« へこんだ・・・。 | トップページ | 29日のG大阪戦はスクエアーで!サプライズがあるかもよ!! »

2009/04/25

最近の子供の名前がひどすぎる

Top

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0904/24/news032.html

最近、子供をペットと勘違いしている親が多いようだ。
双子の赤ちゃんがかわいかったからという理由で、「たまご」「ひよこ」という名前をつけたというのにはびっくりした。
その子供たちはいつまでも「かわいい」わけではない。
老人になっても改名しなければ、その名前を背負い続けるわけで。

それと変な横文字の当て字の名前も増えている。
「天使」で「えんじぇる」という名前の子供が本当にいるらしい。
かく言う私も「健」と言う名前で、親からは外国人にも通用する名前としてこの名前をつけたと言われた。
でも、個人的には決して奇抜ではなく、許容範囲の名前だと思う。

どこにもない名前をつけたがる親が増えているようだ。
彼らいわく「個性」を出したいのだろう。


そこでそのような親に、次の台詞を捧げたい。
かつての伝説的スポ根ドラマ「スクール☆ウォーズ」で、主人公の滝沢賢治が「制服なんて個性がねーよ」と主張し、私服で学校に通い続けるラグビー部員の森田に言った言葉である。


「森田。ラグビーの選手たちはみな、仲間と同じユニフォームを着ているな。
彼らには個性は無いか?
野球だってそうだ。王、長島、張本、山本浩二 どんな大選手だって、みんな仲間と同じユニフォームを着てるじゃないか?
彼らには個性がないか?
組織に属したり、同じ服装をすると個性が無くなると、人はよく言う。だがな、
そうゆうことを言うやつに限って、最初から個性なんてありはしないんだ。」

服装や名前の「個性」は、表面的なものでしかない。
個性とは、自らの力で切り開くものだ。


でも、個人的には彼らを見習うべき点がある。

少子化の現在、個人的には子供が一人でも多くいるということは、将来の日本には必ず必要なこと。
私にはそれが全く出来ていない。
それ以前に30代後半になっても相手がいないが・・・・・・・・・・。

|

« へこんだ・・・。 | トップページ | 29日のG大阪戦はスクエアーで!サプライズがあるかもよ!! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42190/44783726

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の子供の名前がひどすぎる:

« へこんだ・・・。 | トップページ | 29日のG大阪戦はスクエアーで!サプライズがあるかもよ!! »