2006/12/31

ダメだ!摩擦熱とオーバーロードで自爆するだけだぞ!

Top_142
更新の遅さに弁解のしようがない。仕事が上からの摩擦熱とオーバー労働で自爆しそうになるかもしれないような、非常に大変なこともありますが、それ以外にXBOX360も原因かもね。ここ2ヶ月ほど、久々にゲームにはまるようになってきた。世界中の人とオンライン対戦中のチャットなどでコミュニケーションが取れるのがすごい。チャットでは英語が一番飛び交っているけど、日本人の私はかたくなに日本語でしゃべっています。やっぱり日本語が一番!でも、誰も反応してくれない。当たり前か。もっと日本人のユーザーを増やさないとね。というわけで、英語を勉強したい人はXBOX360ですよ、やっぱり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/05

この風、この肌触りこそが戦争よ!

Top_122
新宿のヨドバシカメラにPS3のデモ機があったんで少しプレイしてきた。感想としては、「XBOX360と大して変わらない」に尽きる。PS3のデモ機の横にXBOX360のデモ機があって、一見するとPS3の方が断然きれいに見えるがあれは使っているテレビの違い。私はつい最近37インチ液晶TV買って、HD画面でXBOX360をプレイしているのでよくわかるが、PS3とほとんど同じだ。あえて違いがあるといえばブルーレイディスクとDVDというメディアの違いか。
今回はPS3と同時発売タイトルに「ガンダム ターゲット イン サイト」があり、これのデモを見てすごい、買いたいと感じている人もかなりいると思うが、以前私が巻頭言で述べたように、XBOX360では今度「ガンダム オペレーション:トロイ」が発売する。「トロイ」はただのシューティングとは違い、ガンダム系ゲーム初の「FPS(一人称視点シューティングゲーム)」である。基本的に1兵士を操作する形で、モビルスーツや戦闘機に乗り込んで戦うこともできる。
FPSは欧米で大流行しているゲームジャンルで、ハードの性能の向上で、実際に戦争に参加しているかのような錯覚に陥るくらいリアルになってきている。ランバ・ラルばりに「この肌触りこそが戦争よ」と感じられるのがFPSのすごいところ。通信対戦、いわゆる「撃ち合い」が燃える。私は「Call of duty2」という第二次大戦がテーマのゲームでネットワーク対戦を行っているが、最近までアジアのサーバ内での対決だったのが、ついに全世界のプレイヤーと対決できるようになった。これによってゲーム中のボイスチャットでは英語やポルトガル語などが飛び交う。外国語を勉強したい人にもXBOX360はおすすめだ。PS3はまだまだネットワーク環境は世界的には広がらないがXBOX360はもうそのインフラは整っている。ガンダム系のFPSで全世界の人々と戦うなんて、今想像するだけでもワクワクするぞ。
ということでXBOX360ですよやっぱり、ブルードラゴンなんかも出るしね。・・・・・・・とかいってこけたらすみません。以前私は「ドリームキャストは絶対PSに勝てる」と信じて周りにアピールして、思い切りこけた苦い経験がある・・・。けど、今でもドリームキャスト好きです。「シェンムー3」は是非360で出してください、鈴木さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/20

バカな、条約違反だ!

Top_49
最近XBOX360を購入しましたが、今は「Call of duty 2」にはまっています。いやーすごい。本当に第二次大戦当時にタイムスリップして戦っているような錯覚に陥った。外国のゲーム、いわゆる「洋ゲー」は結構作りが雑とかいう先入観があったけどそれを見事に打ち破ってくれた。FPSが欧米で流行するのもわかる気がする。通信対戦もすごい楽しい。ただ、ちょっと不満な点は操作できるのがアメリカ・イギリス・ソ連軍だけどいうこと。特にソ連軍は第二次大戦当時、日ソ中立条約を一方的に破って千島・樺太などを占領したこともあり、いいイメージを抱いていないので、プレイするのが複雑な気持ちだった。できれば日本軍やドイツ軍の枢軸国モードも欲しかった。日本軍なら部隊全員日本語を話してくれるので、感情移入もできるし。さすがに「連合国側」の作ったゲームソフトだけあって、難しいかもしれないけど、もし日本人がこのゲーム作ったのなら連合国・枢軸国両方ともプレイできたと思われ。だって、ガンダム系のゲームだってジオン軍モードはほとんどプレイできるし。特に私はガンダム系ゲームでは常にジオン派です。
非常にマニアックなネタですみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)