2010/05/10

ソラニン「キミがいたことを証明するために」

元狛江が舞台の映画「ソラニン」を、公約通り!?名古屋で二度目の鑑賞をした。
名古屋で大画面で故郷を見る感動もあったが、なんといっても考えさせられる映画だった。
特に二度目の鑑賞で感じた。

この映画の一つのキャッチフレーズは、

「キミがいたことを証明するために」。

最愛の人を失った主人公が、彼が好きだったギターを、彼の代わりに自らが演奏して舞台に立つというストーリーだが、この「キミがいたことを証明するために」に考えさせられた。
実は私は、今年の元旦に東京時代の職場で6年間共に働いた、私より2歳年下の同僚が急死する(享年35歳)という悲しい出来事を経験した。
これまで経験した「死」の中でも、あまりに急で、ショックだった。
帰省を終えて名古屋に帰って来たら、その彼から年賀状が届いていて、それを見るだけでもつらかった。
それ以降、例えばニュースで「まだ○○歳の若さで」亡くなったというのを見る度に、「でもあいつは35歳で死んだ・・・」と、自問自答することもしばしばであった。

そして昨年7月名古屋に行く前の私への寄せ書きに彼が書いてくれた文
Photo

単に私が一眼レフが趣味だったということで、前の職場でカメラが盛り上がり、「写真部」を半分遊びで創設され、私の肩書きが何故か「社長」で、彼が「部長」だった。
写真部提案をしたのも元々は彼で、一眼レフ購入の際もある程度アドバイスをした。
転勤後はもう活動も何もない状態になっていたわけだが、この寄せ書きを見て、

「写真部を復活させよう」

と誓った。

誓った直後は他の同僚に話し、若干盛り上がっていたが、あまり進展しなかった。
この前帰省して同僚と飲んだ時も、なかなか彼の話題をしにくい雰囲気だった。
亡くなって間もない時期に、亡くなった人のことを思い出して話たりはあまりしたくないものである。

でもこの映画を観て、それじゃいけないと思った。

「キミがいたことを証明するために」、いつも忘れないでいよう、彼がやりたかったことを受け継ぐこと、それをしたい、と。

告別式でも彼の奥さんや親は「時には○○のことを思い出してくれると嬉しいです」と語っていた。

私が一眼レフで撮影した写真の中に、たまたま「ソラニン」のシンボルとも言える、多摩川水道橋をバックに彼が写っている写真があるのを思い出した。
これを会社の机に貼っておこう。

ソラニンは5月13日まで公開中のところが多いのですが、まだ観に行っていない人は是非!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/05

「ドロップ」に私が映っていた!


http://homepage2.nifty.com/komaetokyo/
の巻頭言より転載


当サイトで何度も取り上げてきた、狛江が舞台、しかも私がいた時代、私がいた学校がモデルの映画「ドロップ」。
尻上がり人気でyahooトップでも取り上げられた。
私は公開以来2回観に行った。
チケットは会社のスタッフへのプレゼントを含め合計9枚購入。
内容は観てのお楽しみということで説明はしないが、私にとってはストーリーのどこまでが実話だったかや、登場人物のモデルの多くを知っているだけに、別の意味でも楽しめた。
そして私にとっての最大の関心事!?は、私自身が映っていたこと!
昨年7月に卒業式シーン(昭和63年)のエキストラに参加。
父兄役での参加だった。
私は昭和63年当時は卒業生として、今回は父兄役として、同じ「卒業式」に20年の時を経て2度出演した唯一の人間。
映画でそのシーンが近付くにつれてワクワク感がたまらなかったが・・・・・・・・映っていた!!
ただ、ヒロシにピントが合っているため、私はぼけて映っていたが。
多分私だけしか気付かないと思っていたが、観に行った私の会社のスタッフ数人から私が映っているのがわかったと言われた!
今まではテレビにはニュースステーションにスタジオ生出演したことなど、数回出たことがあったが、映画出演は初。
しかも今回は私の中学時代の卒業式を「再現」したシーンに出演ということで、単なるエキストラというわけではない。
それだけに嬉しい。
この映画の唯一の残念な点は狛江が舞台なのに狛江でロケが行われなかったこと。
まあ、仕方がないが。
でも、登場人物が何度も「狛江」と言ってくれたことは嬉しかった。
大ヒットしているわけだし、狛江の知名度は間違いなく上がったと思う。
広報こまえで新春対談した矢野市長も喜んでいるかも。まだ観に行っていない方は是非行きましょう!


にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/14

狛江が舞台の映画「ドロップ」公開まで1週間

Top

http://homepage2.nifty.com/komaetokyo/
の巻頭言より転載

狛江が舞台の映画「ドロップ」公開まであと1週間に迫った。
私は今回、ロケにエキストラ参加したり、主人公モデルである元クラスメート「井口達也」にインタビューをしたりと、いろいろ係わっているわけだが、まだ映画を観ていないので、どんな出来になっているかはわからない。
Jリーグ開幕に加え、この公開が非常に楽しみだが、この公開時期は私にとって、仕事がものすごい山場にあたる。
非常にキツイ時期である。
品川によると、この映画は不良映画ではなく青春映画であるとのこと。
私にとって青春ドラマ(映画)といえば、「スクールウォーズ」である。
5年前、映画版「スクール・ウォーズ」を観て、ものすごく熱い気持ちになって、仕事が一時的!?にやる気が出た時があった。
今回の「ドロップ」も、そんな熱い気持ちにさせる映画であるのならば嬉しい。
なんといっても私の中学時代、それも私がいた中学での思い出を元にした映画なのだから、感動は「スクール・ウォーズ」の比ではないだろう。
皆さんも是非観に行ってください!
狛江に来たことのない方は、これをきっかけに、是非狛江に来てください!!


にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/08

品川ヒロシ「ドロップ」の主人公インタビュー(音声)を公開!

Tatsuyaandm1

http://homepage2.nifty.com/komaetokyo/
の巻頭言より転載

ついにサプライズ企画発表!
3月20日公開の品川ヒロシ原作・監督の映画「ドロップ」の主人公の一人「井口達也」(映画では水嶋ヒロが演じています)へのインタビューを公開します!
PART1と2の2部構成でYoutubeにアップしました。
井口達也は私の中学2年・3年次の同級生。
彼のブログが開設したのを機に再会、今回のインタビュー企画を打診し、OKいただきました。
内容は井口達也に関することの他に、狛江についていろいろと語っています。
FC東京のことももちろん!
これを聴いた人は是非狛江に行きましょう!
そしてインタビューと共に流れるスライドショーでは、主に「ドロップ」と重ねながら見て欲しい狛江市内の風景の写真(昔のものを含めます)が満載です。
是非これらの風景を実際に見に、狛江に来てください!
そして、紹介されている商店街やお店にも是非行ってみましょう!

「狛江なめンなよ」 PART1


「狛江なめンなよ」 PART2


にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/03

「かい人21面相」世代(わかる人にはわかる!)

Top

映画「怪人二十面相・伝」を観た。
単に東宝の特別鑑賞券を持っていて、観られる最後の映画がこれだったので、せっかくだからと観に行ったわけだが。
いざ観たらすごく面白かったぞ。
私は「かい人21面相」世代(わかる人にはわかる!)で、二十面相の方は予備知識は全くなかったが、楽しめた。
SFXはハリウッド映画と比べても遜色なく、迫力があった。
金城武の役がかっこよく、あの役には男なら誰でもあこがれるだろう。
大どんでん返しもあり、最後まで興奮が止まらない。
元々は洋画好きの私だが、邦画がここまでのクオリティになると、最近邦画が元気のいい理由がわかる。
まだの方、是非観に行きましょう。
で、今ブログでブレイクしつつある、狛江の名前を全国に広めようと立ち上がった「狛江の怪人二十面相」とも言うべき人物との対談を今月中に実施、当サイトで公開を予定しております。お楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/03

来年映画に出演します。

Top
実は先日、お笑いタレントの品川ヒロシ原作・監督で狛江が舞台の映画「ドロップ」の撮影に参加したぞー!もちろんエキストラだけど(笑)。この「ドロップ」は、彼が中学校3年の2学期に木更津にある私立中学から狛江にある公立中学である狛江三中に転校してきた1987年秋から高校1年の1988年夏までの思い出を元に作った小説。当サイトでは何度も語っている通り、1987年秋、まさに彼の転校先の狛江三中に私は同学年の生徒として在籍していたのである。クラスは違ったが。なんで受験を控えたこんな時期に、そしてあんな元気な奴が来たんだろう?と思っていて、転校生ながら存在感は抜群だった。
「ドロップ」が発売された時、真っ先に買ったが、その頃の思い出を元に作成されたフィクションだったわけだが、登場人物のモデルも大体想像できて、私にはとてもリアルというか、うれしかった。そして映画化が決定。中学校の卒業式のシーンの父兄役のエキストラ募集を発見して、「35歳以上」と書かれており、ギリギリ35歳だったので、即応募して、今回出演することができた。1988年時の「狛江北中学校」の卒業式のシーンで、生徒の後ろで座っていただけだが、とにかく感慨深かった。何といっても私はこのモデルとなった1988年時の卒業式に、卒業生として参加しているのだ。そして20年後の2008年、フィクションながらそのシーンを再現した映画の撮影に父兄役として参加したわけだ。うれしくないわけがない。
同じようにエキストラ募集している三中時代の同期がいるかと思ったら、父兄役として参加したのは私だけだったようだ。
ところが一人発見。昼食時、ある人物が品川監督と談笑しており、なんだか見たことのある顔だと思い、多分登場人物のモデルと思われる彼かもと感じたが、あまり自信はなく、撮影前に近づいて、声を聞いて間違いない、彼だった。品川監督とは中学校時代、しゃべったことはあってもクラスは違ったので私のことは覚えてないだろうが、彼とは2年時・3年時と2年間同じクラスだったので、さすがに覚えているだろうと私が目でアピールするとやっと気づいた。会場まで歩いている途中だったので、手を振って挨拶しただけだが、隣にいた品川監督も彼に諭された感じで「あぁ、」と気づいた感じで僕に手を振った。覚えていたのかな?せいぜい顔くらいだろうが。
 映画は来年春公開予定。オフィシャルサイトはここ。狛江で撮影された「純喫茶磯辺」も狛江市民にとってはうれしい出来事だったが、「ドロップ」は、狛江が舞台ということでかなり狛江が露出されることは間違いない。映画の冒頭から「狛江」の文字が出るだろうから、映画を観た人がたくさん狛江に来るぞ~!私は仕事で木更津を担当しているが、木更津は今も「木更津キャッツアイ」の盛り上がりの名残がかなりある。経済効果もあったと思う。今度は我らが狛江だよ。品川は木更津の中学校から狛江に転校してきたんだし!(意味不明)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/08

「純喫茶磯辺」に次いで狛江が舞台になる映画、現在撮影好調!

Top3
現在公開中の「純喫茶磯辺」と並んで、狛江が舞台となる映画「ドロップ」が現在撮影好調!オフィシャルサイトもできていた!そこを見ると、品川の出身中学の狛江三中ならぬ小説で登場する「狛江北中」の写真が!さすがに三中では撮影できなかったようだ。サイトに掲載されてい写真を見る限りでは、実際の三中の方が味があっていいと思うぞ!単に私の母校だからそう思うのかもしれないが。なお、三中の正門は↑の写真。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/27

「インディ・ジョーンズ/クリスタルスカルの王国」

Top
超期待作の映画「インディ・ジョーンズ/クリスタルスカルの王国」を観に行った。19年前、第3作「最後の聖戦」を観たのと同じ映画館である新宿プラザ劇場をあえて選んで観に行った。そういった意味でもワクワク感が止まらなかった。
私は大のインディファンで、サントラCDは全作(2作目はレコードだったが)持っていて、中三の時には報道委員会の特権?でレイダースマーチを昼の校内放送に流したこともあった。映画を観た興奮期?には考古学者になりたいと考えたこともあったし、大学の卒業旅行でアメリカに行った時はあの帽子にそっくりなものをサンフランシスコで見つけて買ったり、鞭もさがそうとしたくらいだった(笑)。内容に関してはネタバレになるのであえて語りませんが、これまでの作品とは違ったSF的なエピソードでびっくりしたが、私としてはそれも好きな方だったので、かなり楽しめた。ラストシーンは心の中で「良かったねー」と思い、我が事のようにニコニコしながらエンドロールを見て映画館を出た。
さすがに次回作はないと思うが、もしやるのなら日本を舞台でやって欲しいけど、無理か。仮に5年後だとしたらハリソンは70歳、時代設定は1962年、伝説を語るような時代設定ではなくなるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/13

映画「受験のシンデレラ」を観た!

 現在公開中の映画「受験のシンデレラ」(和田秀樹監督)を観に行った。どういう映画かと言えば、末期がんに冒されたある受験指導のカリスマ塾講師が、偶然知り合った高校中退で家庭崩壊状態の女の子を東大受験へ挑戦させるといったストーリー。こういう物語はスポーツを題材にしたものならよく見かけるが、受験を題材にしたものは珍しい。

この映画は私が毎月買っている言論誌で取り上げられ、和田秀樹監督のインタビューが載っていたのを見て、「これは観に行かなければ」と思って映画館に走った。実は私自身にとって、この映画の監督である和田秀樹先生は「恩人」であった。とは言っても全く面識はないが、和田先生の著書のおかげで私はなんとか受験を突破することができたのである。私が高校2年の秋頃、部活の先輩から和田先生の著書『受験勉強入門』を勧められて購入、さらに後著『偏差値50から早慶を突破する法』も購入し、これに書かれていることをほぼ全て実行し、参考書もここに書かれているものを主に買った。受験勉強を理由に高校2年の終わりに部活を辞める友達が多く、私もそのつもりでいたが、『受験勉強入門』で「部活は続けろ」と書かれていて、その通りにしたし、これに書かれていることを参考に、予備校による夏や冬の講習も必要最低限しか受講しなかった。

 私自身、高校2年の2学期の時点では受験科目でさえ平均偏差値は50以下だったが、この和田式勉強法で15近くは上げることができた。かといって東大・早慶とまではいかなかったが、自分として納得できるところになんとか現役で合格することができた。

 この映画とプログラムを見ていると本当に過去の自分を思い出す。「京大カード」は私も使ったし、消しゴムを使わなくなったのも和田先生の著書の通りだった。

ただ、現実論から考えるとあれだけ短期間に東大合格へ導くのは難しいと思う。私の頃とは変わっているのかもしれないが、学力が中学生レベルの子が受験科目が3科目で済む私立ならいざ知らず、センター試験を含め、受験科目が多く、国内最難関の東大に1年半で合格するというのは無理だと思う。東大は受験戦争の頂点であり、象徴だからはずせないといったところだろう。

 ストーリーを通して感じるメッセージは、現状だと東大生は金持ちの子供が多く、「格差社会」と言われようとも人生を変えるチャンスは誰にでもある、自らの手で切り開けるといったところか。本当にスポ根ドラマが受験になったという感じである。

受験勉強を映画の題材にすることに拒否反応を起こす人もいるかもしれないが、こういった映画こそ今の我々が観る必要があると思う。競争は悪で、ナンバーワンではなくオンリーワンでいいという風潮、ゆとり教育による子供の学力の低下が問題になっているが、社会に出たら否応なしに競争の中で生き抜いて行かなければならない。それに、受験勉強をしている時はとても大変だが、振り返ってみればとてもいい思い出になる。私もこれまで生きてきて、最も充実していたのが高校3年の18歳の時だった。男子校だったので恋愛とは全く縁がなかったが、部活と受験勉強に燃えていたあの頃の熱い気持は今回の映画の女の子を上回ると個人的には思っている!?

 また、この映画はこれから大学受験をする高校生・浪人生にも非常に参考になるので是非観るべき。勉強法についてもかなり具体的だ。

 そしてもう一つの注目点!映画の冒頭で東大を目指す女の子がスーパーのレジで会計をするシーン。女の子の後ろに商品の棚が写っていて、ほとんどのスペースに私の会社の商品が陳列してあった!しかもかなり長い時間写っていて、あるシーンではブランド名もはっきり見えた!もしかしたらうちの会社がスポンサーになっているのかと思い、エンドロールを見たが載っていなかった。これは思いがけない喜びだったぞ!ということで、私と同じ会社の人は必見かな!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/15

よくやった。脱出する。

Top

スピルバーグGJ!?待っていたぞ!ついにインディ・ジョーンズ最新作「インディ・ジョーンズ クリスタルスカルの王国」の予告編が公開!

| | コメント (0) | トラックバック (0)