2006/08/18

人は変わっていくわ。私達と同じように。

Top_68
最近YouTubeにはまり始めたがこれを見てビックリした。私は社会人になって最初の赴任先が福岡だったが、なんと朝鮮半島と九州の間の対馬を担当させてもらっていた。新人ながら毎月1回飛行機に乗って営業活動をするというのは同期にも自慢できた。今、対馬が韓国人の間で人気の観光スポットなのだという。私は対馬を仕事で回っていた当時、特に韓国人観光客はあまり見たことがなかったが、今や対馬全域の人口と同じ、約4万人の韓国人観光客が訪れるという。変わるものだ。私が知っている限り、あの島にはこれといった観光名所ははっきり言ってないと言っていい。特に名物料理もなかったような気がする。強いて言えば「釣り」くらいのもの。
YouTubeは面白いです。FC東京関連で検索してもいろいろ出てくるので、是非見てみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/06

君を笑いに来た~PART3~

韓国ネタのさらに続き。
韓国で国民的ヒーローロボットに「テコンV」というアニメがある。1976年に映画公開され、その後も何度か続編が作られたスーパーロボットアニメだ。このテコンV、最近映画館の上映前のCMにCG画像で復活したそうだ。
そのCG動画、すごいです。なんとあの竹島問題啓発のためのCG。日本人が竹島(向こうでは独島)に攻め込んで、守護神テコンVが海底から現れて日本を倒すという内容。動画はここ(結構容量あり)。竹島問題は政治問題なので、それに対するコメントは控えるが、あのテコンVって、明らかな「マジンガーZ」のパクリ。以前から特に日本のネチズンから指摘を受けてきた。日本のヒーローのパクリロボが日本を倒し、竹島を守るというのは、苦笑してしまう!それより何より、ああいう政治問題をアニメヒーローと結び付けてしまうという感覚が信じられん。日本でマジンガーZが竹島に攻め入るような啓発CGアニメ作って、映画館で上映したら、大問題になるどころかマジンガーZのアニメそのものの価値を下げてしまうと思う。
 この映画の監督は、日本からのこういった批判を受けて「盗作という話を聞く度に物悲しいです.当時作業した人々と本当に悩みたくさんして出した私の子みたいな作品なのにですね」とコメント。
百歩譲って、マジンガーZのパクリではないとしても、劇中に登場する下記のキャラクターはどう説明するんだ?
top3

・・・・・・・・・・・・。私と同世代の男性ならこれを見たら間違いなくあのアニメのパクリだとわかるだろう。

さらにこのテコンVと同じ監督の作品が下の画像。
top4

これをパクリでないという人が世の中にいるだろうか?さらにこのロボットアニメのタイトルは「スペースガンダムV」だって・・・・。
韓流ブームもいいが、こういった韓国の現状も日本のマスコミはちゃんと伝えてくれないと困る。私もここまでひどいとは思わなかった。
ここのFLASHでも実態がよくわかる。どちらにせよ、また韓国に行ってみたくなった。来年はちょっと遊びに行こうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/12/01

君を笑いに来た~PART2~

top
前回の韓国ネタの続きだ(当サイトは話題何でもありなので)。ある本を読んで、韓国で以前「ガンダム裁判」があったことを知った。「パクリ王国」である韓国で、ガンダムのニセモノが市場を席巻している現状を打開すべく、ガンダムの本家、サンライズが「ガンダム」を商標登録しようと、韓国の裁判所に訴訟を起こしたところ、なんとサンライズが敗訴。「韓国では『ガンダム』とはアニメに登場するロボットの一般名詞である」というとんでもない判決理由・・・・・。ガンダムを愛する人間として、憤りを隠せない。
 私もかつて、一度だけ韓国に行った事があるが、パクリはありとあらゆるところに見られた。まず車。韓国では街中を走るほとんどの車が韓国車だが、どの車も日本車やドイツ車とデザインがかなり似ていて、ちょっとだけ「本物」よりかっこ悪いというデザイン(今ヨン様がTVCFをやっている現代の「ソナタ」も、ホンダアコードのパクリであることは、現代自身も暗に認めている)。その他、市場に入るとヴィトンやプラダのバッグのニセモノがズラリ。店員も「最新のカタログを見てニセモノを作っています」と、誇らしげに!?語っていたのが印象的だった。ニセモノの中にはなんとプラダのエンブレムが日本円で約500円で売っているのが印象的だった。これであなたのバッグもプラダに変身(苦笑)!ことブランド物に関しては、多くの日本人が買っている現実は忘れてはならないが・・・。
 でも、ここまで来ると怒りを通り越して笑いが出てくるぞ。なんだか韓国にまた行ってみたくなった。私もメーカー勤務だが、もしかして、うちの会社の商品も・・・と思うとある意味興味がわく。しかし、パクリ商品は眺めるだけで絶対に買いませんが。
パクリの現状はここらへんで詳しいので、興味のある人は見てください。
えー、続く。かな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)