« 楽しいのは観戦だけじゃありません | トップページ | スクエアーが狛江市内FC東京サポーターの情報発信基地 »

2009/08/05

移籍した選手の気持ち

Top

http://homepage2.nifty.com/komaetokyo/
の巻頭言より転載

仕事ネタだが、今度2つの営業所同士で売り上げ対決をする施策が決まった。
今私の赴任している名古屋の対戦相手は、東京の営業所になった。
これを知った時、なんだかムラムラと胸にこみあげてくるものを感じた。
「絶対に負けたくない」という気持ちが。
東京出身の人間として、故郷東京が世界一素晴らしい街だと思う気持ちは変わらないが、いざ対戦相手になると東京人である自分自身の存在を見せつけたいという衝動にかられる。
これは今回初めてわかったこと。
移籍を経験した選手も同じ気持ちなんだろうと思った。
東京に来た選手も、東京を出た選手も、古巣相手にはモチベーションが上がる気持ち、非常によくわかった。
もちろん私はどこに行こうと故郷は東京で、東京サポーターである。
決して東京サポーターをやめることはない。
逆にFC東京だけでなく、故郷東京がますます好きになると思う。
私が故郷東京が好きになったのは福岡にいた時だったし。あの頃はまだFC東京も存在しなかった。
今回がFC東京サポーターになって初めて東京を離れたという意味でも、さらに好きになると思う。
早ければ今週末、約1カ月ぶりに狛江に帰京する。
帰ってから故郷のありがたみをじっくりと味わいたい。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

|

« 楽しいのは観戦だけじゃありません | トップページ | スクエアーが狛江市内FC東京サポーターの情報発信基地 »

「FC東京」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42190/45845401

この記事へのトラックバック一覧です: 移籍した選手の気持ち:

« 楽しいのは観戦だけじゃありません | トップページ | スクエアーが狛江市内FC東京サポーターの情報発信基地 »