2013/04/14

負けもまた楽し

リーグ戦開幕2連勝のあとの4連敗。
ホーム開幕戦勝利を目の前で観て、「今年は行ける」と思っていたのに、試合内容自体はいいだけに勝てないのは悔しい。
自分は鳥取県在住というのもあり、まだホーム開幕戦しかリアルで観ておらず、それ以外はスカパー観戦だが、
負けが続くと確かに「ストレス」がたまるわけだが、
これはこれで「楽しい」のである。
 今から14年前の99年、自分がまだFC東京を応援する前は、仕事が特にきつくて家に帰ってもこれといってすることもなく、ただただ毎日を無駄に過ごすだけだった。
それが同年の10月、地元東京のチームがJ2で戦っているのに少し興味を持ち、ふとしたきっかけで等々力に行ったのをきっかけで、FC東京にはまった。
 FC東京ファン(というよりJリーグチームのファン)なら、ファンになる前と、ファンになってからチームが不振な時期を比べれば、どっちが「楽しい」か、答えは明白だろう。

 

地元(出身地)代表のチームがあり、それを応援することができる幸せ
これを一人でも多くの地元(自分の場合は狛江)の人に知って欲しい

 

という気持ちで2000年にネットで知り合った2人で「FC東京を応援する狛江人の会」を立ち上げたわけだが、
FC東京を応援し始めたことが自分の人生で最大の「転機」だったと思う。
今は転勤で東京を離れているため、出身地のチームというわけだが、東京生まれ・東京育ちの自分が、東京人としてのアイデンティティを保つためにも、なおさらFC東京を応援せずにはいられない。
4年前に名古屋に転勤し、2年前にさらに米子に異動し、FC東京を応援して以来初めて地元を離れることになり、
異動先ではFC東京とは関係ない分野でいろいろ活動しているが、
これもFC東京を応援する狛江人の会の活動(ネット含む)での経験が大きく生きている。
そしてその根底にはFC東京を応援することで培った「東京人としてのプライド」がある。
「東京も一地方都市。出身者も他の地域の出身者も、故郷を思う気持ちは同じ。」
自分自身が故郷を思う気持ちがなければ、今いる地の人達の故郷を思う気持ちはわからない。

 

そういったプライドはFC東京の存在なしにはありえなかった。
だから負けても「楽しい」
もちろん勝ったらもっと楽しいが(笑)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/03

100勝まであと1勝!

http://homepage2.nifty.com/komaetokyo/
の巻頭言より転載

 ゴールデンウィークに狛江に帰省して、ACLのブリスベン・ロアー戦を観に行きました!
土砂降りの中で、全身びしょびしょになりましたが、勝って、しかもラウンド16進出を決めて良かった!
これで心置きなく米子に帰れます。
実は今回の勝利ですが、私が99年の10月24日の川崎戦を皮切りに、これまでFC東京の試合(公式戦のみ)を目の前で観戦して、99勝目なのです。
本来ならもっと早く達成していないとおかしいのですが、09年7月より東京を離れて名古屋に転勤、11年4月には米子に転勤して、観戦回数が激減したことで、非常に遅くなりました。
あと1勝で記念すべき100勝になります!
その100勝を5月26日の浦和戦で叶えるべく、再び米子から東京に帰って参ります!
100勝目の相手が宿敵浦和との対戦ということで、これで勝って100勝を決めれば本当に嬉しい。
それにしてもこの自分が累計で211試合も観戦しているというのが信じられません。
私は、FC東京と知りあうまで、サッカーはせいぜいワールドカップ予選や本大会くらいしか観ませんでしたし。
Jリーグに関しては、地元にチームがなかったというのもあって、ブームが去ってからというもの、ほとんど関心ありませんでした。
それが自分の故郷東京にチームができたことを知って、たまたま観戦に行ってみて、はまってしまい、翌年にはFC東京を応援する狛江人の会や当サイトを開設し、今に至ります。
これによって間違いなく人生変わりました。
社会人になってから、仕事が大変で、趣味も何もする気も起きないような生活でしたが、これを機会にプライベートの生活は一変しました。
くどいですが、試合前に流れる「スタジアムに行こう」の歌の歌詞
「うまくいかない こともあるけど ここに来れば大丈夫」
は本当にそのとおりでした。
「FC東京を応援する狛江人の会」は、ネットで知り合った市内在住サポーターの方と2人で00年6月に立ち上げましたが、
当時はまだスタジアムも完成していなく、調布エリアでさえもあまり盛り上がっているとは言えなく、狛江市内ではFC東京の知名度はゼロに等しいくらいでした。
そんな中で、「狛江市内を青赤(FC東京のチームカラー)に染めよう」、言わば「町を変える」という壮大な夢をたった2人で実現させようということに大きな喜びを感じました。
それから数年経って、FC東京フロントや、商工会の方にも協力いただき、共に活動をするという貴重な経験をしました。
 現在東京を離れていますが、名古屋に行っても米子に行ってもこの経験が非常に生きています。
 こういう、我が故郷の「街づくり」に参加してゆくことができるきっかけを作ってくれたFC東京には大きく感謝したいし、FC東京が故郷の代表チームであることに誇りを感じます。
 もちろん一生青と赤でついていきます。
100勝は、あくまで自分にとっての「100勝」ですが、すごく意味があります。
今度の浦和戦はそのためだけに帰って来ます。Top21


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/29

かけがいのない故郷、東京

Top


ものすごく久々の更新申し訳ございません。
米子に来て20日間ほど経ちますが、ブロードバンド環境がまだ整っていないのと、久々に営業に復帰したことや生活環境が変わったこともあって。。
鳥取はガイナーレ鳥取一色です。
職場の人もガイナーレ鳥取のことに関心あります。
自分達の地域の代表チームという意識がとても強いと思います。

私は、米子では名古屋にいた時以上に都内や狛江市内の風景などを思い浮かべます。
やっぱり故郷なんだなあと。

当サイトで何度も主張しましたが、
都市だろうと地方だろうと、そこで生まれ育った人(あるいは心のアイデンティティをその地域に持つ人)にとっては、かけがいのない故郷。
東京出身だと故郷という意識がないなんてとんでもない。全国どこでも同じです。
私がFC東京を応援し始めた原点はまさにそこにありました。
ここ参照。
福岡にいる時もそうでしたが、離れると本当に故郷のありがたみがわかります。
そしてその故郷東京を代表するチーム、FC東京があることが最大の誇りであり、最大の自慢です。
どこに行っても応援し続けます。
スカパー観戦が多くなると思いますが、現場にいるつもりで応援したいと思います。
今シーズンも宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/19

AJUDA DOS TORCEDORES DA J-LEAGUE

Danketsu

Nós somos membros da torcida da J-League.
Quando há jogos da J-League, nós visitamos outras cidades para torcermos para nossos times.
Mas...agora não podemos.
Gostaríamos de pedir ajuda aos torcedores de futebol do mundo todo, pois o Japão enfrenta uma crise devido ao terremoto, tsunami e muito mais.
No nordeste (Touhoku) do Japão, onde ocorreu o terremoto, há times da J-League também.
Temos que nos mobilizar para ajuda-los.
O poder pessoal tem limite, porém podemos nos unir para discutir e tomarmos medidas para ajudar as vítimas em Touhoku.
Pedimos, por favor, que cooperem conosco.
Se você tem interesse sobre esta ação, por favor, juntem-se a nós.
Nós podemos contribuir mais e mais para ajuda-los.

 

J-LEAGUE: Liga Profissional de Futebol do Japão.

 

 

Supporting the disaster area by J.League fans-

 

First of all,we're really sorry to know that many people were killed or injured in this massive earthquake that happened 3.11.
We,the J.League fans often visited the disaster areas (such as Sendai) as away teams.We're sorry and sad to see the areas destroyed.
considerin' this situation,some of the J.League fans have decided to give helping hands for the disaster areas and its teams.
To give helping hands,we're planning to collect and send donations and reliefs to the area.
and to help people by going to the disaster area.
To do so,we have to unite with each other first.
beyond the difference of teams.
This website is a community to exchange information 'bout the disasters,donations and so on.
We welcome whoever wants to join us and help the disaster areas.
(including groups)
If you can,please join and help us.

 

Thank you for your cooperation

 

 

リーグサポーターにできること 

 

-Jリーグサポーターによる東北地方太平洋沖地震の支援活動-

 

東北地方太平洋沖地震にて、地震や津波により被災された日本各地の方々に、まずは、深いお悔やみとお見舞いを申し上げます。
 Jリーグサポーターは、Jリーグをはじめとする試合の遠征で幾度も訪れた地域や関係する人々に災いをもたらしたこの地震の被害に、大変悲しみを覚えているとともに、この緊急の事態と被害の深刻さに深い憂慮を抱いている有志から、なにかJリーグのサポーターとして出来ることがあるのではないか、との声が集まっております。
これにつきまして、緊急援助物資の提供や募金活動による支援、さらには緊急に人的な支援を現地で行うことを急ぎ検討しております。
情報の集約や関係各所との調整を踏まえまして、行動原則に基づいて、様々な活動を行うJリーグサポーター有志との連携のうえでの災害復興活動や各種の支援活動を行いたいと考えます。
本ページは、そのための知恵と情報を集約し、行動のための各種の段取りを行うためのページです。
クラブチームの垣根を越えて、被災地域へのサポートを行いたいという団体や個人を募集しております。
賛同の方は、ご協力くださいませ。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/30

頑張れ!サッカー東京代表!情熱をぶつけろ!優勝をつかみとれ!

 

 

ついに3月5日、Jリーグが開幕する!
FC東京の選手達は、我々東京人の代表であり、誇りです。
一人ひとりが、東京日本という地域を代表して戦うことのすごさ、重みを感じながら戦うと思います。
自分のためだけではない。
チームのために。
愛する人のために。
故郷東京のために。
応援する我々も、東京人の誇りを胸に、自分達の代表でもある選手達と共に戦おう!
「東京!!!東京!!!」と自らの地域名を連呼することで、熱くなろう!
絶対に負けられない戦い。
代表ではこういう戦いを見られる機会は少ないが、Jリーグでは毎年必ずある。
これほど幸せなことはない!
是非スタジアムに足を運んで、みんなで燃え上がろう!
VAMOS TOKYO!
東京こそすべて! 俺らを熱くする!情熱をぶつけろ!優勝をつかみとれ!

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/07

我々がチームに何をできるかを問え

Top

 

http://homepage2.nifty.com/komaetokyo/の巻頭言より転載

 

Ask not what your country can do for you!
Ask what you can do for your country!

 

皆さんも御存知かと思いますが、上記の言葉は、アメリカのケネディ大統領(当時)が就任演説で述べた有名な言葉。

 

「国が諸君に何を出来るかを問うな! 諸君が国に何をできるかを問え!

 

日本ではなかなか指導者自らがこういうことを言える国ではないが、これを

 

「チームがサポーターに何を出来るかを問うな!サポーターがチームに何を出来るかを問え!」

 

に置き換えて考えて欲しい。

 

 

ついに東京がJ2に降格してしまった。
フロント刷新とか監督交代とかいろいろな意見が出ている。
私自身もチームの強化や監督采配に、おかしいと思うことも多いが、99年のJリーグ参入以来、少なくともFC東京をJリーグで3番目にホームゲームの観客動員数のチームにしてきたフロントの努力はとても評価しているし、感謝している。
だから、経営面では村林社長をはじめとしたフロントを軸に継続してほしい気持ちが強い。あくまで個人的にだが。

 

いろいろと掲示板などを読んで思うのだが、見る限り、ほとんどが批判であり、フロントへの要望である。
もちろんサポーターとして、言うべきことは言わなければならないと思う。

 

しかし、J2に降格した今、果たしてそれだけでいいのか?

 

私が何度かFC東京のファンクラブ通信の村林社長のコラムを読んできたが、「SOCIO30000人を目指す」とか観客を増やすためには「『なんでもあり』というのも必要」と書かれていることもあり、これらは非常にファン(サポーター)にも何らかのアクションをして欲しいという気持が、個人的には読み取れた。
フロントの力だけで常にスタジアムを満員にとか、SOCIO30000人にするというのは、努力をしていても、正直限界がある。

 

地域イベントへの参加がマンネリ化しているという意見も見たが、そういう意見を言う人が、これまでそれに足を運んだり、チームの「味スタを満員にし隊!」の活動の協力をやってきたか。

 

来シーズンはJ2ということで、メディアへの露出も少なくなり、代表クラスの選手が自分達だけではなく、対戦相手も少なくなる。
このままでいたら観客動員が間違いなく減ってしまうということである。
チームのJ1昇格以前に私はこっちの方が心配である。

 

チームをサポートするのなら、チームの予算のこととかスポンサーのこととか言う以前に、サポーター自らが、チームのために動くこと、それがこれから特に要請されると思う。
99年から00年にFC東京がJ1に昇格した時、J2時代平均観客動員数が4000人程度だった当時はFMC(FC東京と一緒に楽しむ会:府中・調布・三鷹のJCメンバーが主体。メンバー制度はなく、FC東京を応援する狛江人の会がメンバー制度がないのもこれに倣いました)の掲示板などで、サポーター同士で、どうやって地元でFC東京を盛り上げていくか、が主な話題だった。
J1に定着して、代表選手も数多く輩出し、メディアでも取り上げられ、観客動員数も増えた今、そういった話題はあまり出てこない。
これは当然であり、決して悪いことではない。

 

しかし、J2では、こういうことを話題にし、サポーター自らが動くことが必ず必要である。
チームだけに期待しても、予算にも、人員にも限界がある。

 

それに、我々が思っているほど、FC東京は知名度は高くはない。
東京に住んでいても、FC東京のことを知らない人や、ヴェルディと勘違いしている人もいるくらいである。

 

全くサッカーに興味のない人を巻き込むのは難しい。
しかし、代表戦くらいは見るという人は十分ターゲットになりうる。
そういう人達に、FC東京が、「日本代表」ではないけど、「東京代表」、すなわち、我々の街の代表チームだと思わせること、そしてスタジアムに足を運んでもらうこと。

 

そうなれば、たとえFC東京がJ2にいようとも、負け続けようとも、観客動員は減らない。
観客動員が増えることは、チームがさらに強くなることにもつながる。

 

これをサポーターの力でやること。
簡単にできる協力として、今思い当たるのは、

 

協力商店街のお店やポスターを貼っているお店で買物をすること
試合日は、家からスタジアムまでレプリカを着用し、その行き帰りにお店で買い物をしたりして東京サポーターが地元のチームであることをアピールすること

 

これらはお店の人には、もしかしたら応援することが商売につながるかもしれないと思わせるだけでなく、サポーターの存在を多く見せることで、ポスターや街灯バナーフラッグ以上の効果がある。
それと、01年に多摩川水道橋開通時に川崎サポーターと行った綱引き大会などのイベントに、サポーターが何らかの形で参加すること

 

このためには、それぞれの地元のサポーターが団結する必要がある。
今はネットで容易に地元サポーターが集まるのは可能である。

 

とにかく危機感を持って、考え方の違いなど、全てを超えて、団結すること。
そうでない限り、「強く愛されるチーム」にはなれない。
私達が、チームにできること、それをやっていこう!

 

私自身は今名古屋在住のため、まともに地元での活動はできていないが、ネット上でサイト運営だけでなく、交渉関係も行いたいし、戻ってきた時には何らかの活動をしたい。

そして!!

 

年末に、狛江市内のFC東京街灯バナーフラッグの付け替え作業を行いたいと思います。
作業をできるだけ多くのサポーターみんなでやることが、大きなアピールになります。
市内在住であるなしは構いません。
こういった「団結」をそれぞれの地元でやってゆくための経験としてもいいかもしれません。
協力していただける方を募集致します!
皆さんよろしくお願いします。

 

                        FC東京を応援する狛江人の会  徳永 健

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/24

You'll never walk alone.

http://homepage2.nifty.com/komaetokyo/
の巻頭言より転載

在、名古屋に住んでいる私にとって、アウェイの東京VS名古屋の試合は特別な試合。
しかも今回は名古屋が優勝を決め、東京が残留争いの真っ只中にいる。
豊田スタジアムでの試合も今回初めてだった。
昨年7月に職場の人事異動で、一人で名古屋に赴任することになったが、東京サポーターとしては「孤独」だった。
今自分のいる名古屋(愛知)に、自分の地元である東京からこれだけ多くの東京サポーターが駆けつけてくれて、東京にいる時からおなじみの応援をここ愛知でしているのを見て、本当にジーンときた。
これだけでも十分嬉しく、心強かった。
今の自分は、決して孤独ではない。
You'll never walk alone.
これは、例えばある日本人が外国に住むことになって、たまたまその地にスポーツの試合で日本代表チームとファンが日本からたくさんやって来て、その試合に自分もいる時の感覚に近い。
私の経験でも、愛郷心・愛国心というのは地元を離れて強くなってくるが、本当にそうだと感じた。
特に東京出身の私は、東京に住んでいる時は、狛江に対する愛着はあったものの、「東京人」という意識はほとんどなかったが、初めて東京を離れた時に、自分が東京人であることを自覚し、

東京だって一地方都市である

と自覚した。

そして99年10月にFC東京の試合を初めて観戦して、それがますます強くなった。
今回はJ1残留がかかった、残り3試合で最も重要な試合という自覚を持っていて、緊張していただけに、沢山のサポーターの姿に本当に感動した。

そして監督・選手達は優勝を決めたチームに目の前で勝ってくれた。
今シーズン、目の前で東京が勝った試合を観たのは開幕戦以来2度目。

勝った瞬間、一人で泣いてしまった。
ナビスコカップで優勝した時でさえ涙は出なかったのに。
やっぱり今自分がいるこの地に多くのサポーターが来てくれたこと、そして今自分がいるこの地でチームが勝ってくれたことの喜びがなんとも言いがたかった。

選手・スタッフの皆さん、東京からここまで来てくれたサポーターの皆さん、本当にありがとうございました。
そしてスタジアムまで一緒に行ってくれた、名古屋に来てからマイケル関係で知り合った名古屋ファンの方々、どうもありがとうございました!
いつかお互いのスタジアムで、試合開始前かハーフタイムにHeal the worldの大合唱をするのが夢です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/13

全治6週間の横浜中沢、目標はXマス復帰

http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp0-20101113-701479.html

左ひざに重傷を負い、全治6週間と診断された横浜DF中沢佑二(32)が不屈の姿勢をみせた。全体練習中に内側側副靱帯(じんたい)を損傷してから一夜明けた12日、厳しい状況を踏まえながらも「早く治したい。できる限りのことはする」として、12月25日の天皇杯準々決勝で戦列復帰を目指すという。17日の4回戦突破が前提となるため「勝ってもらえればいいんですけど」と同僚の奮闘を期待していた。篠田フィジカルコーチから「(6週間より)早く回復する可能性もある」と言われており、日本代表として来年1月のアジア杯出場もあきらめてはいない。


もちろん明日の日産スタジアムでの試合は中沢は出られない。
中沢のいる横浜FMと戦って勝ちたかった。
J2降格争いにいる中、そんなことを言っていられないかもしれないが、選手の負傷はたとえ敵でも同情する。

FC東京サポーターはかつてはよく累積警告による出場停止で出られない相手チームの選手のコールをして敵サポーターを挑発したが、もちろん負傷で出場出来ない選手のコールはしたことは、自分の知っている限り一度もない。

で、実は確か2003年のナビスコカップ開幕戦の横浜FM戦では一度横浜FMサポーターに、出場していない「アマラオ」コールをやられたことがあった。
 2000年開幕戦に井原・城コールをやったりした仕返しだろうが、この時アマラオは負傷して出場できなかった。
なのでひどいと思った。

まあ、だいぶ前のことなんでいいけど、中沢選手の早い復帰を祈ります~

そして明日はスカパー観戦で名古屋から東京を応援します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/09/27

スカパー初観戦勝利ならず。

Top


スカパー初観戦勝利ならず。
しかも順位の近い大宮に負けたのは痛い。
しかし、大熊監督率いるサッカーを久しぶりに見させてくれて、なつかしく感じたし、希望が持てた。
試合終了後もVAMOSコールし続けるサポーターの気持もよくわかった。
私が東京を応援し始めて最も好きだったのは、00年シーズンの開幕時の旋風を巻き起こした時期。
シンプルに、気持を込めて、最後まで全力で突き進むのみ!


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/09/20

「部活サッカー」再び

城福監督解任で、大熊元監督が9年ぶりに再び東京の指揮を取る。
東京の初代10番こと奥原コーチも退任し、長澤コーチがトップチームに復帰。
多分倉又さんだと思っていただけに、驚きだった。
でもとにかくほっとした。
大熊さんなら少なくとも「負けないサッカー」はしてくれるし、中村俊輔から「部活サッカー」と揶揄されたが、00年開幕から「無名軍団」が優勝候補チーム相手に続けざまに勝利し、「東京旋風」を巻き起こした、「全員守備・全員攻撃」のサッカーを見せてくれそうだから。
私が好きだったのは頃の東京だし、東京が失いかけている泥臭さが今こそ必要だと思う。
監督としての気持の熱さは日本一だと思う。
それは、スタジアムに響き渡る声を聞けば誰でもわかる。
それにしても、今の東京の選手で大熊監督の下でプレイした選手がもういないというのは以外。
今の東京最古参の選手って、02年シーズン途中に加入した石川なんだよね。
そういう意味でも大熊采配はどうなるのかわからないが、とにかく目標が残留と決まった今、着実に勝ち点を積み重ねていかねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧