« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010/03/27

「シャア!シャア!シャア!」動画を作成してみた・・・

前からやってみたかったもので・・・。
毎試合「シャア!シャア!シャア!」を見られるのを祈って!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/26

改めて、『菓子杯』と呼ぶのは禁止!

Top


今度の大宮戦といい、31日のヤマザキナビスコカップ名古屋戦といい、4月4日の多摩川クラシコといい、東京にいたら全部行けた試合。
名古屋にいる自分にとってははがゆい・・・。
31日の名古屋戦なんて特に行きたいけど、さすがに平日夜はねー。
行けたとしても、お金が持たない・・・・。
3月末までは決算だし・・・。
気持だけでも届けたいと思います。
そして、4月17日の京都戦には行きます!

そして、ヤマザキナビスコカップ開幕にあたってひとこと!

「覇者の礼儀として、『菓子杯』と呼ぶのはやめよう!スポンサーに敬意を払おう!」


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/20

本日はC大阪戦

Top


本日はホームのC大阪戦。
3連休初日で、行きたい気はものすごくあるのですが、決算間際と、金銭的な問題でやむなく名古屋にとどまります。
スタメン出場するらしい石川の活躍と、平山のホーム連続得点に期待したい!

東京を離れていると、応援歌にジーンときます。
「東京ラプソディ」とか「君の瞳に恋してる」とか、私が応援し始めた11年前から聴き続けているけど、東京を離れた今聴くと本当にジーンときます。
東京サポーターでよかった。
アップした動画、別に何の細工もしていないのに再生回数1000回クリアというのも嬉しい。
名古屋にいる自分が東京の応援動画をアップして、東京にいるサポーターが見てくれることがなんとも。

逆パターンですが、
http://www.youtube.com/watch?v=d2io4MriQtM
は、名古屋にいる私が大きく関わっている動画。しつこいか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/14

これに一緒に出場する人いませんか?

http://homepage.mac.com/ironshu/triathlon/event/ekiden_you10.html

私もジョギングはいつもやっているので3000mくらいはそこそこは走れるつもりです。
メンバー全員東京のレプリカ着用で上位入賞なんて面白い。

でも問題が。

閉会式1時間後に仙台戦が・・。
ぎりぎり間に合うか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/12

かつては「毒舌応援」を楽しんだ。

Top


http://homepage2.nifty.com/komaetokyo/index.htmの巻頭言より転載

14日はアウェイの浦和戦。
私は私用だが大阪に行くので行けないが、浦和戦はいつも燃える。
今年は浦和と対戦するのも10年目を迎える。
初対決が01年のアウェイゲームで、浦和サポーターに東京サポーターの存在を見せつけた試合。
東京はJ1昇格2年目、浦和はJ1昇格したばかり。
00年シーズン、東京の躍進に貢献したツゥットが浦和に移籍したというのもあり、東京にとっては絶対負けたくない試合。
東京はまだこの頃は、男性サポーターが圧倒的多数で、東京ガス時代から続く「毒舌応援」の伝統が続いており、「どっちもヘタクソ」「金返せ!」コールも鳴り響いた。
試合はだらだらとした内容が続いたが、前半終了前に、看板越え男、アドリアーノ(笑)に決められたものの、後半で呂比須・ケリーが立て続けに決め逆転、さらに戸田が決めて東京のゴール裏は大はしゃぎで、東京サポーターお決まりの挑発コールをついやってしまった。
累積警告で出場停止だった「井原」コール、そして今は敵のツゥットのコールまで。
はっきり言ってこういったコールは当時の東京にとってはお決まりのパターンだったが、浦和サポーターはそれを初めて目の前で聞かされ、驚きと同時に怒りが爆発(審判の判定に対する怒りもあったが)。
試合終了後も東京サポーターを囲って、スタジアムから出られなくなってしまった。

この試合を境に、浦和サポーターは東京サポーターに対して特別な感情を抱くようになったと思う。
一方、東京サポーターはこれを境にだんだん「毒舌応援」がトーンダウンして行くことになった(対ヴェルディを除くが)。
サポーターが増えたのも大きな理由だが、ああいった「毒舌応援」を楽しんでいた私にとっては、今の応援は少し物足りない。
「くたばれヨミウリ」コールくらいならまだかわいく感じるくらい。
相手の累積警告での出場停止選手コールくらいのはたまにはやって欲しいと思う。
毒舌応援をやるということは、負けたら大恥をかくということ。だから絶対に負けられないという祈りを込めて。
浦和には04年のヤマザキナビスコカップ決勝以来、東京は一度も勝っていない。
あの頃の気持ちを是非忘れずに、必ず勝って、再び浦和をお得意さんにして欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/08

誰かがやってくれる?・・・いや、僕らからはじめよう!

Top
http://homepage2.nifty.com/komaetokyo/index.htm
の巻頭言より転載

卒業・入学・就職など、新生活が始まる時期。
市内のFC東京ファンの皆さん、開幕戦勝利の余韻覚めやらぬ中ですが、是非こういう時期こそ狛江市内のFC東京のフラッグの掲げてある商店街や、ポスターの貼ってあるお店で買い物・飲食をしよう!
試合の日は是非FC東京グッズを身に着けて!
狛江市内のFC東京ファンが市内の協力店でお買い物をすれば、お店が売れて喜ぶ。
お店が喜べば、お店ももっとFC東京を応援しようと、力を入れてくれる。
応援セールなどをやってくれるかもしれない。
それにファンも応えてもっとお店を利用し、狛江市内の経済も活性化し、ますます青赤化が進む!
遠くの大型店より、近くのFC東京応援協力店で!
多少高くても、サービスが行き届いていないことがあっても、FC東京応援に協力してくれること以上の「サービス」はないじゃないか。。
みんなが市内のお店を利用し続けることで、狛江もどんどん住みやすい街になる。

狛江をもっともっと明るく活気のある青赤の街にしたい。
誰かがやってくれる?

FC東京フロントが?
行政が?

いや、僕らからはじめよう!

(名古屋在住の私に言う資格ないかもしれませんが・・・)

↓ちなみに、喜びの5秒間!
object width="560" height="340">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/07

平山が決めた!!!日本人選手で開幕戦勝利!

Top


http://homepage2.nifty.com/komaetokyo/index.htm
の巻頭言より転載

往復2万円かけて名古屋から開幕戦に行った甲斐があった!
今回はJ1昇格11年目、私は東京を離れて初めての開幕戦。
今回の試合は、東京にとっては、開幕戦というだけでなく、純日本人選手だけで勝利できるチームにまで成長したのにも意義があったと思う。
99年のチーム誕生以来、ずっとJ1に定着しているが、最初の数年間は東京は外国人選手の力抜きにはこれもありえなかったと思う。
昇格時の2000年シーズンは、はアマラオ・ツゥットの2トップの得点力とサンドロのディフェンス、
2001年シーズンはアマラオ・サンドロに加え、ケリーの展開力、
2002年はジャーンのディフェンス、
こういった具合に、外国人選手の力がとても大きかった。
少なくとも02年シーズンあたりまでは「アマラオがいなくなったら東京はどうなるんだろう?」と心配していた。

そして今回、開幕戦では外国人選手は控えに入ったものの、交代出場したのは全員日本人選手。
これで記念すべき開幕戦に勝利したのは大きい!
そして一番ゴールを決めて欲しかった日本人選手、平山が決めた!
個人的に本人が開発に取り組んでいたマイケルダンスを見せて欲しかったが、ゴールを決める機会は今シーズン20回以上あるだろうから、一度くらいやって欲しい(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/03

アマラオが見られるのが愛知県在住の自慢かな!?

今シーズンは東京を離れ、愛知県在住ということで、特にシーズンに突入すると行きたい試合に行けなかったりと、歯がゆい気持ちになるが、楽しみもある。

そう、KING OF TOKYOことアマラオが今シーズン、愛知県のサッカーチーム、FC刈谷の監督として采配を振るうのを見ることができるから。

スーツ姿で真剣にインタビュー受ける姿もいいね。
http://www.fckariya.jp/report/event_report.php?name=news_45

この動画は映り良くないけど、すぐにアマラオってわかるね。

object width="425" height="344">

こっちではJFL目指すFC刈谷を応援します。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「アンチTOKYO? クールLOCAL!」って・・・。

http://magazineworld.jp/brutus/681/アンチTOKYO? クールLOCAL!
魅力ある地方都市ランキング50

よくもまあこんなタイトルを見出しにつけるもんだ。
大阪の書店に「アンチOSAKA」、名古屋の書店に「アンチNAGOYA」なんてタイトルで雑誌が置かれていたら、普通なら地元の人にとって不愉快だし、怒ると思う。
それ以前にこういうタイトルの本は出版社が作らないだろう。
なぜ東京だけこうもあからさまにやられるのか?

私に言わせれば、東京も一地方都市であり、かけがいのない故郷である。今東京を離れているからなおさらそれを感じる。
それをわかって欲しいと、だいぶ前にhttp://homepage2.nifty.com/komaetokyo/subculture/tokyosubuculturetop.htmを作った。

そして「地方都市」という呼び方は、東京以外を指しているとしか思えないが、これもそれらの都市にとって失礼な呼び方だと思う。

東京人はもっと怒るべき。
「東京人は冷たい」とかって、目の前で言われたら、「それって、東京の人を目の前にして、失礼じゃないの。自分の出身地の人は意地が悪いとか、目の前で言われたらどう思う?」と言い返せるくらいにならないと。
それに、東京人は熱い!
人情といえば下町、金八先生は東京が舞台、あばれはっちゃくは東京(主に狛江・調布)が舞台、私が少し出演した「ドロップ」は東京(狛江)が舞台(笑)  全てストーリーが熱い!
それに、FC東京のゴール裏を見ればわかるでしょう!
少なくとも東京サポーターの皆さん、この怒りを開幕戦にぶつけましょう!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/01

平山、東京でマイケルダンスを見せてくれ

Top

こんな記事があったとは。
結構前なのについ最近知りました。
平山がTHIS IS ITに感動して、代表でゴールを決めたらマイケルダンスを披露するつもりでいたそうだ。
代表がだめなら東京で披露してくれ!
20回以上マイケルダンスやって欲しい!!
そしてW杯期間中はマイケルの一周忌と重なる。
私も名古屋からマイケルへの追悼と平山がゴールを決めて、代表でパフォーマンスできない代わりに私がマイケルダンスするぞーー!
現在一周忌に合わせて再びこれを計画中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »