2011/02/18

facebookに「狛江人集まれ!」ページ開設!

http://homepage2.nifty.com/komaetokyo/の巻頭言より転載

最近、ほとんど放置状態だったfacebookを使い始めました。
と言っても友達ゼロに近いですが・・・。
で、「狛江人集まれ!」ページを作りました。

狛江人集まれ!

Facebookページも宣伝

http://www.facebook.com/pages/po-jiang-ren-jimare/190444000989533?v=app_2309869772
これも参加者ほぼゼロですが。
とにかく先駆者を目指してということで。
やったもん勝ち!ビギナーズラック!ということで(笑)
ここでもFC東京について取り上げてゆきますが、基本は狛江ネタをメインに掲載してゆきます。
当サイトも狛江ネタメインでしたから。
狛江ネタから入ってくるFC東京に興味のない狛江人とFC東京との接点を作ること、これは10年来やってきた得意ワザです(笑)
その原点に立ち返ってやってきます。
当サイト及びFC東京を応援する狛江人の会は、既にFC東京サポーターの人ではなく、新たなFC東京サポーターを開拓することに設立の目的があります。
元々エントリー獲得が主目的ですね。
カスタマーはファン向けサイトやブログ・SNSということで。
みなさん是非、「イイネ!」を付けちゃってください。

よろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/30

狛江銀座商店街にFC東京バナーフラッグ掲出!

Ginza1
Ginza2

狛江市内に新たにFC東京街灯バナーフラッグ掲出商店街が加わりました!
加わったのは、狛江三叉路を起点に、狛江通りと世田谷通りに面する、狛江銀座商店街!
車の行き来が多い通りで、注目度も大です!
これで狛江通りが起点の三叉路から狛江銀座・御台橋・国領と、FC東京のフラッグである程度までつながることになりました。
「狛江通り」という名前は狛江人としてはすごく重要なので、正式名称はもちろんこのままでいいですが、
別名を「FC東京通り」と呼びたくなってきました!
少なくともサポーターの間では!

今回の掲出作業、当初は5人くらいで作業するつもりでいましたが、いざ集まってみると、その3倍の15人くらいはいましたね。
おなじみの市内の東京サポーター仲間から、サイト・ブログ・ツイッターなどで告知したのを見て、市外から来てくださったサポーターまでいて、狛江で久々にサポーターが「団結」して活動をするのを見られたのが嬉しい限りです。
自分は名古屋在住なので、普段はポスター配布などなかなか協力できずに、市内でいつもポスター配布を一生懸命やってくれる方々に大変申し訳ないと思っていましたが、帰省時にこういう活動に加われたのは本当に嬉しかったです。

来シーズンはJ2ということで、メディア露出などは少なくなるため、我々ファン・サポーターの姿を街の人に見せることでFC東京の存在・サポーターの存在をアピールできればと個人的には思っています。
「サポーターがメディアになる」ですね。
J2は試練ですが、ある意味チャンスであるとも捉えたい。


今回のフラッグ掲出に尽力いただいたFC東京フロントの方、市内のサポーターの皆さんに心から御礼申し上げます。
そして狛江銀座商店街のみなさん、狛江商工会のみなさん、本当にありがとうございました。

でも、掲出報告時に毎回アピールしますが、これからが大事です。
フラッグ掲出しただけでは街は元気になりません。
市内のFC東京サポーター自らが率先して、フラッグ掲出商店街やポスター掲示店を利用することで、お店を盛り上げて、お店もFC東京の応援にもっと協力してくれるようになるはずです。

FC東京をうまく「利用」して、狛江をもっと元気のある街にしていけば、狛江市内のFC東京ファンはもっともっと増えてゆきます。

我々の力で、狛江をもっともっと青赤に染めて、もっともっと元気のある街にしてゆきましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/09

11月14日の狛江市民まつり、みんなで市民グランドへ行こう!

http://homepage2.nifty.com/komaetokyo/
の巻頭言より転載。

11月14日(日)の狛江市民まつり。
今年ももちろんFC東京が参加します。
FC東京オフィシャルサイト参照。
恒例の大人気、キックターゲット大会を実施!
アウェイの横浜Fマリノス戦と重なる時間帯があるのがなんとも気にかかりますが、日産スタジアムに行く人も、是非行く前に、FC東京グッズを身に着けて市民グランドへ寄りましょう。
FC東京グッズを身に着けて市民まつりで大勢の人が集まる中を歩くことは、FC東京の大きなアピールにつながります!
みんなで狛江市内にはこんなにFC東京ファンがいることを見せつけ、そして試合に勝ちましょう!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/20

新潟県長岡市と東京都狛江市のつながり

http://homepage2.nifty.com/komaetokyo/の巻頭言より抜粋

連休中に、名古屋から再び狛江に帰ってまいりました。
一番の目的は、17日、ワールドカップ後初めてのリーグ戦、神戸戦で東京の勝利を見るため!
そして長友に会いに行くため!
試合結果は・・・・・・・・・・次ね、次。
長友、ありがとう。
サングラス着用したりと、最後までユーモアを忘れない姿が最高だった。
東京に来た時も試合後でんぐり返ししたり、10年前の開幕セレモニーの春一番に次ぐ「1・2・3・ダー!」やったり(笑)
イタリアでの活躍を祈ります!
そして翌日は和泉多摩川商店街の街灯バナーフラッグ付け替えと多摩川いかだレース見学。
フラッグはかなり古くなっていたので新しいものをフロントの方から提供いただいたので、暑い中、50本ほどのフラッグを付け替えました。
アピール好きの私はもちろん東京レプリカ着用。
いやー疲れた。
今回は私を含むサポーター2人と、商店会長(ドモト洋品店の社長)と、スクエアーのマスターの4人でやりましたが、私が脚立に乗って付け替えの作業担当になりました。
なので、写真の街灯フラッグは、全部私の取り付けです。

下で脚立を支えてもらったり、フラッグを受け取ったりの連携プレーで2時間くらいでなんとか50本付け替え完了。
すっかり綺麗になった商店街のフラッグを見て達成感ありあり。
その後はビールが美味かったに決まっておりますな。
スクエアーさんありがとうございました。

こうやってサポーターが商店街の人達と一緒に作業をすることは本当に楽しいし、絆が深まります。
東京を離れてからも、帰省した時に合わせてこういった作業を出来るのだから感動。

大手ショッピングモールが出来たり、新宿とか下北沢とかだともっと安くいいものが買えたりというのもわかります。
でも、こういう形で商店街の人と人間関係ができて、街を盛り上げるために一緒に協力してやっていくというのは、大きいところではなかなかできません。
先日七夕まつりで、私が名古屋にいるのにもかかわらず、電話連絡だけでマイケル・ジャクソンのゲリラダンスの打合せをして、実施できたのも、商店街ならではでしょう。

商店街隆盛期を知っている人間にとって、シャッター通りが広まる現状は、仕方ないという部分もあるけど、なんか寂しいじゃないですか。

特に30代以上のサポーターの皆さん、かつてお世話になった商店街に恩返ししましょうよ!

それと、多摩川いかだレースでふと気づいたこと。
狛江市とふるさと友好都市は新潟県川口町だったが、そういえばここって長岡市に吸収合併されて、そのまま長岡市が友好都市になっていた。
129

どこかと吸収合併されたというのは知っていたが、あの長岡市だったとは。

実はこの2市にはすごい共通点が生まれた。

7月4日 和泉多摩川商店街の七夕まつりにて

その6日後 7月10日 長岡市大手通りの商店街にて

今気づいてびっくり!
友好都市同士で交流したいものだ。
毎年いかだレースだけでなく、市民まつりにも川口町の人達来てくれていたから、今度の市民まつりを期待してしまう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/07/12

FC東京を応援する狛江人の会 10周年にあたって

http://homepage2.nifty.com/komaetokyo/の巻頭言より転載

2000年6月に創設した、FC東京を応援する狛江人の会も、ついに丸10年を迎えました。
1999年11月、FC東京がJ1に昇格した当時、チームの知名度も低く、「狛江がホームタウン」なんて言っても誰も信じてくれない中、なんとかその現状を打開しようと、ネット(FMCサイト)で知り合った、私を含む狛江のFC東京サポーター2人で「FC東京を応援する狛江人の会」を設立。
サイト開設を私が担当し、一人でも多くの狛江市民にFC東京を地元チームだと認識してもらおう、FC東京と接するきっかけ作りをしようと、いろいろとやってまいりました。
当時私は仕事の都合で横浜在住だったこともあり、市内での実際の活動(ポスター配布やチラシのポスティングなど)はもう一人の方(以下Oさん)にやっていただき、サイト上では大きな会のようなイメージを与えるようにしながらも、実はしばらく2人だけで活動してまいりました。
「FC東京を応援する狛江人の会」というネーミングは、Oさんが考えてくれました。
特に「狛江人」というネーミングは、当時は狛江市内でも馴染みの薄い言葉でした。
私のように狛江出身だけど今は狛江市民でなくても、アイデンティティが狛江にある人は「狛江人」という意味で、非常にこの言葉が好きになり、当サイトのタイトルにもしています。
今は狛江人という言葉は市内でも耳にすることができて、大変嬉しく思います。
今はOさんとは共に活動を行ってはいませんが、開設時のことを思い出すたびに、感謝の念にたえません。
どうもありがとうございました。
その後5年間は、5周年時の思い出を読んでいただければと思います。
2005年秋に、和泉多摩川のスクエアーさんが、サポーターの集まるお店として立候補してくださってからは、ずっと期待していた「市内のFC東京サポーターの団結のきっかけを作ることができました」
今も市内サポーターの輪が広まっていますが、その輪の最大のきっかけは、このスクエアーさんでした。
市内のサポーターが試合後に集まって祝勝会をやったりする光景を市内どこでも見られるような、きっかけ作りをすることも狛江人会の大きな活動の目的でしたが、まずはこの段階で実現できました。
2006年には念願の、狛江初のFC東京街灯バナーフラッグが和泉多摩川商店街に掲出されました。
これもスクエアーさんとの関係なしには実現できませんでした。
スクエアーさん・和泉多摩川商店街の皆さん、ありがとうございました。
その後は商工会とも関係が出来、フラッグ掲出商店街がさらに増えました。
05年時点では実質2人で仕事の合間に活動をするという形でしたが、お陰さまで多くのサポーター仲間が市内でのFC東京ホームタウン活動に協力してくださるようになり、さらにフラッグ掲出商店街・ポスター掲出店が増えました。
今私は東京を離れ、名古屋にいますが、市内在住サポーターの皆さんの力で、狛江はさらに青赤に染まりつつあります。
皆さん本当にありがとうございます。
もちろんFC東京の皆さん、市内のFC東京ファンの皆さん、お店の皆さんにも大感謝です。
本当に感謝・感謝が全てです。

今後の課題は街だけでなく、市民のハートも青赤に染めること、ですね。
そのためには何をするべきか。
個人的には何度も訴えてきたように、

サポーター自身の姿を「見せる」こと。

サポーターが率先して応援協力店で買い物・飲食をすること、そして試合当日はスタジアムへの行き帰りもFC東京グッズ(特にレプリカ)を身に着けること。
こうやってサポーター自らが市内の協力商店街・協力店を利用する姿を何度も見せることで、お店もFC東京のサポーターに感謝をし、お店としてFC東京をもっと応援するようになり、さらにサポーターが増え、狛江市内のお店も売上が伸び、もっともっと元気な街になります。
狛江市内のお店の現状を伺うと、不況の影響もあるためか、決して元気があるとは言いがたい状況です。
商店街の活性化、これはショッピングモールの出店などの影響で、全国の多くの場所で課題となっています。
狛江も、特に若年層は、市内であまり買い物をしない人が多いのが現状です。
 私の個人的な意見ですが、故郷の商店街を守りたい、小さい頃あれだけ賑やかだった商店街の風景を少しでも取り戻したいという強い気持ちがあります。
でも安さとかサービスとかで、市内のお店が対抗できるとは思いません。
だとしたら、市内のFC東京自らが意図的に応援協力店を利用することによって、売上に貢献し、市内の経済活性化に「協力」すれば、狛江はもっともっと青赤に染まります。
魅力的なお店ももっともっと増えてゆきます。
せっかく地元にFC東京という、素晴らしいチームがあるんです。
このFC東京をうまく「利用」して、もっともっと狛江を元気な街にしてゆければ、と思っています。
(狛江在住でない人間がこんなことを訴えるのは筋違いかもしれませんが・・・)

01年の橋わたしフェスタで行った川崎サポーターとの綱引き大会もいつかやりたい。
川崎サポーターと一緒にチラシ配りした直後に転勤の内示が出て、進展なしだっただけに。
なんとこの記事がアップされたのが名古屋への内示が出る1週間前
こういう大勢の人が集まるところで、市内サポーターが団結している「姿」を見せることも、共感を呼びます。

私自身、現在名古屋にいますが、月一度くらいは帰って来ていますし、その時には市内の活動協力、名古屋にいる時はネット上でできる範囲のことはやりたいと考えています。

狛江市民の皆さん、これからもFC東京をよろしくお願いします。
全FC東京ファンの皆さん、これからも狛江をよろしくお願いします。

*FC東京を応援する狛江人の会の会はメンバー制度は存在しない、市内FC東京サポーターのシンボル的な存在です。
当サイトはFC東京を応援する狛江人の会の関連サイトではありますが、ニュース欄に載っているような活動は、あくまで狛江市内のFC東京の「ニュース」として取り上げているものも含まれており、全てが必ずしもFC東京を応援する狛江人の会の活動の成果というわけではありませんので、ご了承下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/24

ヤマザキナビスコカップが狛江に展示!

Top

http://homepage2.nifty.com/komaetokyo/index.htmの巻頭言より転載

今シーズン、2度目とタイトルを実現したヤマザキナビスコカップ!
そのナビスコカップが狛江に来る!
12月25日~27日、マクドナルド狛江マルシェ店にて!
FC東京オフィシャルサイトにも掲載!オフィシャルサイトのヘッドラインニュースで狛江の記事が載るのは、私の記憶だとこれが初めて!かな!
名古屋にいる自分は見に行けないのが残念。
でもとにかく嬉しい。
FC東京フロントおよびマクドナルド狛江マルシェ店に大感謝!!!
これで狛江青赤化がますます進んでくれると嬉しい!
みんなでマクドナルドへ行こう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/25

名古屋でも元気にやっています

Top1

気づけば、もう私がFC東京サポーターになって、丸10年経った。
99年10月24日の川崎戦、東京は当時J2、知っている選手が一人もいない状況で興味本位で等々力に観戦に行き、「東京」コールをするサポーターの姿に感動し、同じ東京の中の狛江出身の私も、この中に加わりたいと感じ、ホームゲームはほとんど観に行くようになり、数年後にはSOCIOになった。
翌年、当時狛江では、ほぼ99%以上の市民が、FC東京が地元のチームなんていう意識を持っていなかった。
それをなんとか覆し、FC東京を地元チームにたいという一心で、00年7月、ネットで知り合った、数少ない市内サポーターと「FC東京を応援する狛江人の会」を創設し、私がサイト担当になった。
ネット上でも「狛江はFC東京のホームタウン」とアピールしても、他の掲示板などでは「いきなりそんなこと言われてもなあ」と書かれたり、学校企画で他の掲示板で協力者を呼びかけたら「これは管理人の極めて独善的な個人的趣味に誘導するための餌にすぎない」と書かれたりしたこともあった。
しかしそれから3年、4年と経っていくうちに、市内のサポーターも増えて、市内では選手のサイン会まで行われるようになり、ついに2006年10月には市内の商店街にFC東京バナーフラッグが掲出され、今年7月までには市内7か所の商店街でバナーフラッグが掲出されるまでになり、もう「狛江はFC東京のホームタウン」と言っても、狛江市民なら、もう誰でも自然に受け入れられるようになったと思う。
これは我々以上に、FC東京フロントの方々、市内のお店の方々の協力のおかげであったが、自分達がその最初のきっかけを作ったという自負はある。
こういうFC東京がまだ狛江には根付いていない時は、「絶対に狛江をFC東京の町にしてみせる」というの自らの『意地』を持って、地元での活動やサイト運営続けていた。
それだけに、意地をかなり出しすぎたこともあって、結構たたかれたこともあった。
そして10年経った今年、これからはフラッグ掲出以外で、市内でイベントなどをやることで、もっと市内のFC東京サポーターの存在をアピールしようと考え、5月には川崎サポーターと一緒にサポーター同士の綱引き大会提案のチラシ配布も行った(ここ参照)。

そんな中、会社から名古屋へ異動の辞令が・・。
この時はかなりつらかった。
本当に「志半ば」で東京を離れることになった。

しかし最近、ふとしたきっかけで、名古屋であるイベントの主催者をすることになった。
FC東京やサッカーとは関係のない、マイケル・ジャクソンの追悼ゲリラダンスイベントの主催者である。
私も狛江人の会の飲み会でもムーンウォークを披露したことがあるので、マイケルファンというのは皆さん知っていると思いますが。
名古屋に来たばかりの私がこんな大それたことをしていいのかと感じたが、名古屋の人達は温かく受け入れてくれた。
 イベント実施の候補地への交渉・マスコミへのアプローチなどを行ったが、狛江でやってきた活動の経験が役に立ったと思う。
そしてなんといっても前述の「意地」が大きいと思う。
今回は、「絶対にマスコミを振り向かせ、取材に来たい気にさせてやる」という強い「意地」を持って、マスコミあての郵便物を用意し、送付した。
最終的にTV局2社・新聞社1社・ネット新聞社1社が本当に取材に来て、自らも名前付きでテレビにも新聞にも出てしまった・・・・。
東京の皆さんには見せられないのが残念だが、イベント自体の成功を含め、こういった点でもすごく満足感があった。
こういった「意地」を名古屋に来て、久々に思い出した。
こういった「絶対に成功させる」という「意地」、仕事にも意識すれば役立てられると感じた。
そうしなくちゃね。
東京を離れる時はつらかったが、今は名古屋の人々の温かさに感動し、とても居心地がよく、第二の故郷になった気がします。
どうもありがとうございました。
そして共に活動してきた狛江のFC東京サポーターの皆さん、最近は観戦もあまり行けなく、サイトも週一ペースの更新になりつつありますが、決して狛江のことも東京のことも忘れてはいません。
FC東京への思い、狛江への思いは今も変わりません。
名古屋からでもできることはあるし、実家は今も狛江にちゃんとあるし、気軽に帰れるしね。
とにかく、名古屋でも元気でやっているので、ご安心ください!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/08/18

狛江市内のFC東京ファンなら「こまえスタンプ」!

Top

http://homepage2.nifty.com/komaetokyo/
の巻頭言より転載

日、帰省した際はキムラメガネでメガネの調整と、ケース購入。
そして名古屋の職場への帰省土産に志むら田中橋店でどら焼きと最中を購入。
同じく狛江に帰省していた私の上の姉も職場土産に枝豆羊羹を買った。
名古屋の職場では、特によもぎ味のどら焼きが大好評!
名古屋で「狛江」と書かれているお土産をおいしく食べてもらえるほどうれしいことはない。
後で気づいたが、この2店、8月から「こまえスタンプ」取扱店だった。
もらい損ねたー(笑)
この「こまえスタンプ」カード、「狛江の元気は商店街から」と書かれていて、FC東京を応援する狛江人の会が行っている活動とマッチするだけに当サイトで取り上げないわけにはいかないでしょう。
市内のFC東京ファンの皆さん、お願いしますよ~。
こまほっと加入もお願いします。FC東京を応援する狛江人の会のコミュニティもあり、今後、FC東京関連の市内での情報をいち早くアップしますよ~。
さらにこのカード、「こまえスタンプ」のロゴがどこかで見たことあるような・・・。
コマエリアとこまほっとに出てくるワンちゃんの絵もかわいくていいね~。
私が帰省するたびに使って、スタンプ60個クリアの初の愛知県民になりたい!?

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/13

狛江市民ならミクシィよりこまほっと!

Komahot

Top

http://homepage2.nifty.com/komaetokyo/
の巻頭言より転載


狛江市民の皆さん、ネットをやっている人なら多くの方がミクシィに入っていると思いますが、狛江にもローカルSNSがあるのはご存知ですか?
その名は「こまほっと」。
「コマエリア」でおなじみ狛江商工会の運営するSNSです。
ミクシィ以上にローカルネタの情報交換ができます。
こまほっとはコマエリアともつながっているので、市内のお店情報などもダイレクトに入手でき、大変便利!
ここを盛り上げれば狛江はさら元気になること間違いなし!
特にFC東京ファンの皆さん、是非こまほっとに加入して、狛江在住FC東京サポーターの輪を作りましょう!

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/07/27

名古屋にいるのがはがゆい。

Top

http://homepage2.nifty.com/komaetokyo/
の巻頭言より転載

ホーム広島戦引き分け。
名古屋に行った私が行けなかっただけに残念。
浦和や川崎が負けたり、鹿島や新潟が引き分けたりしたので、勝っていれば・・と思ったが、これで次のクラシコ(8月2日)が山場となった!
前回のホームの借りを必ず返したい!
そして8月1日・2日は泉龍寺で狛江夏まつり。
昨年はFC東京うちわを配布して、会場全体がFC東京のうちわだらけに!
今年も実施予定。
そして恒例の狛江音頭もある。
多分コマレンジャーも出動する。
個人的にはドロンパ君に来てもらって、踊って欲しいが、暑そうなのでやめておこう。
しかも以前仕事で担当していたエリアでは、木更津でイベントが。

そういったイベント目白押しなので、名古屋にいるのは非常にはがゆい!
帰ってきちゃおうかな。
月曜の早朝狛江を出発して朝名古屋出社という強行スケジュールになっちゃうけど・・・。
それと、前回書き忘れたけど、名古屋赴任の際、会社の人達に渡すお土産は、もちろん狛江土産を買いました。
志むらさんで買った和菓子ね。
大好評でした。

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧