« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010/11/24

You'll never walk alone.

http://homepage2.nifty.com/komaetokyo/
の巻頭言より転載

在、名古屋に住んでいる私にとって、アウェイの東京VS名古屋の試合は特別な試合。
しかも今回は名古屋が優勝を決め、東京が残留争いの真っ只中にいる。
豊田スタジアムでの試合も今回初めてだった。
昨年7月に職場の人事異動で、一人で名古屋に赴任することになったが、東京サポーターとしては「孤独」だった。
今自分のいる名古屋(愛知)に、自分の地元である東京からこれだけ多くの東京サポーターが駆けつけてくれて、東京にいる時からおなじみの応援をここ愛知でしているのを見て、本当にジーンときた。
これだけでも十分嬉しく、心強かった。
今の自分は、決して孤独ではない。
You'll never walk alone.
これは、例えばある日本人が外国に住むことになって、たまたまその地にスポーツの試合で日本代表チームとファンが日本からたくさんやって来て、その試合に自分もいる時の感覚に近い。
私の経験でも、愛郷心・愛国心というのは地元を離れて強くなってくるが、本当にそうだと感じた。
特に東京出身の私は、東京に住んでいる時は、狛江に対する愛着はあったものの、「東京人」という意識はほとんどなかったが、初めて東京を離れた時に、自分が東京人であることを自覚し、

東京だって一地方都市である

と自覚した。

そして99年10月にFC東京の試合を初めて観戦して、それがますます強くなった。
今回はJ1残留がかかった、残り3試合で最も重要な試合という自覚を持っていて、緊張していただけに、沢山のサポーターの姿に本当に感動した。

そして監督・選手達は優勝を決めたチームに目の前で勝ってくれた。
今シーズン、目の前で東京が勝った試合を観たのは開幕戦以来2度目。

勝った瞬間、一人で泣いてしまった。
ナビスコカップで優勝した時でさえ涙は出なかったのに。
やっぱり今自分がいるこの地に多くのサポーターが来てくれたこと、そして今自分がいるこの地でチームが勝ってくれたことの喜びがなんとも言いがたかった。

選手・スタッフの皆さん、東京からここまで来てくれたサポーターの皆さん、本当にありがとうございました。
そしてスタジアムまで一緒に行ってくれた、名古屋に来てからマイケル関係で知り合った名古屋ファンの方々、どうもありがとうございました!
いつかお互いのスタジアムで、試合開始前かハーフタイムにHeal the worldの大合唱をするのが夢です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/22

豊田まで来てくれるのが嬉しいです。

Top

http://homepage2.nifty.com/komaetokyo/の巻頭言より転載


20日の多摩川クラシコ、実は私にとってはFC東京の試合観戦200試合目という記念すべき試合でした。
1試合目は1999年10月24日の等々力。
そう、同じく多摩川クラシコ。
当時はJ2でした。
この時も東京が負けましたが、この試合で東京コールをするサポーターに感動して、それ以来東京にどっぷりつかりました。
詳しくはここ参照。
東京サポーターになるきっかけを作ってくれたチームが川崎だっただけに、川崎にはすごく思い入れがあります。
そして200試合目となる今回の試合。
実にあれから11年も経ちました。
あの時の選手はもう誰もいないが、監督は同じく大熊監督。
00年お互いにJ1に昇格しましたが、東京はJ2時代の選手構成主体に戦い、優勝候補を次々と撃破して、「東京旋風」を巻き起こし、川崎はJ1昇格と同時に大型補強をし、監督も変えた結果、勝てずに1年でJ2に降格。
東京はそのままずっと降格することはありませんでしたが、川崎は05年に昇格してから、00年の反省を生かしたためもあるのだろう、数年で強豪チームの仲間入りを果たしました。
J2に降格して、2度目の昇格を果たして、前回と同じ繰り返しをしないようにチーム強化を行ったのだと思います。
J2時代の経験が生きたのでしょう。

私自身、何度もこれまでアピールしてきましたが、東京がJ2で戦うことは別に嫌ではありません。
元々「J2って面白そうだな」ということがきっかけで東京を応援し始めたのだから。「J2もまたよし」です。
Jリーグバブル崩壊後で、J2から昇格したばかりのチームで、しかも地元のチーム。
地元の一つである私の故郷狛江で、FC東京を広めたいという「夢」を抱き、2人でFC東京を応援する狛江人の会を創設しました。
だから今のようにチームが既に大きく、知名度もあったら、あの時会の創設まではやっていなかったと思います。

これまで観戦した200試合の中で、今でも一番印象に残っている試合は、99年11月14日の仙台戦です。
そう、東京がJ1昇格の夢が消えた、負けた試合です。
ここ参照。
かつてマッチデープログラムのコラムにも誰かが書いていましたが、あの時の敗戦がなかったら、今の東京はなかったと思います。
選手も内部崩壊状態だった中、あの時、チームとサポーターに新たな「団結」が生まれたと思います。

大熊監督はあの時の監督。
あの時を知っている唯一の人物です。
今回はあの頃と逆の立場ですが、是非あの時を思い出して、残り3試合、全力で戦ってほしい。

23日は豊田スタジアムでの名古屋戦。
東京にとっては最も重要な試合になります。

現在名古屋在住の私は、もちろん行きます。
東京からたくさんのサポーターの仲間が豊田スタジアムい駆けつけてくれるのを嬉しく思います。
共に戦いましょう!

そして、勝ったら是非名古屋メシでも食べましょう!
転勤で名古屋に来て約1年半の私の一番のおすすめがあんかけスパゲッティです。
笑顔で東京に帰る皆さんを笑顔で送ります!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/11/13

全治6週間の横浜中沢、目標はXマス復帰

http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp0-20101113-701479.html

左ひざに重傷を負い、全治6週間と診断された横浜DF中沢佑二(32)が不屈の姿勢をみせた。全体練習中に内側側副靱帯(じんたい)を損傷してから一夜明けた12日、厳しい状況を踏まえながらも「早く治したい。できる限りのことはする」として、12月25日の天皇杯準々決勝で戦列復帰を目指すという。17日の4回戦突破が前提となるため「勝ってもらえればいいんですけど」と同僚の奮闘を期待していた。篠田フィジカルコーチから「(6週間より)早く回復する可能性もある」と言われており、日本代表として来年1月のアジア杯出場もあきらめてはいない。


もちろん明日の日産スタジアムでの試合は中沢は出られない。
中沢のいる横浜FMと戦って勝ちたかった。
J2降格争いにいる中、そんなことを言っていられないかもしれないが、選手の負傷はたとえ敵でも同情する。

FC東京サポーターはかつてはよく累積警告による出場停止で出られない相手チームの選手のコールをして敵サポーターを挑発したが、もちろん負傷で出場出来ない選手のコールはしたことは、自分の知っている限り一度もない。

で、実は確か2003年のナビスコカップ開幕戦の横浜FM戦では一度横浜FMサポーターに、出場していない「アマラオ」コールをやられたことがあった。
 2000年開幕戦に井原・城コールをやったりした仕返しだろうが、この時アマラオは負傷して出場できなかった。
なのでひどいと思った。

まあ、だいぶ前のことなんでいいけど、中沢選手の早い復帰を祈ります~

そして明日はスカパー観戦で名古屋から東京を応援します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/11/09

11月14日の狛江市民まつり、みんなで市民グランドへ行こう!

http://homepage2.nifty.com/komaetokyo/
の巻頭言より転載。

11月14日(日)の狛江市民まつり。
今年ももちろんFC東京が参加します。
FC東京オフィシャルサイト参照。
恒例の大人気、キックターゲット大会を実施!
アウェイの横浜Fマリノス戦と重なる時間帯があるのがなんとも気にかかりますが、日産スタジアムに行く人も、是非行く前に、FC東京グッズを身に着けて市民グランドへ寄りましょう。
FC東京グッズを身に着けて市民まつりで大勢の人が集まる中を歩くことは、FC東京の大きなアピールにつながります!
みんなで狛江市内にはこんなにFC東京ファンがいることを見せつけ、そして試合に勝ちましょう!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/08

残念・・・・しかし振り返るな。


G大阪戦観戦のために緊急帰省した。
もういてもたってもいられなくなった。
狛江に戻るのは実に3ヶ月ぶり。
大熊監督の率いる新生東京を初観戦!
大黒が古巣相手に決めて、これは行けると思ったが、終盤に元東京の中澤にヘッドで決められ、1-1で引き分け。
すぐ下の降格圏の神戸が勝ったため、勝ち点で並んでしまった。

でももう振り返っても仕方がない。

とにかく残留のためには次からの試合、絶対勝ち続けるのみ。

私自身は東京がJ2に落ちてもそんなに落ち込むことはないし、J2はJ2で面白いと考えてはいる。
11年前に応援し始めた時、東京はJ2だったが、私の場合、FC東京サポーターになったのは、「J2にいたから」というのも大きなきっかけの一つである。
ここ参照。
J2というマイナーさに惹かれ、なんとなく等々力に観戦に行ったら東京の魅力にはめられてしまったのだ。
だから個人的には「J2もまたよし」である。

しかし!

ヴェルディの存在がある。

J2で東京ダービーは屈辱だし、万が一ヴェルディがJ1に上がって東京がJ2に落ちたりするような事態になれば、これ以上の屈辱はない。

だから絶対にJ2に降格するわけにはいかない。
東京はJリーグ2部制が始まって初の昇格チームであり、リーグ戦でタイトルはまだ取っていないものの、昇格組では最も長くJ1にとどまっている。
チーム・サポーターの意地にかけて、これからの試合、全勝する!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/11/06

東京よ、私は帰ってきた!

狛江に帰りました!

これから味スタへ行きます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »