« START WITH US~僕達からはじめよう~ 2014シーズン開幕にあたって  | トップページ | いよいよホーム開幕戦!「外へのアピール」を忘れずに。 »

2014/08/23

思い出すことで、彼は今も生き続ける


http://homepage2.nifty.com/komaetokyo/
の巻頭言より転載。
1shoimamukasi
 今、理由あって1日に何度も小学校時代を思い出している。
私の狛江第一小学校時代の最大の思い出と言えば、6年生の時のサッカー大会である。
5~6年生のクラス対抗のリーグ戦だったが、私のいた6年3組は、1回戦で5年生に敗北した。
これが他のクラスから、「5年に負けちゃおしまいだよ」などと言われ、さんざんバカにされ、とても悔しい思いをしたのを覚えている。
 しかし、その後の試合では5年生の他のクラスに勝ち続け、6年生同士の戦いになり、自分達をバカにした児童のいたクラスに勝利、そして最終戦でそれまで全勝していた隣の2組にも勝利。
そして2組と優勝決定戦を行うことになり、これでも我が6年3組は勝利し、逆転優勝を飾った。
 この時の喜びは今も忘れられない。
 担任の先生もものすごく喜び、クラスメート全員にポケットマネーでアイスクリームをごちそうしてくれた。
今でもあの頃の喜びは忘れられず、大人になってからも何度も周りの人にこのエピソードを語っていた。
自分のいた6年3組は、4年生から3年間クラス替えがなかったこともあり、思い入れが強く、30歳くらいの時にやったクラス会でもかなりの人数が集まり、今も元クラスメート同士仲良くしている人も多い。

 だがつい先日、その大事なクラスメートの一人が亡くなった。

クラスでも最も元気で明るかったヤツで、スポーツ万能だった。
あのサッカー大会でももちろん主力メンバーで、多分ゴールも決めていたと思う。

2ヶ月ほど前にメール交換していただけに非常に驚きだった。
今は、小学校の頃の彼のことを思い出しているが、自分にとっては彼の明るさ・生き方がカッコいいとずっと思っていた。
見た目とか頭がいいとか以前に、自分にストレートに生きているという点が魅力で、自分が大人になってからも、彼を思い出すたびに、ある意味憧れの存在だった。
そんな彼はもういない。
 4年前に職場の同僚を亡くした時、告別式で父親が挨拶で「たまには彼のことを思い出してくれると嬉しいです」と語られたのを聞いて、自分は「彼のことを一日一度は必ず思い出そう」と決めて、今もほぼそれは実行している。
  職場の亡くなった同僚の経験からわかったことは、

亡くなった人のことを思い出し続けることで、自分の心の中で彼はずっと生き続けること。

そして、誠に無念であるが、このことを実行する人物が一人増えた。

しかし彼を自分の心のなかに「生き続けさせる」ためにも、毎日思い出し続けてゆきたい。

米子に住んでいるのもあり、告別式には行けなかったが、来週末に仕事の用事もあって狛江に帰る。
一生の思い出となったあのサッカー大会の行われた狛江一小は、校舎が移転してしまい、今は存在しない。
旧校舎のあった狛江駅北口ロータリーに行って、優勝した時の喜び、そして彼が元気にグラウンドを駆け回った姿をじっくり思い出したい。

|

« START WITH US~僕達からはじめよう~ 2014シーズン開幕にあたって  | トップページ | いよいよホーム開幕戦!「外へのアピール」を忘れずに。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42190/60193059

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出すことで、彼は今も生き続ける:

« START WITH US~僕達からはじめよう~ 2014シーズン開幕にあたって  | トップページ | いよいよホーム開幕戦!「外へのアピール」を忘れずに。 »