60kgまで行くか?
このストーリーを私が入っている狛江SNSに書くかな??
また、以前宣言したとおり、来年1月開催と思われる狛江多摩川ロードレース大会にFC東京レプリカ着用で出場予定。
スタジアムと同じく「トクナガ」コールをして応援してくれるサポーター求む!!!

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/12/11

ヴェルディサポーターのフロントに対する動きについて

Top

http://homepage2.nifty.com/komaetokyo/
の巻頭言より転載

ヴェルディサポーターのネット上のフロント批判をいくつか読んだ。
何度も言うように私はアンチヴェルディだが、今回は非常に考えさせられた。
これではサポーターがかわいそうである。シーズンチケット不買運動を行うのも無理はない。
同じJリーグチームのサポーターとして、協力できること(ネット運動など)はしたいと考えている。
私自身、東京サポーターとしてサイトで本名も公表している以上、「消滅しろ」などという安易なことは言わない。
この状況で消滅してもらってもうれしくはない。
「フロントの素人による経営をやめさせること」、これを達成させるための協力はするということである。
ラモス常務に強化の実権を持たせるというサポーターの要求にも賛成。
ラモスといえば、アマラオの来日以来の公私にわたる相談相手であり、アマラオ引退試合であれだけのスターが集まったのは、アマラオだけでなくラモスの力もあったと思う。
そういった「恩」もある。

ただ、断わっておくが、ヴェルディのチームを応援しているわけではない。
こんなことを書いたからといって私はアンチヴェルディに変わりはない。
チームが好きかどうかと存続させるかどうかは別問題である。
少なくともJリーグという大きい枠でとらえれば、協力し合わなければならない時もある。
もしJリーグそのものが存続の危機になるようなことがあれば、間違いなく全チームのサポーターが団結する。
それと同じである。

なお、今某掲示板でFC東京サポーターによるFC東京フロント批判のスレッドも立てられていたが、私はFC東京フロント刷新には大反対。
これについてはまた次回コメントする・・・かも。
まあ、これまで何度もサイト上で訴えてきたけどね。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/07

最終戦の感想とヴェルディの今後

Top

http://homepage2.nifty.com/komaetokyo/
の巻頭言より転載

最終戦に行った。寒かった―。
2点先制した段階で東京の勝利と千葉の自動降格を確信したのだが、まさかあんな結果になるとは・・・。
残念ではあるが、勝っていてもリーグ戦でのACL出場権獲得はできなかったので、気持ちを切り替えて、天皇杯で優勝して出場権獲得と行きたい!
私の仕事の木更津での戦いは「勝利」!しました。
東京サポーターの取引先の方から勝利報告いただきました。ありがとうございます。
このまま12月1ヶ月間チャレンジ達成させたい。

エフシーニッポンことヴェルディは自動降格。
アンチヴェルディの私にとっては、「メシウマ状態」なのだが、今回の座り込み騒動を見ると、サポーターに同情せざるをえない。
現場のことを何もわかっていない親会社からの天下り組のフロント。
これまでヴェルディを見て思うが、親会社の体質が変わる可能性はないと言っていい。
こんな親会社とは早く縁を切らない限り、チームは強くならないし、サポーターも増えないだろう。
となると、身売りということになるが、今の状況では買取り先を探すのも難しい。
個人的には99年から02年まで社長だった坂田氏(現在国士舘大学教授。ここ参照)の再任をお願いすべきと思うのだが。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

狛江市民必見の映画「ドロップ」、前売券発売!

http://homepage2.nifty.com/komaetokyo/の巻頭言より転載。

私の中学時代の同期、品川ヒロシが原作・脚本・監督を務める、狛江が舞台の映画「ドロップ」(来年3月20日公開)の前売り券が本日発売開始!
主人公の一人である私の元同級生、「井口達也」のモデルブログ「CHICKEN DROP ZERO」が品川君のブログで紹介され、ついにブレイク!
狛江の名前を広めたい達也と私にとって、これほどのチャンスはない!!!
是非この映画を起爆剤に、狛江の名前を全国に広め、「観光名所」にしたい!
その時には市内が完全に青赤に染まっていると嬉しい!

まあとにかく、達也、よかったな!!!

狛江市民なら、「ドロップ」は必見!前売り券買うべし!!
これから狛江の時代が来る!!!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/12/05

最終戦参戦!

Top

http://homepage2.nifty.com/komaetokyo/
の巻頭言より転載


本日の最終戦、急遽観戦に行けることになりました!
行けなくなった方のためにも応援したいと思います。
ありがとうございました。
今日の朝は仕事で木更津へ。当サイトで何度も取り上げた東京サポーターの取引先の方と一緒です。
その後フクアリへ行くのでスーツ姿。
本日の千葉のアウェイゲームで勝利し、木更津の「アウェイゲーム」でも勝ちたい!
リーグ戦は今日で終わりだが、仕事の山場は始まったばかり。
12月は仕事でも勝利!狛江市内のお店もボーナス商戦勝利!して、元旦の国立で打ち上げと行きたい!!!!


にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/04

ヴェルディサポーターが東京を「エフシー」と呼ぶが・・・

Top


http://homepage2.nifty.com/komaetokyo/
の巻頭言より転載

ヴェルディが大量解雇を発表。

昨年まで東京にいた土肥や福西も契約せず。
親会社の不振もあり、経費削減のため、フロントとしてもやむない決断だったのだろう。
フッキ獲得に5億円費やしたのに海外に移籍など、多額の「無駄遣い」の結果がこれ。
ここでJ2に落ちることになれば本当にチーム解散の可能性もある。
赤字が続き、Jリーグでは最も知名度の高いチームながら年間チケット保有者数も観客も増えない状況はあわれとしか言いようがない。

東京サポーターの私としてはどうでもいいのだが、「読売」の影がある限り、根本的な解決はできないと思う。

ここで語ったように、「偉そうな顔をするなッ。うちは巨人さえやっていればいいんだ」と言うような親会社とは早く縁を切るべきだと思う。

それとスポンサーのサイバーエージェントも、例の子供に商品券獲得ゲームなど個人的にはいいイメージを持っていない。

それと一つヴェルディサポーターに言いたい。
ヴェルディサポーターがFC東京のことを「エフシー」とブログなどで半分馬鹿にして書いているのを見かけるが・・・

おたくらだって、「エフシーニッポン」だろ。

これからはヴェルディのことを「エフシーニッポン」と呼ぶか!?

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/03

商店街とFC東京サポーターとの関係~商店街は我々の存在が必要と考えている~

Top

http://homepage2.nifty.com/komaetokyo/
の巻頭言より転載

30日の新潟戦の後、和泉多摩川商店街の「福引大売り出し」準備の手伝いに行きました。
商店街のFC東京バナーフラッグに重ねて「いらっしゃいませ」フラッグを付ける作業と、3か所に横断幕を付ける作業を行いました。
商店街の方々が我々市内在住のFC東京サポーターの協力を必要とし、頼りにしてくれるのは本当にうれしい限りです。
高齢の方も多い中、寒い夜に危険な作業を行う姿を見ていると、私としても協力させていただきたい、そしてできる限り宣伝をして、一人でも多くの市民とFC東京サポーターに和泉多摩川商店街に来て欲しいと思いました。
商店街の方々に高齢の方が多いのは何も狛江に限ったわけではありません。
都内の多くの商店街でも同じことが言えると思います。
こうやって地元のサポーターと商店街の方々が一緒になってFC東京をうまく「利用」して、商店街全体を活性化させていくことを、和泉多摩川から広めていければと思います。
特に狛江市内のFC東京サポーターの皆さん、是非和泉多摩川の福引大売り出しに足を運んでください!
そして、掲出されている横断幕、「いらっしゃいませ」のフラッグを見てください。
あれらは全て和泉多摩川商店街の方々と我々FC東京サポーターが協力して取り付けたものだということを認識して、何かを感じていただければ幸いです。


にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/02

ホーム最終戦を勝利で飾る!

Top

http://homepage2.nifty.com/komaetokyo/
の巻頭言より転載

ホーム最終戦、新潟戦を勝利で飾る!
前日の段階で東京の優勝はなくなったが、ACL出場権獲得(3位以内)の望みは、他力本願ながらまだある。
その可能性をシミュレーションすると、東京が千葉を破り、千葉の自動降格を決め、川崎がヴェルディに負け、大分が引き分け以下か得失点差で上回るかという条件が必要。
ヴェルディの自動降格脱出の手伝いをするのは不本意だが、東京のACL出場のためにも、負けるわけにはいかない。
フクアリは私の自宅から自転車で行ける距離だが前売り券を買いそびれたので、観戦に行けないのが残念。
こういう時にスクエアーの存在はありがたい。
狛江市民にとってはスクエアー観戦も「ホームゲーム」だね。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »