« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011/01/30

頑張れ!サッカー東京代表!情熱をぶつけろ!優勝をつかみとれ!


ついに3月5日、Jリーグが開幕する!
FC東京の選手達は、我々東京人の代表であり、誇りです。
一人ひとりが、東京日本という地域を代表して戦うことのすごさ、重みを感じながら戦うと思います。
自分のためだけではない。
チームのために。
愛する人のために。
故郷東京のために。
応援する我々も、東京人の誇りを胸に、自分達の代表でもある選手達と共に戦おう!
「東京!!!東京!!!」と自らの地域名を連呼することで、熱くなろう!
絶対に負けられない戦い。
代表ではこういう戦いを見られる機会は少ないが、Jリーグでは毎年必ずある。
これほど幸せなことはない!
是非スタジアムに足を運んで、みんなで燃え上がろう!
VAMOS TOKYO!
東京こそすべて! 俺らを熱くする!情熱をぶつけろ!優勝をつかみとれ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/29

頑張れ!サッカー日本代表!情熱をぶつけろ!優勝をつかみとれ!

Top


アジアカップ、ついに日本代表が決勝進出!
選手達は、我々日本人の代表であり、誇りです。
一人ひとりが、日本という国を代表して戦うことのすごさ、重みを感じながら戦うと思います。
自分のためだけではない。
チームのために。
愛する人のために。
国のために。
応援する我々も、日本人の誇りを胸に、自分達の代表でもある選手達と共に戦おう!
「ニッポン!!!ニッポン!!!」と自らの国名を連呼することで、熱くなろう!
絶対に負けられない戦い。
代表ではこういう戦いを見られる機会はあっても年に数回。
しかも決勝戦というのはもっと少ない。
この少ない機会を、みんなで燃え上がろう!
VAMOS NIPPON!
ニッポンこそすべて! 俺らを熱くする!情熱をぶつけろ!優勝をつかみとれ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/01

今年は行動の年!僕達からはじめよう!

Ginza3

http://homepage2.nifty.com/komaetokyo/
の巻頭言より転載

新年あけましておめでとうございます。
昨年は、我らの街の代表チーム、FC東京がJ2へ降格することになってしまうという、つらいシーズンとなりました。
 今年からJ2で戦うわけですが、J1の時とは異なり、メディアで取り上げられる量も相当減ります。
チームの成績以前に、観客動員数が心配です。
FC東京フロントの方々だけに頼っていてはいけないと思います。
J1在籍時より、ネット掲示板では、チームが地域のイベントにキックターゲット大会などに熱心に参加してくれているのを「変わりばえしないことばかりやっている」と批判しているサポーターも見受けられました。
私自身はああいった活動は地道に続けることで、地域の方々も共感してくれて、効果はかなりあると思っていますが。
批判するなら誰でもできます。
「じゃあどうすればいいの?」
を言って、行動に移さなければ何も変わりません。

「誰かがやってくれる? 僕達から始めよう」

と、マイケル・ジャクソンがTHIS IS ITで語っていました。

J2で戦う今シーズンこそ、まさにその時です!
チームの応援だけでなく、観客動員が減らないように、我サポーター一人一人が協力する、大きなきっかけになると思います。
かく言う私も、提案するだけでなかなか行動に移していませんでした。
今年は名古屋にいながらも、なんらかの行動をし、数年前からやりたいと思っていたことを実現させたい。
J2で戦うことは、ある意味「チャンス」でもあります。
私がFC東京サポーターになったきっかけは、99年当時、たまたま利用していた駅で、J2だった川崎フロンターレを応援するサポーターの熱心な姿勢に興味を持ったことでした。
「Jリーグの2部」というのは、特にJリーグに関心のない人にとってはマイナーな存在です。
私はそのマイナーなリーグにいるチームをこんなに熱心に応援するサポーターがいることがきっかけで観戦に行って、完全に東京にはまりました。
ここ参照。
「熱心に応援するサポーターの姿を見せること」
が必ず周りに共感を与えます。
スタジアムに足を運んでもらうきっかけになります。
観戦に誘うことよりも、自ら行きたい気にさせることのほうがずっと効果があります。
、さらにJ1よりも勝利する試合が多い可能性が高いのもプラス要素です。

今年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »