« 狛江市民必見の映画「ドロップ」、前売券発売! | トップページ | ヴェルディサポーターのフロントに対する動きについて »

2008/12/07

最終戦の感想とヴェルディの今後

Top

http://homepage2.nifty.com/komaetokyo/
の巻頭言より転載

最終戦に行った。寒かった―。
2点先制した段階で東京の勝利と千葉の自動降格を確信したのだが、まさかあんな結果になるとは・・・。
残念ではあるが、勝っていてもリーグ戦でのACL出場権獲得はできなかったので、気持ちを切り替えて、天皇杯で優勝して出場権獲得と行きたい!
私の仕事の木更津での戦いは「勝利」!しました。
東京サポーターの取引先の方から勝利報告いただきました。ありがとうございます。
このまま12月1ヶ月間チャレンジ達成させたい。

エフシーニッポンことヴェルディは自動降格。
アンチヴェルディの私にとっては、「メシウマ状態」なのだが、今回の座り込み騒動を見ると、サポーターに同情せざるをえない。
現場のことを何もわかっていない親会社からの天下り組のフロント。
これまでヴェルディを見て思うが、親会社の体質が変わる可能性はないと言っていい。
こんな親会社とは早く縁を切らない限り、チームは強くならないし、サポーターも増えないだろう。
となると、身売りということになるが、今の状況では買取り先を探すのも難しい。
個人的には99年から02年まで社長だった坂田氏(現在国士舘大学教授。ここ参照)の再任をお願いすべきと思うのだが。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ


|

« 狛江市民必見の映画「ドロップ」、前売券発売! | トップページ | ヴェルディサポーターのフロントに対する動きについて »

「FC東京」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42190/43349272

この記事へのトラックバック一覧です: 最終戦の感想とヴェルディの今後:

« 狛江市民必見の映画「ドロップ」、前売券発売! | トップページ | ヴェルディサポーターのフロントに対する動きについて »